トップへ戻る

RBA政策金利発表 AUDUSDストラドル

RBA政策金利発表 どちらかに動きそうな感じ

2018年5月1日、日本時間午後1時30頃にRBA(オーストラリア準備銀行)による政策金利発表があります。据え置きはほぼ確定と言われているのですが、今後の方向性に注目が集まっています。

 

この発表の影響を皆様はどう見ているでしょうか?

 

私は、「サプライズで上昇」「がっかりで下落」のどちらかへの大き目の値動きが起きるのではないかとみています。こういう状況の時に使えるポジションが「ストラドルの買い」です。FXオプションを使ったやり方なのですが、1本仕掛けてみたのでご紹介させていただきます。

上げ下げどちらでも40pips以上動けば利益 AUDUSDストラドルで勝負

AUDUSD ストラドル買い RBA政策金利発表

 

サクソバンク証券のFXオプション売買画面です。今回の仕掛け「ストラドルの買い」というのは、プット・オプションとコール・オプションの両方で買いポジションを作ります。本日、薄赤色部分のプレミアムで2つのポジションを作っています。

 

実際の約定値はこうなりました。

 

  • コール・オプション買い1万通貨:プレミアム0.00114
  • プット・オプション買い1万通貨:プレミアム0.00280

 

先程の画像での薄赤色部分が実際に約定するまでに動いたので同じ値にはなりません。でも、合計値はほぼ同じです。

 

このFXオプションポジションに必要な資金は、(0.00114+0.00280)×1万通貨=39.4米ドルということで日本円換算約4300円です。

 

この4300円が今回の仕掛けの最大損失額上限となります。

 

このFxオプションは5月2日、明日が期日です。大まかに書くと、期日時点での値動きと損益の関係は以下のようになります。

 

  • AUDUSDが0.7550からから0.00394(39.4pips)より上昇した場合、上昇幅に応じて利益拡大
  • AUDUSDが0.7550からから0.00394(39.4pips)より下落した場合、下落幅に応じて利益拡大
  • AUDUSD値動きが0.7550から0.00394(39.4pips)未満だった場合:39.4米ドル以内の損失

 

今日の豪政策金利発表で大きな動きがないままで期日までそのままいけば私の負けになり、上げでも下げでも良いので39.4pipsより動けば値動きが大きければ大きいほど利益が増えていくという流れです。

 

果たして、どちらになるでしょうね。

 

今回のRBA政策金利発表は大方の予想が「あまり大きな動きは無さそうだ」という感じのようです。

 

でも、AUDUSDはここ数日目先の安値更新する動きを見せています。この2つの流れを見ていると、発表内容が大したものでなければ「落胆による下げ」のようなものがかなりの確率で起こりうるかもしれないという気がします。

 

たまにはこういう予想をするのも楽しいものですね。

 

どういう結果になるかはわかりませんが、「上げても下げても利益」というのはFXではあり得ない仕掛け方です。FXオプションで相場の攻め方を拡げられます。

 

この「ストラドルの買い」も、これからもタイミングをみながら使っていく予定です。

 

追記:最終成績2,040円でした。プット・オプション買いの利益がコール・オプション代も補う形で利益になっています。

 

サクソバンクFX

2018/05/07 14:00
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2100回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック