トップへ戻る

SBIFXトレード レバレッジ付き定期外貨取引

レバレッジ付き定期外貨取引 始まる

SBIFXトレード「レバレッジ付き定期外貨取引」は、定期的に外貨ポジションを積立形式で自動購入していける口座です。レバレッジも1〜3倍の調整ができるため、少しリスクを撮る売買もできます。レバレッジ付き定期外貨取引は、ドルコスト平均効果を利用した積立投資がFXで簡単にできるなどのメリットがあると同時にデメリットと感じる部分もあります。その辺についてまとめました。

 

SBIFXトレード

 

レバレッジ付き定期外貨取引 記事

レバレッジ付き定期外貨取引 メリットデメリット

SBIFXトレード レバレッジ付き定期外貨取引

 

このレバレッジ付き定期外貨取引には、大きく4つの特徴があります。

 

  • 定期的に自動購入
  • レバレッジを1〜3倍で設定可能
  • 1ドルから購入可能
  • レート固定機能

 

FX積立をしていくときに欲しい機能を一通りそろえている有難い内容です。「定期的に自動購入」の購入頻度は、日・週・月から選べます。私が手動やっているSBIFXトレードを使ったドルコスト平均法は、月1回ですがその理由は注文を出す手間や継続性を考慮してのものです。毎日あるいは毎週手動注文を出すやり方というのは、最初は楽しくてもいずれ続けるのが苦痛になります。

 

その点、レバレッジ付き定期外貨取引は毎日と設定すれば毎日外貨ポジションを自動的に作ってくれます。実際、私は毎日設定でア米ドル円を買い続けています。

 

そのレバレッジも1〜3倍で設定できます。FX積立でも高レバレッジが失敗の元になるのは、通常のFX取引と同じです。特に積立系はポジションそのままの放置投資気味になるので、レバレッジを最高3倍以内としたのは良い設定だと感じています。

 

この辺、SBIFXトレードさんの安全投資に使って欲しいという投資家への配慮がうかがえます。

 

そして、SBIFXトレードの大きな特徴である「1ドルから購入可能」はレバレッジ付き定期外貨取引でも採用されました。この制度であれば1回1000円くらいから無理なく始められます。

 

レバレッジ付き定期外貨取引で特に画期的と感じたのが「レート固定機能」です。自分のタイミングで購入することもできるのですが、その際は「一定時間レートを固定する」という機能がついています。FX積立派はノンビリやりたい方も多いので、この機能は案外重宝するかもしれません。

 

このレバレッジ付き定期外貨取引でデメリットと感じるのは「スプレツド」です。各通貨のスプレッドは以下のようになっています。

 

  • USD/JPY 0.05円(5pips)
  • GBP/JPY 0.3円(30pips)
  • AUD/JPY 0.2円(20pips)
  • NZD/JPY 0.3円(30pips)
  • CNH/JPY 0.1円(10pips)
  • ZAR/JPY 0.05円(5pips)

 

各通貨ともに通常の裁量トレードレートの10倍くらいスプレッドが広くなっています。米ドル円と南アフリカランド円の5銭は、まあまあ許容範囲かなという気はしています。

 

でも、固定レート機能などがあるのと設定どおり自動購入していくという仕組みを考慮するとこのスプレッドの広さはやむを得ないという気もします。システム負担もかなりありそうなので、スプレッドが広い分は手数料と考えて許容できるのであればこのサービスを使ってみると良いかもしれません。

 

私は、豪ドル円でやっている手動ドルコスト平均法SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法
)は今後も今までどおり続けていきます。月1回の積立は、負担はほとんどなくスプレッドも有利な通常レートが使えるのでこのままの方が良いという判断です。

 

レバレッジ付き定期外貨取引は、米ドル積立NISA用資金の事前運用に利用するつもりです。

 

私は、長期的には円安は避けられないと感じており、定期的に米ドル円買いポジションや米国株を購入し続けています。また、来年から始まる子供NISAなども利用するつもりでいます。こういったいずれ必要となるであろう資金を長期的に安定的に上昇が見込める通貨米ドル購入に充てておくことで少しでも増やしていこうという考えです。

 

概要は近々記事にまとめます。レバレッジ付き定期外貨取引は、口座開設手続き時に一緒に開設することも単独で開設することもできます。申込時に「定期取引l口座」となっているのがレバレッジ付き定期外貨取引です。

 

SBIFXトレード

レバレッジ付き定期外貨取引 運用ルール

 

私のレバレッジ付き定期外貨取引口座のルールの大枠は以下のようになっています。

 

資金管理ルール

 

  • 当初入金額 当初90万円
  • 毎月の設定額10〜30万円 毎日積立で行う
  • 積立期間 円高期は基本3ヶ月:証拠金維持率に引っかかったら自動購入終了(参考記事証拠金維持率対策
  • 3か月後、円高傾向続きそうであれば90万円追加資金にて積立継続
  • 予備資金120万円。予備資金と追加資金も含めた運用資金総額300万円

 

決済ルール

 

  • 積立途中で米ドル円買い平均値より3円以上上昇であれば利益確定可
  • 3か月後米ドル円値が買い平均値を上回っていれば利益確定検討
  • 決済後は、高値圏での高レバレッジを避けるため積立額を減額して継続する

 

毎月の積立額は大まかな方向性で判断します。現在は、円高気味に推移しそうだという判断であり、そういう時期は積立額を大きくします。現在月30万円で設定してあります。利益がある程度でたら決済という形でやっていき、決済後は積立額を減らします。

 

口座に入れてある証拠金は90万円ですので、3ヶ月くらい自動購入を続けると証拠金が無くなっていきます。レバレッジ付き定期外貨取引は、証拠金維持率が100%を割ると自動購入が自動停止されるので、最初の買いはそこまでとしておきます。

 

追加資金を投下するかどうかは、その時点での為替相場次第とします。無理な資金追加は失敗の元ですので、ポジションそのままで様子をみるという選択肢もあります。積立自体は、毎日設定のままずっと続けます。買い続けながら状況に応じて積立額を変動させてリスクを抑えていければと考えております。

 

やりながら微調整を入れて手堅い運用法に成長させていきます。

 

SBIFXトレード

レバレッジ付き定期外貨取引 ブログ記事

SBIFXトレード レバレッジ付き定期外貨取引記事一覧

レバレッジ付き定期外貨取引 ポジション決済にて一旦終了

レバレッジ付き定期外貨取引口座の米ドル円買いポジションを本日決済しました。決済理由と今後の予定についてまとめました。

≫続きを読む

レバレッジ付き定期外貨取引 自動購入再開と今後の思惑

円高進行につき、レバレッジ付き定期外貨取引口座の自動購入を再開しました。

≫続きを読む

レバレッジ付き定期外貨取引 米ドル円上昇につき自動購入停止

過去記事:レバレッジ付き定期外貨取引 自動購入再開から続けていたレバレッジ付き定期外貨取引口座での米ドル円買い自動購入を本日停止させています。

≫続きを読む

レバレッジ付き定期外貨取引 買い平均値近辺まで上昇 自動購入停止させて次の一手

レバレッジ付き定期外貨取引口座で行っている米ドル円の自動購入買いを一旦停止させています。米ドル円が買い平均値近辺まで上昇してきたため、次の動きを待つことにした次第です。一旦停止の理由と今後の流れについてまとめました。

≫続きを読む

スワップポイント2倍キャンペーンでスワップ金利サヤ取り(異業者両建て)をする際の...

SBIFXトレード「レバレッジ付き定期外貨取引口座」で3月限定でスワップポイント2倍キャンペーンが実施されています。これを利用してスワップ金利サヤ取り(異業者両建)の両建てポジションを持ったらどうだろうという相談メールを頂いただきました。今回はその留意点をまとめました。

≫続きを読む

証拠金3分の1消費 安全の仕組みでまったり攻める レバレッジ付き定期外貨取引

円高のなか米ドル円をレバレッジ付き定期外貨取引口座で買い続けています。このレバレッジ付き定期外貨取引口座には、安全性を保つための仕掛けがいくつかあります。その一つが証拠金維持率による自動購入停止です。それがいかなるものか、私の口座でご説明させていただきます。

≫続きを読む

レバレッジ付き定期外貨取引 円高で自動購入のメリットを再認識

レバレッジ付き定期外貨取引口座が、先日の円高相場で自動購入で買い続けています。10日で10円という円高で手動注文で買い続けるのは、精神的に難しいところがあるのですが、レバレッジ付き定期外貨取引口座の自動購入であれば自然にできてしまいます。ここのところの自動購入状況をまとめました。

≫続きを読む

米ドル円積立新ルール レバレッジ付き定期外貨取引

レバレッジ付き定期外貨取引での新ルールによる運用を今週より始めています。大雑把なルールを決めてあるのでご紹介させていただきます。

≫続きを読む

自動購入でレバレッジ付き定期外貨取引初利益

レバレッジ付き定期外貨取引口座で買い続けていた米ドル円買いポジションを一旦決済しています。ここ1か月利用したことでレバレッジ付き定期外貨取引の特徴がだいたい掴めましたのでもっと有効活用できる形に進化させていくつもりでおります。

≫続きを読む

円高買い続けてみたら含み益? これが自動購入の凄みかも レバレッジ付き定期外貨取...

レバレッジ付き定期外貨取引口座に含み益が乗り始めました。円高時期に毎日買い続けていただけなのですが、ちょっと円安気味になったところで利益路線という感じです。これは、もうちょっと面白い使い方ができそうです。

≫続きを読む

こういう買い方もストレス少なくていいです。 レバレッジ付き定期外貨取引 米ドル円...

円高相場の中、私のレバレッジ付き定期外貨取引口座は毎日米ドル円買いポジションを作り続けています。設定上はレバレッジ3倍なのですが実質レバレッジ1倍での買い(参考:証拠金維持率対策 レバレッジ上げた理由  レバレッジ付き定期外貨取引 運用のコツ)なので緊張感がほとんどないのは良いですね。

≫続きを読む

レバレッジ付き定期外貨取引(SBIFXトレード)メリットデメリット それを踏まえ...

SBIFXトレードにて定期的に外貨を自動購入していけるという新サービス「レバレッジ付き定期外貨取引」が始まりました。ドルコスト平均効果を利用した積立投資がFXで簡単にできるなどのメリットがあると同時にデメリットと感じる部分もあります。その辺についてまとめました。

≫続きを読む

NISA待機資金をこれで増やす レバレッジ付き定期外貨取引 私の使い方

SBIFXトレードの始めた新サービス「レバレッジ付き定期外貨取引」の使い方の大枠が大体まとまりました。私は、「NISA枠準備資金」の運用に利用することにしました。現在の豪ドル円での純ドルコスト平均法は続けながら、「レバレッジ付き定期外貨取引」も活用していきます。その概要をご紹介します。

≫続きを読む

レバレッジ付き定期外貨取引 私の最初の設定始動 工夫次第でいろいろできそうだ

本日、SBIFXトレードのレバレッジ付き定期外貨取引口座を追加開設しました。最初の設定もしたので内容をご紹介します。

≫続きを読む

証拠金維持率対策 レバレッジ上げた理由  レバレッジ付き定期外貨取引 運用のコツ

昨日記事レバレッジ付き定期外貨取引 私の最初の設定始動の設定を本日変更しています。その理由は、始めてからわかったレバレッジ付き定期外貨取引独特の証拠金維持率計算方法にあります。これから始められる方は意識しておいた方が良い部分なので、記事にまとめました。

≫続きを読む

レバレッジ3倍とレバレッジ1倍の証拠金維持率実例 レバレッジ付き定期外貨取引 運...

前回記事証拠金維持率対策 レバレッジ上げた理由で、レバレッジ付き定期外貨取引で証拠金維持率の理解が重要であることを書きました。今回は、私の口座状況が説明にちょうど良い状況となっていたので実例として紹介させていただきます。レバレッジ付き定期外貨取引は、使いこなせば大きな武器になってくれそうですので、こ...

≫続きを読む

円高につきレバレッジ2倍に引き上げ レバレッジ付き定期外貨取引 レバレッジ変更手...

レバレッジ付き定期外貨取引、1月l購入分の入金を先日行いました。為替相場は円高モードに突入しているため購入増の好機と考え、レバレッジも1倍⇒2倍へと引き上げています。この円高でしっかりと買い続けてドルコスト平均法効果とともに買い平均値を下げておくつもりでおります。参考までに、実質レバレッジ1倍⇒実質...

≫続きを読む

購入平均価額 円高活かして低下中 レバレッジ付き定期外貨取引

12月末より始めたDBIFXトレードのレバレッジ付き定期外貨取引口座ポジションが順調に増加しています。円高局面ということもあり、購入平均価額も下がってきています。その状況をまとめました。

≫続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック