トップへ戻る

FX積立 2018年3月運用状況

FX積立 2018年3月運用状況

SBIFXトレード 2018年3月 2

毎月コツコツ続けているFX積立、2018年3月の状況をまとめました。

 

2018年3月は、レバレッジ2倍で2424豪ドル円の買いポジションを作っています。

 

現在の豪ドル円相場が82円台とかなり下がってきたので、前月のレバレッジ1倍からレバレッジ2倍へと買い数量を増やしています。

 

成行注文で出して、有利に約定したので右図のニコチャンマークがでています。

 

豪ドル円相場自体は、もう少し下値がありそうな感じです。

 

下げ相場できっちりと買っていくのが、FX積立を有利に持っていくためのコツです。ここから下げるようであれば、しっかりと買っていくつもりでおります。


FX積立 買い平均値下げる時期

2018年3月までの運用資産推移グラフです。前月88円台からの下げにより、含み損益が減っています。

 

SBIFXトレード 2018年3月

 

注意点:含み損益のデータは2013年8月より取り始めました。

 

現在の純ドルコスト平均法積立状況

ポジション

買い平均値

積立総額

125066豪ドル

87.1295

5,815,000円

利益+スワップ

運用資金合計

含損益考慮

624,604円

6,439,604円

5,865,232円

 

  • 2018年3月1日現在(豪ドル円値82.5285円)で計算
  • 開始時期:2012年10月末
  • 積立総額はこれまでの毎月の純粋な入金額合計です。
  • 利益+スワップは、これまでの確定利益+未決済ポジションでのスワップポイント合計額です。
  • 運用資金合計は積立総額+確定利益+スワップの合計数字です。

 

2月時点では、もう少し上昇すれば利益確定に届くかもという感じがありました。3月は、一転して「まだ下げそうな感じ」になっています。

 

まあ、こういう展開はこれまでも何度もありました。

 

下げ相場の時期は、きっちりと買っていけば買い平均値を下げていけます。

 

買い平均値を下げておけば、次の上昇期には含み益増加として跳ね返ってきます。

 

これの繰り返しで、運用資産が徐々に増えていくというのがFX積立の基本パターンです。

 

買い平均値を下げられるといっても、運用資産が600万円規模となったため、下がる値幅は小さなものです。それでも、コツコツとやっていけば大きなものになっていきます。

 

基本ルールを守り、しっかりと増やしていきましょう。

 

SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況

2018/03/01 13:20
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2100回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック