+132,215円 くりっく株365取引高急増中

くりっく株365サヤ取り 2020年3月3日取引 2

本日、くりっく株365サヤ取りで保有中のポジションの決済をしています。

 

先週作ったばかりのポジションなんですけどね。

 

 

決済内容と今後の方針などをまとめました。

 

 

+132,215円 サクッと攻める理由

 

くりっく株365サヤ取り 2020年3月3日取引

 

左上に136,000円となっているのですが、これが純利益ではありません。

 

この利益に、金利・配当相当額と往復手数料部分を加味したのが純利益になります。

 

3月3日取引 売買明細

 

項目 売買損益 諸経費 合計
日経225 470,000 -9,490 460,510円
NYダウ -334,000 5,705 -328,295円
合計 136,000円 -3,785円 132,215円

 

手数料と金利・配当相当額部分を諸経費としてまとめました。

 

この方が、スッキリして分かりやすい気がするので見やすさを優先しました。

 

今回の仕掛けは、「拡大狙いの仕掛け」でした。

 

参考:サヤ取り仕掛けパターン

 

  1. NYダウー日経225の価格差(サヤ)縮小⇒拡大をねらった仕掛け:NYダウ買いー日経225売り
  2. NYダウー日経225の価格差(サヤ)拡大⇒縮小をねらった仕掛け:NYダウ売りー日経225買い

 

NYダウー日経225のサヤが、一日で急縮小したため、その「反動を狙ってしかけたものです。

 

ポジションを作った後も急縮小を続けたのですが、2日前より一気に拡大して利益圏に入ってきました。

 

もともと反動狙いでしたので、欲張らずにほどほどのところで利益確定したというのが今回の取引です。

 

ここからですが、まだ大きな流れはサヤ縮小期とみています。

 

縮小期という見方が変わらない限り、次の仕掛けは、ここからある程度縮小する時期を待って拡大転換しそうなところで検討していきます。

 

ゆっくりとまいります。

 

余談ですが、くりっく株365の取引高が急増している模様です。

 

くりっく株365取引高 前年同月比5.8倍に増加中

 

項目 取引数量 一日平均 前月比 前年同月比
くりっく株365合計 1,827,417 91,370 64.90% 482.00%
日経 225 証拠金取引 1,278,403 63,920 67.00% 485.00%
NYダウ証拠金取引 526,400 26,320 60.70% 549.10%
DAXR証拠金取引 10,327 516 3.20% 9.30%
FTSE100 証拠金取引 12,287 614 125.50% 151.00%

 

くりっく株365公式ページの2020年2月の取引高です。

 

前年同月比482%って凄い伸び方ですね。

 

100%増というのは、取引高が約2倍ということですので、482%像というのは約5.8倍となります。

 

日経225とNYダウが大きく伸びているのがその要因です。

 

2月は大きく動いたので、取引も活発だったということですね。

 

私も、このサヤ取り以外の売買でもくりっく株365を使っていて、毎月の売買枚数が100枚前後になっています。

 

小資金・24時間の売買ができて、スプレツドも狭くなったので、とても使いやすくなりました。

 

その辺がユーザーに指示されているのかなと思っています。

 

これからもサヤ取り売買の主力口座として使わせていただきます。

 

 

くりっく株365 サヤ取りについて

 

NYダウと日経225の価格差(サヤと呼ばれています)変動を利用しながら利益をだしていく運用法が「くりっく株365サヤ取り」です。

 

日本と米国は関係が深いこともあり、NYダウと日経225は相互が影響を与え合うような形で変動しています。

 

その価格差(サヤ)は、拡大したり縮小したりします。

 

その流れを利益に変えていくものです。

 

サヤ変動を利益に変えていくには、「NYダウ売りー日経225買い」という感じの両建てポジションによる売買をしていきます。

 

具体的な仕掛けパターンは2つあります。

 

参考:サヤ取り仕掛けパターン

 

  1. NYダウー日経225の価格差(サヤ)縮小⇒拡大をねらった仕掛け:NYダウ買いー日経225売り
  2. NYダウー日経225の価格差(サヤ)拡大⇒縮小をねらった仕掛け:NYダウ売りー日経225買い

 

拡大を狙うか、縮小を狙うかで、作るポジションが正反対になります。

 

このサヤ取りのメリットは、大きく3つあります。

 

  1. 周囲の雰囲気に呑まれにくく冷静な売買判断ができる。
  2. 拡大縮小の流れがつかめてくれると収支が安定する。
  3. 日中株価を見ている必要がないため、忙しくても実践可能

 

売買には、この後にお見せする「場帳(バチョウ)」という売買道具を使います。

 

実験段階ではありますが、岡三オンライン証券が提供するサヤチャートも似たようなタイミングでシグナルが出るので、参考指標として使えそうです。

 

NYダウー日経225サヤ取り ここまでの成績

 

くりっく株365サヤ取り 運用成績

 

  • 運用原資:7,797,081円
  • 2020年運用元金 8,353,476円

 

年度

損益額

累計損益額

2017年

1,202,919円

1,202,919円

2018年

819,128円

2,022,047円

2019年

-1,465,652円

556,395円

2020年

193,265円

749,660円

 

2019年は無様な成績に終わりました。

 

2020年は、堅実な運用をお見せしたいと思っています。

 

 

くりっく株365関連ページ

 

くりっく株365運用の主要ページ

 

 

サイト内他記事

 

 


2020/03/03


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ