トルコリラ円で利益を出すための考察

トルコリラ円、現在売買シグナルを活用した自動売買を実施中です。運用開始時資金は10万円です。

トルコリラ円(TRYJPY)自動売買記事一覧

本日トルコリラ円ポジションの決済をしています。このポジションは、前回記事に作成したものです。10万円で始めるトルコリラ円自動売買記事を始めてご覧になる方は、出来れば前回記事からご覧くださいませ。前回記事:10万円で始めるトルコリラ円自動売買ここでは、決済記録とともに今後のトルコリラ情勢と売買予定についてまとめています。まずは、最近のトルコ情勢からみたトルコリラ円見通しです。トルコ情勢:原油相場との...

トルコリラ円で利益を出すには自動売買が向きそうだ。ずっと、そう思っていました。そういう自動売買ソフトがでてきたら試してみようかとも思っていたのですが、いつまで経ってもそういう自動売買ソフトはでてきません。ここまで出てこないのですから、おそらくずっと出てこない気もしてきました。もしかしたら、私の見立て自体が間違っているのかもしれません(汗)。そこで、考えていた構想で実験売買を始めてみます。この売買は...

今週に入り、トルコリラ円スワップポイントが全体的に低下傾向を示し始めています。109円で頑張っているFX口座もあるのですが、先週まで100円以上だった口座のほとんどは100円以下まで下がってきている状況です。このトルコリラ円スワップポイント変動状況の活用法などを記事にまとめてみました。

暫く不安定な動きが続きそうなトルコリラ円、次は売りで攻めようかと考える方もいるかもしれません。これまでの大きな下落で何度も苦しんだ方も多いでしょう。そんな時に「売り方だったら爆益なのに」という気持ちになっても不思議なことではありません。その場合に使えそうな3つの戦略について書かせていただきました。

トルコリラ円下落も一段落して現時点では25,8円近辺で推移しています。そろそろ大底かなという方もいるかもしれません。でも、今後これ以上下がらないと断言できる方は少ないだろうと思います。定期的に下落するトルコリラ円、今回は積極的に下げ相場に対応するための策をご紹介します。上げ相場で収益機会を逃がしてしまうトルコリラ両建てを使わずに攻める一手です。

1週間前に書いた前回記事トルコリラ買いホルダーのための防衛策で書いた仕掛けのその後です。大きく上昇したのは時期が良かっただけなのですが、買いポジションリスクを減らすような使い方は有効そうです。復習をかねて記事にまとめてみました。ここで使っているのはサクソバンク証券です。

高金利通貨として人気の高いトルコリラ円、昨今の大きな下げで「売りで攻める」という方もでてきているようです。ただ、急激な下げ相場のあとには大きな反動高もあるため、下げ相場を売りで勝つ抜くときには低スプレッド口座を使うことが必須となります。トルコリラ円スプレツドは、口座間で大きな差があります。2018年3月現在の状況をまとめてみました。

トルコリラ円は、ここのところ安定して推移しています。一時の下げ続きからは落ち着いてきたようです。USDTRYチャートからみた、今後のトルコリラ円予想をまとめてみました。スワップポイントの最新状況も本日更新しております。トルコリラ円(TRYJPY)スワップポイント比較2015

トルコリラの値動きを観察し続けています。トルコリラ円でみるよりもUSDTRYでみた方が流れがよくわかる気がします。暴落後にでやすい「下げ止まり」の目安になるかもしれないポイントをみつけたので紹介させていただきます。

トルコリラ円が再び下落基調に入った感じがします。トルコリラ円買いポジション ここから1か月が勝負記事を書いた後、どこまで上昇していくのかを見ていたのですが、思っていたほどは伸びませんでした。次回からは2週間勝負くらいで欲張らずにいくつもりです。残念ですが、次のチャンスを待つことにします。

トルコリラがちょっと動き出しています。過去記事:トルコリラ円買いポジション ここから1か月が勝負で書いた状況になってはきています。そして、ここからが面白いところです。このまま上昇するか、それとも失速するか。ちょっとワクワクします。うまく上昇してくれれば、トルコリラ円買いポジションの利益確定をするつもりでいます。トルコリラ円で業界最高水準のくりっく365スワップポイントを受け取りながらここからの値動...

トルコリラ円で仕掛けていた変則両建ての第一弾が完成しました。トルコリラ円の値動きの特徴を活かしながら、リスクを押さえて利益を貯めていいく形の一例として紹介させていただきます。ここで使っているのは、以下の2社です。トルコリラ円買いスワップポイント 最高水準常連のくりっく365トルコリラ円売りスワップポイント 最低水準常連のマネースクエア

トルコの政策金利は現在7.5%です。証券会社の債権の中には、この金利を大幅に上回るものが結構あります。そこで、レバレッジ1倍でトルコリラ円の買いポジションを保有した場合の利回りとどれくらい差があるのかを比較してみました。使ったのはトルコリラ円高スワップポイントで首位をキープしているくりっく365です。

くりっく365参入以来トルコリラ円(TRYJPY)は過熱傾向が続いています。高スワップポイントを前面に出すくりっく365と外為どっとコムに対して、スプレッドと少額取引を前面に出しているのがヒロセ通商です。トルコリラ円(TRYJPY)は、値動きが荒いので短期売買勝負という方もかなりいます。そういう方には、低スプレッドを原則固定して提供しているヒロセ通商を使うのがおすすめです。

トルコリラ円のスワップポイント比較を更新しました。各社の競争によってトルコリラ円のスワップポイント水準が上昇するという投資家としては望ましい環境が続いております。120円台後半のスワップポイントを提示するところもあり、今後130円台到達もあるかもしれません。

トルコリラ円のチャートを見ていて「あれ?」と感じたことがあったので記事にまとめておきます。この特徴は、納得いく部分もあるので、もしかすると買いシグナルの一つとして使えるかもしれません。トルコリラ円売買の参考になれば幸いです。

トルコリラ円(TRYJPY)のスワップポイントの最新状況をまとめました。トルコリラ円(TRYJPY)スワップポイント比較2015一見、くりっく365が相変わらず高スワップポイントで独走中のように見えます。でも、現実にはくりっく365のトルコリラ円(TRYJPY)スワップポイントは、まだまだ安定しておらず今回はたまたま一位だったというのが現実です。そして、外為どっとコム社などがトルコリラ円(TRYJ...

お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ