当ページは、アフィリエイト広告を含みます。

利益1200万円のラインが発生 着実に進むのみ

1年半前に600万円で始めたこの運用、資金はすでに1200万円を超えています。

 

円安の流れに乗せたまま、スワップポイントを受取ながら増やしているところです。

 

米ドル円スワップ投資の特長

  • 米ドルが高金利時期を活用した運用
  • リスクは、初期はスワップ投資と同等ですが、長期になるにつれ低くなっていきます
  • リターンは、相場変動次第で大きくなる可能性がある
  • FXポジション:基本的にスワップポイント蓄積に専念する
  • FXオプション@:コール売りで利益上乗せ狙う
  • FXオプションA:下げ相場ではプット買い・上げ相場ではコール買いで利益上乗せ狙う
  • 2023年1月運用開始:開始時元金600万円
  • 2023年11月資産倍増達成:確定損益+スワップ合計600万円⇒運用資金1200万円到達

 

 

2023年7月1日時点の運用成績推移

 

 

各項目の数字

 

 

確定利益+スワップ合計が8,719,151円、含み込損益は9,784,201円です。

 

含み益込みでの損益1000万円まであと22万円まで迫っています。

 

それよりも嬉しいのは、運用成績グラフの横軸に1200万円が登場したことです。

 

横軸は、数字の上昇に合わせてエクセルで自動計算されて追加されます。

 

私の意志とは無関係なこともあって、猶更「1200万円が見えてきた!」という気持ちが高まります。

 

利益1200万円達成すると、運用開始時元金600万円が利益合わせて1800万円になるため、資金が3倍に増えることにもなります。

 

資金2倍・3倍・・・は、私の中では一つの区切りです。

 

でもまあ、本当に達成できるかどうかはまだまだわかりませんけどね。

 

円安がどれくらい続くのか次第です。

 

このままジワジワと170円台を目指すようであれば、1200万円達成も近いうちに有りうるかもしれません。

 

余計な売買をしないように注意して、運用を続けます。

 

 

FXオプション口座はここ使っています。

 

 

米ドル円 スワップ投資について

 

以下の趣旨で行っています。

 

  • 米ドル円買いポジションをFX口座で保有してスワップポイントを貯め続ける。
  • その後、FXオプションを活用しながらリスクを上げずに利益の上乗せを図っていく。

 

使う口座は、2口座です。

 

 

オプションの使い方解説

 

ここでのFXオプションは、それぞれ以下のような目的で使います。

 

コール売り

 

性質:「上げ相場で損失・下げ相場で利益」「利益限定・損失限定なし」

 

ポジションを作った時に受け取るプレミアム代金は利益となります。

 

一方、決済または期日にプレミアム支払いが発生した場合は、その分は損失になります。。

 

FX買いポジションと対になる形で仕掛けています。

 

カバードコール戦略と呼ばれる方法で、FXポジションでスワップポイントを貯めながら、コール売りでのプレミアム受取で利益上乗せをするために使います。

 

コール買い

 

性質:「上げ相場で利益・下げ相場で損失」「利益限定なし・損失限定」

 

コ−ル売りで受け取ったプレミアム代金の範囲内でコール買いを仕掛けています。

 

「FX+コール売り」の形は、上げ相場となると利益が限定されることになります。

 

これにコール買いを入れることで、上げ相場では、コール買いが利益を追いかけてくれる形になります。

 

仮に下げ相場となっても、コール買いが損失を膨らませることはないので、リスクも限定されて大損となることはありません。

 

FX口座は、米ドル円スワップポイントが高水準となることが多いくりっく365口座を使っています。

 

 

FXオプション口座はここ使っています。

 

 

米ドル円合成スワップ投資 ここまでの成績

 

運用成績

 

  • 2023年運用開始
  • 運用原資:6,000,000円

 

年度

確定損益

累計損益額

2023年

3,324,750円

3,324,750円

2024年

4,713,850円

8,038,600円

 

  • FX決済およびオプション売買による確定損益金額です。
  • スワップポイント・保有ポジション含み損など未決済損益は入っていません。

 

FX口座は、米ドル円スワップポイントが高水準となることが多いくりっく365口座を使っています。

 

 

FXオプション口座はここ使っています。

 


2024/07/01


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ