チリも積もれば山となる。2022年も貯めていきます。

スワップポイントサヤ取り 2022年1月7日 2

スワップポイント差のあるFX口座で両建てポジションを作り、毎日維持していくだけ。

 

余裕資金を充分に入れて放ったらかしに近い状態で利益を貯めていくのが、スワップポイントサヤ取りです。

 

今年も、短時間の急変動に呑まれないよう注意して、着実に利益を増やしていきます。

 

 

2022年1月7日 サヤ取り管理簿状況

 

スワップポイントサヤ取り 2022年1月7日

 

スワップポイント差利益、72,780円まで増えています。

 

前回から1週間経過で6,680円増ですので、月換算2.5〜3万円くらいの利益ペースといったところですね。

 

年初はゆっくりスタートという感じですね。

 

こんな調子でも、長く続けていけば結構な利益となっていきます。

 

2022年スタート これまでの成績状況

 

スワップポイントサヤ取り 管理簿 2021年12月31日 2

 

単年度損益

累計損益

2010年

516、440円

516,440円

2011年

26,050円

542,490円

2012年

181,660円

724,150円

2013年

170,708円

894,858円

2014年

491,036円

1.385,894円

2015年

1,042,533円

2,428,427円

2016年

1.328,987円

3,757,414円

2017年

200,818円

3,958,232円

2018年

1,155,688円

5.113.920円

2019年

249,334円

5.363,254円

2020年

258,697円

5.621,951円

2021年

509,450円

6,131,401円

 

チリも積もれば山となる、その言葉のままの運用成績です。

 

マイナスの年はありません。

 

短時間の急変動に巻き込まれさえしなければ、年間で損失となることはまずないからです。

 

2022年中に700万円に届くといいな。

 

ちょっと期待しています。

 

2022年は、各国が金利を引き上げ始める年にもなりそうです。

 

金利が上昇してくると、FX会社間のスワップポイント差も開き易いくなります。

 

そういう視点でみていくと、今年はスワップポイントサヤ取りの利益を増やせる年にできるかもしれません。

 

例えそうならなくても、1円でも1万円でも利益を取っていければ、私としては問題ありません。

 

運用しない資金を使っているので、そのままにしておけば1円も増えないからです。

 

ちょっとでも利益を出せたら充分、そういう気持ちで今年も両建てポジションを保有していきます。

 

【毎日更新】スワップポイントサヤ取り 本日の最適組合せ


2022/01/07


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ