2019年7月からのNYダウー日経225サヤ変動「傾向」と「対策」

NYダウ 日経225 サヤ取り 周期 傾向

NYダウー日経225のサヤ変動は、一定期間方向性をもって拡大・縮小する傾向があります。

 

この「一定期間」は、きっちり決まっているものではないので、定期的に「現在の傾向」のようなものをまとめておくようにしています。

 

最近6カ月間の「傾向」「対策」をまとめました。

 

 

【傾向】2019年7月からのサヤ変動

 

サヤ変動は、拡大と縮小を一定期間ずつ繰り返しています。

 

7月からの大きな流れを表にまとめてみました。

 

2019年7〜12月 サヤ変動推移

 

月日 NYダウ 日経225 価格差(サヤ)
7月18日 27198 21160 6038
縮小傾向で推移
10月24日 26777 22786 3911
拡大傾向で推移
11月29日 28065 23320 4745
往来気味に推移

 

7月の6038は、20年間のサヤ変動で拡大の拡大記録です。

 

そのあと、3911まで大きく縮小しています。

 

11月末に4745まで拡大した後は、行ったり来たりという変動になっています。

 

やってみるとわかるのですが、NYダウー日経225のサヤ変動には1.5〜3カ月程度の周期のようなものがあります。

 

その辺を意識してポジションを載せていくのも堅実な運用のコツのようなものです。

 

現在、往来気味に推移しているのですが、ここからどう動くとみるかで仕掛けるポジションが違ってくることになります。

 

この「傾向に対する私の「対策」は、記事後半の「今後の方針」でまとめています。

 

 

最近のサヤ変動は、記事最後の方に乗せています。

 

くりっく株365 サヤ取りについて

 

NYダウと日経225の価格差(サヤと呼ばれています)変動を利用しながら利益をだしていく運用法が「くりっく株365サヤ取り」です。

 

日本と米国は関係が深いこともあり、NYダウと日経225は相互が影響を与え合うような形で変動しています。

 

その価格差(サヤ)は、拡大したり縮小したりします。

 

その流れを利益に変えていくものです。

 

サヤ変動を利益に変えていくには、「NYダウ売りー日経225買い」という感じの両建てポジションによる売買をしていきます。

 

具体的な仕掛けパターンは2つあります。

 

参考:サヤ取り仕掛けパターン

 

  1. NYダウー日経225の価格差(サヤ)縮小⇒拡大をねらった仕掛け:NYダウ買いー日経225売り
  2. NYダウー日経225の価格差(サヤ)拡大⇒縮小をねらった仕掛け:NYダウ売りー日経225買い

 

拡大を狙うか、縮小を狙うかで、作るポジションが正反対になります。

 

このサヤ取りのメリットは、大きく3つあります。

 

  1. 周囲の雰囲気に呑まれにくく冷静な売買判断ができる。
  2. 拡大縮小の流れがつかめてくれると収支が安定する。
  3. 日中株価を見ている必要がないため、忙しくても実践可能

 

売買には、この後にお見せする「場帳(バチョウ)」という売買道具を使います。

 

実験段階ではありますが、岡三オンライン証券が提供するサヤチャートも似たようなタイミングでシグナルが出るので、参考指標として使えそうです。

 

NYダウー日経225サヤ取り ここまでの成績

 

くりっく株365サヤ取り 運用成績

 

  • 運用原資:7,797,081円
  • 2019年運用元金 9,819,128円(くりっく株365とGMOクリック証券CFD口座合計)
  • 運用原資は、運用開始時資金+追加入金の合計額です。

 

年度

損益額

累計損益額

2017年

1,202,919円

1,202,919円

2018年

819,128円

2,022,047円

2019年

-1,042,545円

979,502円

 

今年の損失分は、今年何が何でも取り返そうとは思ってはいません。

 

コツコツとやっていけば、利益拡大路線に戻れるはずと信じてやっていきます。

 

【対策】今後の方針とサヤ変動状況

 

先程の「傾向」に対する「対策」部分です。ここからの方針は、最近のサヤ変動をみながら決めていきます。

 

最近のサヤ変動はこんな感じです。

 

NYダウー日経225 サヤ取り場帳状況

 

月日

NYダウ

日経225

価格差(サヤ)

11月28日

28102

23465

4637

11月29日

28065

23320

4745

12月2日

27786

23180

4606

12月3日

27485

23125

4360

12月4日

27645

23328

4317

12月5日

27676

2325

4361

12月6日

28015

23502

4513

12月9日

27900

23342

4558

 

11月29日に4745までの拡大があり、一休みを入れているところです。

 

私の見通しは、「拡大傾向継続中」です。

 

10枚の「拡大を狙ったポジション」の保有も継続です。

 

参考:サヤ取り仕掛けパターン

 

  1. NYダウー日経225の価格差(サヤ)縮小⇒拡大をねらった仕掛け:NYダウ買いー日経225売り
  2. NYダウー日経225の価格差(サヤ)拡大⇒縮小をねらった仕掛け:NYダウ売りー日経225買い

 

今回の売買では「最大枚数15枚」と決めて仕掛けていますので、あと5万新規ポジションを作る余力があります。

 

この余力分の仕掛けは、「大きく縮小する時期」が到来したら検討します。

 

拡大傾向がこの辺で終了する可能性も考慮しながらゆっくりと売買を続けていく予定です。

 

 

NYダウー日経225サヤ取り 関連ページ

 

NYダウー日経225サヤ取り 主要ページ

 

 

サイト内他記事

 


2019/12/10


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ