このページの先頭へ

過去記事:スワップ関連記事

過去記事:スワップ関連記事

2012年のFXのスワップ金利最強11社を定期的に比較しています。2009年からの継続比較で本当に高いスワップ金利業者がはっきりします。高スワップ金利のFX業者をおさがしであれば数か月分くらいを遡ってみていただくことをオススメいたします。

 

スワップ最新情報は下記ページにてまとめてあります。

スワップポイント比較

スワップ金利比較 最新情報

12月11日 ライブスター証券 覇権安定

 

先週に引き続き、ライブスター証券が豪ドル・NZドルのスワップ投資通貨で強さをみせつけています。ちょっと注目すべき動きはDMM.COM証券で豪ドルスワップ金利を75円に10円引き上げてきています。DMM.COM証券は低売りスワップ金利業者として人気があったのですが、今後もこの水準が続くと高スワップ業者として定着する可能性もあります。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −1 15 68 42
DMMFX 16 75 49
マネーパートナーズ 15 74 48
FXトレードフィナンシャル −1 15 71 49
GMOクリック証券 −4 17 72 50
FXCM:プレミアム 16 74 49
セントラル短資FX 17 67 42
ライブスター証券 16 76 51
アイネットFX 10 70 45
くりっく365 21 69 46
大証FX:
カブドットコム
−1 13 72 48
SBIFXトレード 13 71 49

 

調査日:12月11日

 

*木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

12月5日 孤軍奮闘 ライブスター証券

 

先週とはうって変わり、各社スワップ金利を下げているところが目立ちます。その中で高スワップ金利を維持しているのがライブスター証券です。スワップ投資の中心通貨豪ドルでは81円、日によっては77円くらいまで下がることもあるのですが高水準を維持し続けてくれているのは有り難いです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −2 15 66 42
DMMFX 14 70 45
マネーパートナーズ 16 71 47
FXトレードフィナンシャル −1 15 69 48
GMOクリック証券 15 71 48
FXCM:プレミアム 17 75 48
セントラル短資FX 14 67 42
ライブスター証券 17 81 51
アイネットFX 10 70 45
くりっく365 65 44
大証FX:
カブドットコム
−2 14 69 46
SBIFXトレード −4 13 70 48

 

調査日:12月5日

 

*木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

11月27日 豪ドルスワップ金利80円台復帰

円安傾向の影響下、豪ドルスワップ金利の上昇が目立ちます。80円台乗せを「ライブスター証券」と「GMOクリック証券」の2社が達成しています。

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 14 75 43
DMMFX 14 70 45
マネーパートナーズ 13 76 48
FXトレードフィナンシャル 17 75 52
GMOクリック証券 18 80 51
FXCM:プレミアム 17 79 50
セントラル短資FX 14 75 45
ライブスター証券 18 82 50
アイネットFX 10 70 45
くりっく365 12 71 46
大証FX:
カブドットコム
16 76 48
SBIFXトレード −2 14 75 48

 

調査日:11月27日

 

*木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

11月15日 アイネットFX静かに上昇中

豪ドルスワップ金利でライブスター証券とアイネットFXが同値で一位となっています。アイネットFXは、数週間前より徐々に順位を上げてきており、今後は上位陣の常連になる可能性も出てきています。

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −3 63 39
DMMFX 12 65 41
マネーパートナーズ 12 68 43
FXトレードフィナンシャル −1 12 65 50
GMOクリック証券 −3 65 49
FXCM:プレミアム 13 73 47
セントラル短資FX −6 67 41
ライブスター証券 16 75 51
アイネットFX 12 75 45
くりっく365 11 69 43
大証FX:
カブドットコム
−2 12 70 47

 

調査日:11月15日

 

*木曜日など数日分発生するときは一日分に換算してあります。
*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

11月6日 3強競り合う展開

 

豪ドルスワップ金利でGMOクリック証券・FXCMプレミアム口座・ライブスター証券3社が競り合う形になってきました。ライブスター証券が2円ほど高い数値になってはいますが、日によっては逆転していたりします。ちょっと面白い展開です。

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −1 13 70 42
DMMFX 12 65 41
マネーパートナーズ 14 73 48
FXトレードフィナンシャル 16 67 45
GMOクリック証券 −3 16 75 49
FXCM:プレミアム 15 75 48
セントラル短資FX 10 71 42
ライブスター証券 16 77 47
アイネットFX 12 74 45
くりっく365 12 70 45
大証FX:
カブドットコム
15 74 47

 

調査日:11月6日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

11月1日 ライブスター証券を抜いたGMOクリック証券

 

久々にライブスター証券が豪ドルスワップ金利1位の座を引き渡しました。僅差で一位となったのは、GMOクリック証券です。GMOクリック証券は、今回英ポンド・豪ドル・NZドルの3通貨で1位となっていて、来週以降動きがかなり気になります。ライブスター証券もこのまま2位に甘んじるとは思えません。これからの変動が楽しみです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −2 66 40
DMMFX 12 65 41
マネーパートナーズ 14 68 46
FXトレードフィナンシャル 14 64 44
GMOクリック証券 −3 17 75 49
FXCM:プレミアム 15 74 45
セントラル短資FX 10 70 41
ライブスター証券 15 74 45
アイネットFX 12 74 45
くりっく365 14 72 45
大証FX:
カブドットコム
−1 14 74 47

 

調査日:11月1日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

10月17日 豪ドルスワップ金利70円でもまだ魅力あり

 

豪ドルのスワップ金利が一段と低下して60〜70円台が中心となってきています。それでも、レバレッジ3倍くらいでのスワップ投資ポジションであれば、スワップ金利だけで年間10%近い利益が期待できます。この水準でも、まだまだスワップ運用はおいしいという気がします。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −2 66 41
DMMFX −3 65 38
マネーパートナーズ 12 69 44
FXトレードフィナンシャル 12 64 50
GMOクリック証券 14 65 47
FXCM:プレミアム 14 74 46
セントラル短資FX 10 66 42
ライブスター証券 14 77 45
アイネットFX 12 74 45
くりっく365 11 67 43
大証FX:
カブドットコム
14 70 47

 

調査日:10月17日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

10月11日 豪ドルスワップ金利差 久々に20円台に乗る

 

今週のスワップ金利比較、各社60〜70円台という中で豪ドルスワップ金利80円とダントツの高さを提示しているライブスター証券とともに、60円を提示しているFXトレードフィナンシャルの低さが目を引きます。FXトレードフィナンシャルは、スワップ金利売買同値の業者なので売りスワップ金利もー60円です。

 

今日の時点だけで見れば、ライブスター証券買いーFXトレードフィナンシャル売りの両建ポジションを作れば為替リスクほぼゼロで1万通貨あたり20円の利益が毎日発生することになります。この傾向が、今後も続くようであれば検討してみたいと思っています。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −3 67 39
DMMFX −1 65 38
マネーパートナーズ −5 11 68 42
FXトレードフィナンシャル 60 44
GMOクリック証券 −3 11 66 46
FXCM:プレミアム 13 74 45
セントラル短資FX −6 10 68 42
ライブスター証券 14 80 45
アイネットFX −3 12 74 45
くりっく365 −2 14 69 43
大証FX:
カブドットコム
17 70 44

 

調査日:10月11日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

10月2日 ライブスター証券 健闘続く

 

今週のスワップ金利比較でもライブスター証券が頑張っております。豪ドル83円はダントツの高さです。しかも、5通貨ペア全てで一位という奮闘振りを見せております。為替相場は往来相場が続いています。往来相場で値動きが小さい時はスワップ金利の変動も小さい傾向があります。暫くの間は、この水準での推移が続くかもしれません。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −8 74 42
DMMFX −2 65 35
マネーパートナーズ −5 13 78 44
FXトレードフィナンシャル −4 11 71 46
GMOクリック証券 −4 74 47
FXCM:プレミアム 13 79 45
セントラル短資FX −9 77 42
ライブスター証券 17 83 47
アイネットFX 12 78 45
くりっく365 10 74 42
大証FX:
カブドットコム
−4 13 78 43

 

調査日:10月2日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

9月25日 ライブスター証券 孤軍奮闘

 

今週のスワップ金利比較、豪ドルでのライブスター証券の踏ん張りが光ります。80円を超えているのはアイネットとライブスター証券の2社のみ、アイネットは80円ギリギリですので、83円と80円割れまでまだ余裕のある数字を提示できているのはライブスター証券だけという状況です。是非とも踏ん張っていただきたいです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −6 75 41
DMMFX −2 65 35
マネーパートナーズ −5 13 76 46
FXトレードフィナンシャル −3 11 73 43
GMOクリック証券 −4 13 79 46
FXCM:プレミアム 13 79 46
セントラル短資FX −9 72 38
ライブスター証券 15 83 45
アイネットFX 12 80 45
くりっく365 −6 11 74 41
大証FX:
カブドットコム
−3 12 77 45

 

調査日:9月25日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

9月19日 豪ドルスワップ金利 80円台3社かろうじて継続中

 

豪ドルスワップ金利80円以上が先週に続いて3社あります。ただ、2社は80円調度ということで、ちょっとキワドイですね。為替相場が円安気味になってごうどるが上昇すればスワップ金利上昇も期待できるのですが、最近は豪ドルだけが下げ気味ということもよくあるのでなかなか厳しい状況が続きそうです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −3 78 41
DMMFX −2 65 35
マネーパートナーズ −2 11 79 45
FXトレードフィナンシャル 12 77 44
GMOクリック証券 −3 12 77 44
FXCM:プレミアム 11 79 44
セントラル短資FX 10 77 44
ライブスター証券 −3 15 82 45
アイネットFX 10 80 45
くりっく365 −6 10 76 42
大証FX:
カブドットコム
14 80 45

 

調査日:9月19日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

9月11日 豪ドルスワップ金利 80円台3社に増加

 

前週、豪ドルスワップ金利80円以上を提示する業者はラクィブスター証券1社となっていたのですが、今週は大証FXとFXCMプレミアム口座の2社が加わり合計3社となっております。増加傾向は歓迎です。これからもこの傾向が続くことを願っておりますです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −2 78 44
DMMFX −2 65 35
マネーパートナーズ −5 10 78 43
FXトレードフィナンシャル 15 71 45
GMOクリック証券 −3 12 77 46
FXCM:プレミアム 12 81 46
セントラル短資FX 10 77 40
ライブスター証券 −4 13 84 48
アイネットFX −5 10 78 43
くりっく365 −4 12 77 42
大証FX:
カブドットコム
14 81 46

 

調査日:9月11日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

9月7日 豪ドル80円台維持 1社奮闘中

 

豪ドル80円台を維持している業者さんが遂に1社になってしまいました。それだけにライブスター証券さんの奮闘振りが目立つ今週のスワップ金利比較となっております。スワップ投資家の希望としてなんとしても、頑張って欲しいです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −4 76 41
DMMFX −2 65 35
マネーパートナーズ −7 10 77 41
FXトレードフィナンシャル −2 13 71 40
GMOクリック証券 −4 74 45
FXCM:プレミアム 12 79 43
セントラル短資FX −9 76 39
ライブスター証券 −5 14 84 43
アイネットFX −5 10 78 43
くりっく365 76 42
大証FX:
カブドットコム
−2 12 79 44

 

調査日:9月7日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

8月28日 ちょっと驚きの業者さん

 

今週の主要5通貨ペアのスワップ金利比較です。豪ドルスワップ金利順位にちょっとした事件が発生しています。自動売買MT4業者であるレクセム証券が一位となっております。MT4のスワップ金利で豪ドル1位というのはちょっと凄すぎます。MT4は、自動売買に頼らないマニュアル注文も出来ますので、スワップ投資としての使い方もできるかもしれませんね。もう暫く状況をみてから私も口座開設検討対象にしたいと思っています。

 

レクセム証券は、2012年9月5日付で新規口座開設を停止しているため、今後の比較からは削除させて頂きます。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −4 78 41
DMMFX −2 65 39
レクセム証券 11 85 37
マネーパートナーズ −7 11 78 43
FXトレードフィナンシャル −3 79 42
GMOクリック証券 −4 76 45
FXCM:プレミアム 11 81 44
セントラル短資FX −9 72 36
ライブスター証券 14 84 46
アイネットFX −5 10 80 43
くりっく365 −8 76 38
大証FX:
カブドットコム
−2 11 80 42

 

調査日:8月28日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

8月21日 DMM豪ドルスワップ金利引き下げ継続中

 

DMM.COM証券さんが先週より豪ドルスワップ金利を65円に引き下げています。ここは、売買同スワップ金利業者でもあるため売りポジションの時に支払うスワップ金利も65円になっています。豪ドル買いスワップ金利一位のライブスター証券は85円で安定しているため、2社を使った両建をすることでスワップ金利の差額分をほぼノーリスクで利益に出来る状況です。

 

為替リスクほぼゼロのスワップ金利サヤ取りのチャンス到来かもしれませんね。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −7 78 42
DMMFX −3 65 35
レクセム証券 11 85 37
マネーパートナーズ −5 12 78 42
FXトレードフィナンシャル −5 12 82 42
GMOクリック証券 −4 11 75 44
FXCM:プレミアム 11 81 44
セントラル短資FX −9 75 40
ライブスター証券 14 85 48
アイネットFX −5 10 78 43
くりっく365 −7 76 40
大証FX:
カブドットコム
−4 10 79 43

 

調査日:8月21日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

8月14日 ライブスター証券とレクセム証券

 

ライブスター証券が全通貨ペアで一位状況が前週から続いています。ただ、曜日によってはレクセム証券が豪ドルで一位になることもあり、今後の動きに注目しているところです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −6 10 77 41
DMMFX −3 65 35
レクセム証券 11 85 37
マネーパートナーズ −5 13 80 43
FXトレードフィナンシャル −6 13 73 40
GMOクリック証券 −6 76 44
FXCM:プレミアム 13 81 44
セントラル短資FX −8 76 38
ライブスター証券 13 85 48
アイネットFX −3 13 80 43
くりっく365 −8 74 38
大証FX:
カブドットコム
−3 12 80 42

 

調査日:8月14日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

8月7日 ライブスター証券が元気

 

全体的にスワップ金利が低下傾向にあるなか、ライブスター証券が元気です。豪ドルだけでなく、全通貨ペアで一位となっております。豪ドルでは70円割れしそうな気配のある業者も目立つ中でこの数字はうれしいです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −6 10 76 40
DMMFX −3 70 31
レクセム証券 11 85 37
マネーパートナーズ −4 13 80 43
FXトレードフィナンシャル −7 11 73 37
GMOクリック証券 −3 10 74 47
FXCM:プレミアム 13 82 45
セントラル短資FX −7 77 39
ライブスター証券 13 86 47
アイネットFX −3 13 80 43
くりっく365 −6 74 39
大証FX:
カブドットコム
−2 12 79 43

 

調査日:8月7日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

7月31日 不思議な首位争い

 

現在、スワップ投資の人気通貨豪ドルスワップ金利は、ライブスター証券とレクセム証券が競り合っています。こう書くと激しく競争しているように感じるかもしれませんが、実際はちょっと違います。レクセム証券の豪ドルスワップ金利は85円でほとんど変化ないのに対して、ライブスター証券のスワップ金利が85円まで下がったり上がったりしているという感じです。

 

現状はライブスター証券のほうが高いことがほとんどなのですが、今後全体のスワップ金利が低下する局面となればレクセム証券が単独首位という可能性もあります。MT4業者で高スワップ金利、レクセム証券はこれからも注目していきます。

 

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −6 13 79 41
DMMFX −3 70 31
レクセム証券 11 85 37
マネーパートナーズ −4 13 78 41
FXトレードフィナンシャル −5 11 72 40
GMOクリック証券 −3 13 79 45
FXCM:プレミアム 14 83 44
セントラル短資FX −6 11 77 40
ライブスター証券 16 86 45
アイネットFX −3 12 83 45
くりっく365 −6 10 76 40
大証FX:
カブドットコム
−1 15 81 42

 

調査日:7月31日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

 

7月24日 ライブスター証券全通貨ペア1位

 

今回より、レクセム証券を追加しています。レクセム証券は自動売買MT4業者でありながら高スワップ金利を提供している業者さんです。もともとスワップ金利は固定している傾向があるようで、ここのところ全体のスワップ金利が下がってきたことで相対的に高スワップ金利業者として脚光を浴び始めたという側面もあるようです

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −6 13 80 42
DMMFX −3 70 31
レクセム証券 11 85 37
マネーパートナーズ −3 13 81 44
FXトレードフィナンシャル −4 12 76 40
GMOクリック証券 −3 13 78 47
FXCM:プレミアム 15 84 46
セントラル短資FX −5 10 78 40
ライブスター証券 16 87 48
アイネットFX 12 83 45
くりっく365 −6 10 76 39
大証FX:
カブドットコム
−1 15 83 43

 

調査日:7月24日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

7月19日 NZドルも面白いかも

 

豪ドルは今週もライブスター証券が一位となっています。ちょっと視点を変えて注目しているのがGMOクリック証券のNZドルです。実は、前回比較の際もNZドルだけはGMOクリック証券が一位でした。NZドルでのスワップ投資をお考えの方には、面白いかもしれません。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −4 10 79 41
DMMFX 70 31
マネーパートナーズ −3 13 78 43
FXトレードフィナンシャル −4 13 74 44
GMOクリック証券 −3 10 76 49
FXCM:プレミアム 14 83 46
セントラル短資FX −5 10 78 42
サイバーエージェント −2 13 80 44
ライブスター証券 18 86 48
アイネットFX 12 79 43
くりっく365 −3 12 79 43
大証FX:
カブドットコム
−1 16 84 46

 

調査日:7月19日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

7月6日 接戦制す 王者継続

 

豪ドルスワップ金利競争が、更に白熱してきています。90円超えが4社に増加しています。一位はライブスター証券の94円です。これまでの経験上「接戦が続くと全体の数値が底上げされる傾向」にあります。今回もこの傾向が続けばスワップ金利上昇に繋がるかもしれません。期待しながら今後の推移をみていきたいと思います。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 11 84 45
DMMFX 70 31
マネーパートナーズ 13 87 49
FXトレードフィナンシャル 14 82 46
GMOクリック証券 82 53
FXCM:プレミアム 20 91 51
セントラル短資FX 10 90 46
サイバーエージェント 10 90 46
ライブスター証券 11 10 22 94 52
アイネットFX 16 90 48
くりっく365 82 43
大証FX:
カブドットコム
11 86 46

 

調査日:7月6日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*YJFX!の豪ドルスワップ金利は、3倍デーに減る傾向があるため、直近一週間で一番少ない日で掲載してあります。

 

6月26日 ライブスター証券王位継続 しかし・・・

 

ライブスター証券が、5通貨ペア中4通貨で一位となり圧倒的な強さを誇っています。でも、先週より差を縮めてきているFXCMプレミアムと大証FXがピタッとくっつく展開となっています。ちょっとした動きで順位が入れ替わるかもしれません。この3強のお陰かどうかはわかりませんが、スワップ金利も再び上昇傾向にあるのは、スワップ投資をする私としてはうれしい限りです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 14 85 43
DMMFX 70 31
マネーパートナーズ 14 84 45
FXトレードフィナンシャル 12 79 39
GMOクリック証券 14 83 45
FXCM:プレミアム 12 88 46
セントラル短資FX 14 83 40
サイバーエージェント 15 82 40
ライブスター証券 16 90 48
アイネットFX 16 85 45
くりっく365 13 84 40
大証FX:
カブドットコム
16 88 42

 

調査日:6月26日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*YJFX!の豪ドルスワップ金利は、3倍デーに減る傾向があるため、直近一週間で一番少ない日で掲載してあります。

 

6月19日 大証FXとFXCMプレミアムに動き有り

 

大証FXとFXCMプレミアム口座に復権の動きがみられます。ここ一週間で独走状態だったライブスター証券にかなり近づいてきています。良い意味で競争関係になってくれれば、全体のスワップ金利の底上げも期待できます。来週に向けて両者に注目ですね。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 17 84 45
DMMFX 70 31
マネーパートナーズ 14 82 45
FXトレードフィナンシャル 10 75 35
GMOクリック証券 13 81 45
FXCM:プレミアム 13 88 48
セントラル短資FX 18 81 41
サイバーエージェント 13 80 40
ライブスター証券 16 89 49
アイネットFX 15 80 44
くりっく365 16 81 43
大証FX:
カブドットコム
20 86 44

 

調査日:6月19日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*YJFX!の豪ドルスワップ金利は、3倍デーに減る傾向があるため、一週間で一番少ない日で掲載してあります。

 

6月6日 NZドルが高水準維持

 

豪ドル金利の再引き下げの影響でスワップ金利も先週より下がっています。一番高いライブスター証券でも89円の水準で他社はほとんどが70円台です。もう1つのスワップ投資人気通貨であるNZドルは高水準を維持しています。今後のポジション作成はNZドルに分散するのもひとつの方法かもしれません。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 16 78 43
DMMFX 74 31
マネーパートナーズ 14 76 41
FXトレードフィナンシャル 19 75 45
GMOクリック証券 10 75 46
FXCM:プレミアム 10 84 46
セントラル短資FX 10 72 38
サイバーエージェント 14 76 40
ライブスター証券 16 89 48
アイネットFX 16 83 44
くりっく365 −1 74 40
大証FX:
カブドットコム
15 79 42

 

調査日:6月6日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

5月29日 豪ドル金利低下の理由

 

先週に比べて、豪ドルスワップ金利の低下が目立ちます。来月あると噂されえいる豪ドル金利低下を織り込み始めているのかもしれません。豪ドルでスワップ投資をしている私としては、ちょっとつらいところです。でも、この辺はしょうがないですね。今のような円高の時期はスワップ金利は低めでも買いポジションを仕込むには良い時期です。やるべき事をしっかりとやって、時期を待つつもりです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 14 82 41
DMMFX 77 32
マネーパートナーズ 14 82 44
FXトレードフィナンシャル −3 78 34
GMOクリック証券 10 80 41
FXCM:プレミアム 12 87 46
セントラル短資FX 80 40
サイバーエージェント 11 85 38
ライブスター証券 14 93 49
アイネットFX 11 85 44
くりっく365 −1 10 79 39
大証FX:
カブドットコム
13 83 40

 

調査日:5月29日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

5月22日 FX業者間スワップ金利差拡大中

 

豪ドルとNZドルを中心にFX業者間のスワップ金利さが拡大気味に推移しています。豪ドルスワップ金利では100円の大台を割ったとはいえ、ライブスター証券が相変わらず高い水準を維持しています。NZドルにおいても50円台を維持しているのはライブスター証券だけとなっており、その奮闘ぶりが光ります。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −2 10 81 47
DMMFX 77 32
マネーパートナーズ 14 81 43
FXトレードフィナンシャル −1 80 47
GMOクリック証券 80 47
FXCM:プレミアム 12 90 48
セントラル短資FX 80 42
サイバーエージェント 85 43
ライブスター証券 15 98 51
アイネットFX 15 88 45
くりっく365 10 79 48
大証FX:
カブドットコム
10 80 49

 

調査日:5月22日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

5月15日 100円台堅持 光るライブスター証券

 

 

ライブスター証券が、豪ドルスワップ金利100円台を今週も維持しています。80円台まで下げた業者も多い中、この健闘はうれしいです。これからも頑張って欲しいので、ライブスター証券での運用資金を増額するつもりです。私達スワップ投資家の希望として輝き続けて頂くことを期待しています。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 13 85 43
DMMFX 11 80 35
マネーパートナーズ 14 86 43
FXトレードフィナンシャル 14 84 43
GMOクリック証券 12 84 47
FXCM:プレミアム口座 12 96 46
セントラル短資FX 11 83 41
YJFX! 13 88 44
ライブスター証券 15 104 49
アイネットFX 15 95 45
くりっく365 11 84 43
大証FX:
カブドットコム
15 87 43

 

調査日:5月15日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

 

5月8日 豪金利引き下げの波紋

 

 

豪金利引き下げにより、FX業者各社のスワップ金利は10円前後くらいづつ減少しています。でも、頑張っている業者さんはありますよ。80円台が中心となった現在においても100円台を提供している業者さんが3社あります。3社のこれからの動向に期待しております。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 16 87 43
DMMFX 11 90 42
マネーパートナーズ 11 88 42
FXトレードフィナンシャル 14 85 42
GMOクリック証券 13 85 46
FXCM:プレミアム口座 12 101 46
セントラル短資FX 13 87 41
YJFX! 13 90 40
ライブスター証券 14 106 50
アイネットFX 14 100 45
くりっく365 14 85 41
大証FX:カブドットコム 19 87 43

 

調査日:5月8日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

 

 

 

 

4月18日 豪ドル100円台4社が維持

 

 

豪ドルスワップ金利は、今後の金利引き下げ予測を織り込み始めているようです。ここ数週間で各社ともに5円程度下げています。ライブスター証券はそれでも109円を提示してくれています。スワップ投資家には心強いですね

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −1 87 38
DMMFX 14 91 47
マネーパートナーズ 14 96 45
FXトレードフィナンシャル 12 91 46
GMOクリック証券 10 95 46
FXCM:プレミアム口座 12 105 51
セントラル短資FX 11 94 43
YJFX! 11 102 42
ライブスター証券 15 109 55
アイネットFX 15 102 45
くりっく365 11 93 41
大証FX:カブドットコム 16 98 47

 

調査日:4月17日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

 

 

 

4月11日 豪ドルスワップ金利低下中

 

 

スワップ投資の人気通貨である豪ドルのスワップ金利が全体的に低下中です。その中でもライブスター証券が110円台を維持してくれています。これには、一投資家として純粋に感謝しています。

 

他のFX業者さんにも是非奮起して欲しいところです。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −2 10 90 39
DMMFX 17 95 52
マネーパートナーズ 14 101 45
FXトレードフィナンシャル 15 99 46
GMOクリック証券 11 98 45
FXCM:プレミアム口座 12 109 53
セントラル短資FX 13 99 44
YJFX! 16 104 48
ライブスター証券 15 112 55
アイネットFX 11 96 44
くりっく365 −3 11 96 44
大証FX:カブドットコム 18 99 48

 

調査日:4月11日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*木曜日のスワップ金利3倍デーを1日に換算した数値です。小数点は四捨五入して算出しております。

 

 

 

 

 

 

3月30日 FXプライム byGMOのユニークな戦略?

 

 

今週もライブsター証券が豪ドルなど3通貨で一位となり、相変わらずの高さをみせています。

 

ちょっと面白いのがFXプライム byGMOの動きです。南アフリカランドでも売りスワップ金利が低いことで人気があるのですが、他の通貨でも低下気味なのです。この表では買いスワップ金利の表示だけですがFXプライム byGMOの売りスワップ金利は豪ドル−93円、NZドルー41円となっていて両建てするにも面白い水準になってきています。意図的に低くしているのかどうかはわかりませんが、FX業者2社を使ったスワップ金利サヤ取りなどが面白いかもしれません。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 10 91 39
DMMFX 14 17 95 52
マネーパートナーズ 18 110 52
FXトレードフィナンシャル 11 103 50
GMOクリック証券 12 111 53
FXCM:プレミアム口座 12 111 53
セントラル短資FX 12 106 45
YJFX! 15 106 45
ライブスター証券 19 114 56
アイネットFX 19 107 48
くりっく365 11 13 100 45
大証FX:カブドットコム 18 105 49

 

調査日:3月30日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*木曜日のスワップ金利3倍デーを1日に換算した数値です。小数点は四捨五入して算出しております。

 

 

 

 

 

3月23日 GMOクリック証券に動き有り

 

 

今週のスワップ金利比較は、表面上は豪ドル・NZドルともにライブスター証券が一位といつも通りのように見えます。

 

でも、GMOクリック証券がスワップ金利引き上げ傾向がはっりと出始めています。

 

豪ドルスワップ金利の比較でいくと、2月段階ではライブスター証券とGMOクリック証券とのスワップ金利差が10円ほどありました。それが今回の比較では2円差にまで縮小してきています。この傾向は、他の通貨ペアでも同じです。スプレッドでは業界最狭水準を提供して勢いに乗っているGMOクリック証券がスワップ金利も業界最高水準に引き上げてきているのかもしれません。

 

来週以降、GMOクリック証券のこの傾向が続くかどうかは注視していきます。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 10 94 41
DMMFX 14 17 100 54
マネーパートナーズ 16 110 54
FXトレードフィナンシャル 15 110 50
GMOクリック証券 17 111 54
FXCM:プレミアム口座 12 111 53
セントラル短資FX 14 106 44
YJFX! 19 112 49
ライブスター証券 19 113 56
アイネットFX 15 107 48
くりっく365 16 101 46
大証FX:カブドットコム 19 107 48

 

調査日:3月23日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*木曜日のスワップ金利3倍デーを1日に換算した数値です。小数点は四捨五入して算出しております。

 

 

 

 

 

3月15日 ライブスター証券豪ドルスワップ金利110円台 一番乗り

 

 

豪ドル上昇とともにスワップ金利も上昇気味です。多くの業者さんで100円を超えてきています。ライブスター証券が110円に一番乗りを果たし他社も109円のFXトレードフィナンシャルを筆頭に僅差で続いています。

 

スワップ投資をする私達にとってはうれし環境になってきていますね。来週以降もこの傾向が続くことを願っています。

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 92 40
DMMFX 12 17 97 52
マネーパートナーズ 16 107 52
FXトレードフィナンシャル 109 46
GMOクリック証券 14 107 52
FXCM:プレミアム口座 12 108 53
セントラル短資FX 101 46
YJFX! 13 105 53
ライブスター証券 15 111 54
アイネットFX 15 107 48
くりっく365 12 105 48
大証FX:カブドットコム 15 107 51

 

調査日:3月15日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*木曜日のスワップ金利3倍デーを1日に換算した数値です。小数点は四捨五入して算出しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

3月6日 FXトレードフィナンシャル2週連続首位

 

 

2月に入りスワップ金利を引き上げてきたFXトレードフィナンシャルが前週に引き続き、今週も豪ドルで1位となっています。長期放置口座とするのであればもう少し様子をみたいところではありますが、今後も高スワップ金利政策を継続する可能性がかなり出てきています。

 

来週が楽しみです。

 

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 92 39
DMMFX 11 15 93 52
マネーパートナーズ 15 105 51
FXトレードフィナンシャル 12 110 44
GMOクリック証券 14 100 51
FXCM:プレミアム口座 12 106 54
セントラル短資FX 12 107 45
YJFX! 12 103.5 45
ライブスター証券 10 15 108 55
アイネットFX 10 15 100 46
くりっく365 12 100 46
大証FX:カブドットコム 20 104 49

 

調査日:3月6日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*YJFX!の豪ドルは1週間の平均値です。曜日によってスワップ金利にムラがあるので修正した数値を採用させて頂いております。前週まで5通貨全てで平均していたのですが、今週よりは豪ドルのみにしました。他の通貨は曜日のムラがないとの判断ですが、今後の状況では変更する可能性があります。

 

 

 

 

 

 

2月28日 FXトレードフィナンシャル首位 戦国時代到来の予感

 

 

先週よりスワップ金利を引き上げの動きをみせていたFXトレードフィナンシャルが今週の豪ドルスワップ金利一位となっています。ライブスター証券が今後どのような変動を見せるかは要注目です。

 

今週は豪ドル以外の通貨ペアも一位がバラけています。ちょっと戦国時代突入の様相をみせてまいりました。

 

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 93 39
DMMFX 12 98 51
マネーパートナーズ 11 10 102 51
FXトレードフィナンシャル 16 109 48
GMOクリック証券 15 99 52
FXCM:プレミアム口座 12 104 52
セントラル短資FX 10 13 101 44
YJFX! 2.8 5.4 13.8 101.7 47.4
ライブスター証券 10 15 106 53
アイネットFX 10 12 98 50
くりっく365 11 15 97 46
大証FX:カブドットコム 18 105 49

 

調査日:2月28日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*YJFX!は、1週間の平均値です。曜日によってスワップ金利にムラがあるので修正した数値を採用させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

2月21日 円安の波に乗りスワップ金利上昇中

 

 

円安気味の相場が続いているせいか、各FX業者ともにスワップ金利が上昇傾向です。特に上昇が目立つのがDMM.COM証券さんです。ここ1週間ぐらいで豪ドルとNZドルのスワップ金利を大きく引き上げています。

 

DMM.COM証券は、いつもはほとんどスワップ金利を動かさないのですが、年に数回大きく動かす傾向があります。今回の大きな変動はその「年に数回」の1回だった可能性が高いという気がします。もしそうであれば、暫くはこの水準に落着いてくれるかもしれません。

 

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 90 41
DMMFX 12 103 54
マネーパートナーズ 10 100 50
FXトレードフィナンシャル 13 105 47
GMOクリック証券 13 95 47
FXCM:プレミアム口座 12 101 49
セントラル短資FX 10 96 45
YJFX! 1.9 5.9 11.6 99.9 45.1
ライブスター証券 16 105 51
アイネットFX 10 96 45
くりっく365 10 13 96 49
大証FX:カブドットコム 16 99 49

 

調査日:2月21日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*YJFX!は、1週間の平均値です。曜日によってスワップ金利にムラがあるので修正した数値を採用させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

2月8日 豪ドルスワップ金利100円台 2社維持

 

 

豪ドルスワップ金利が全社低下気味に推移しています。その中で100円台を守り続けてくれているのが、FXCMプレミアム口座とライブスター証券の2社です。私も1月にライブスター証券で口座開設して豪ドル買いポジションを作り、新規スワップ運用を開始しました。

 

現状は、豪ドル自体も上昇しているため「為替差益+スワップ金利」というおいしい状況となっています。今後もこの環境が続いてくれることを願っておるところです。

 

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO −2 88 37
DMMFX 94 46
マネーパートナーズ 88 47
FXトレードフィナンシャル 10 88 47
GMOクリック証券 93 35
FXCM:プレミアム口座 12 101 44
セントラル短資FX 91 39
YJFX! 1.5 3.5 11 99.7 39.2
ライブスター証券 14 103 46
アイネットFX −1 93 37
くりっく365 −1 92 43
大証FX:カブドットコム 14 96 45

 

調査日:2月8日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。
*YJFX!は、1週間の平均値です。曜日によってスワップ金利にムラがあるので修正した数値を採用させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

1月31日 YJFX!飛躍

 

 

YJFX!が豪ドルで1位に躍り出ました。YJFX!は、現在豪ドル強化キャンペーンを開催しており、その影響もあるのかもしれません。この水準を維持してくれるとスワップ投資家にとってはうれしい限りです。

 

1円差で王者ライブスター証券が続いており、来週もYJFX!が1位を確保できるかどうかに注目しています。

 

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 88 36
DMMFX 93 41
マネーパートナーズ 88 33
FXトレードフィナンシャル 18 93 44
GMOクリック証券 11 94 37
FXCM:プレミアム口座 12 100 44
セントラル短資FX 14 94 41
YJFX! 13 103 40
ライブスター証券 14 102 46
アイネットFX 10 93 40
くりっく365 10 11 92 37
大証FX:カブドットコム 15 97 43

 

調査日:1月31日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

 

 

 

 

1月24日 首位走るライブスター証券 ピタリとつくFXCM:プレミアム口座

 

 

今週もスワップ派人気通貨の豪ドル・NZドルの両方でライブスター証券が首位を守っています。しかしながら、僅かな差がFXCM:プレミアム口座がくっついています。豪ドルスワップ金利100円台を維持してくれているこの2社には今後も頑張って欲しいところです。

 

各通貨の業者間差は縮小気味です。スワップ金利サヤ取りをする目安である豪ドル20円は下回っている状況です。

 

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 88 34
DMMFX 89 37
マネーパートナーズ 85 33
FXトレードフィナンシャル 13 98 41
GMOクリック証券 90 38
FXCM:プレミアム口座 12 100 42
セントラル短資FX 92 40
YJFX! 10 95 37
ライブスター証券 16 102 44
アイネットFX 16 93 40
くりっく365 10 95 38
大証FX:カブドットコム 13 99 42

 

調査日:1月24日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

 

 

 

1月17日 豪ドル3強競合中

 

 

ここのところ低下が目立つスワッツプ金利ですが、それでも豪ドル100円台をキープしている業者さんが3社あります。YJFX!・FXCM社フォーランド口座・ライブスター証券です。頭1つライブスター証券が抜き出してはいませが、他の2社もかなり頑張っています。

 

来週以降も100円台を死守して欲しいですね。

 

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 87 35
DMMFX 82 37
マネーパートナーズ 10 85 35
FXトレードフィナンシャル 98 41
GMOクリック証券 13 94 40
フォーランド:FXCM 12 100 42
セントラル短資FX 13 93 38
YJFX! 14 100 38
ライブスター証券 16 102 44
アイネットFX 16 91 40
くりっく365 −2 13 91 39
大証FX:カブドットコム 18 96 42

 

調査日:1月17日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

 

 

 

 

 

1月10日 ライブスター証券牙城死守

 

 

2012年最初のスワップ金利比較です。豪ドルでは、ライブスター証券がYJFX!と同値ながらも一位を死守しています。興味深いのが豪ドル以外の4通貨で一位となったFXトレードフィナンシャルです。今年はここが台風の芽になる可能性もあります。

 

今年も高スワップ金利競争は年始から熱くなりそうです。

 

 

FX業者名 米ドル ユーロ 英ポンド 豪ドル NZドル
FXプライム byGMO 86 36
DMMFX 82 37
マネーパートナーズ 10 85 35
FXトレードフィナンシャル 18 85 44
GMOクリック証券 14 96 42
フォーランド:FXCM 12 99 41
セントラル短資FX 12 94 40
YJFX! 15 100 40
ライブスター証券 15 100 43
アイネットFX 15 89 40
くりっく365 −3 11 86 36
大証FX:カブドットコム 15 93 43

 

調査日:1月10日

 

*小数点第1位は四捨五入で計算してあります。

 

2012/05/22 10:39:22
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック