日経225 20536売りでのサヤ取り仕掛け

日経225売り NYダウ買い

 

NYダウ買い+日経225売りの仕掛けを入れています。

 

くりっく株365サヤ取り2019年8月21日の売買と見通しをまとめました。

 

 

日経225売りーNYダウ買い

 

日経225 20536売り

 

今回仕掛けたくりっく株365サヤ取りポジションです。

 

「買い」と「売り」の両方を仕掛けるのがサヤ取りの基本です。

 

  • NYダウ買い5枚:25923
  • 日経225売り5枚:20536

 

日経225は現在20630ですので、20536で売ったポジションは含み損になっています。

 

でも、NYダウ買いポジションが利益となっているため、全体の収支は相殺されています。

 

このサヤ取りの損益は、2つの銘柄の価格差(サヤ)で発生します。

 

NYダウと日経225の価格差は、縮小と拡大を繰り返していて、それを利用します。

 

流れを読みながら、利益を出していくのが、くりっく株365サヤ取りです。

 

具体的な仕掛けパターンは2つあります。

 

参考:サヤ取り仕掛けパターン

 

  1. NYダウー日経225の価格差(サヤ)縮小⇒拡大をねらった仕掛け:NYダウ買いー日経225売り
  2. NYダウー日経225の価格差(サヤ)拡大⇒縮小をねらった仕掛け:NYダウ売りー日経225買い

 

今回は、1番目のNYダウー日経225の価格差(サヤ)縮小⇒拡大をねらった仕掛け:NYダウ買いー日経225売りをしています。

 

  • この後、目論見通りにNYダウと日経225の価格差が拡大していけば利益となります。
  • 目論見に反して縮小していくようであればこのポジション自体は含み損となるため、次の一手を投下することになります。

 

取り合えず1週間くらい様子を見てから、次の売買を考える感じでやっています。

 

この売買で使っているのは「場帳(バチョウ)」と呼ばれる毎日の終値を記入した帳簿です。

 

現在の場帳状況は、この記事の最後の方に載せていますので、興味のある方は最後までお読みになってみてください。

 

シンプルで古典的な方法ですが、これでも利益を出していくことができます。

 

ここのところ、くりっく株365はスプレッドが狭くなっています。このお蔭で、この売買も利益を出しやすくなっています。

 

有難いことです。

 

 

この後、「ここまでの成績」「サヤ取り 次の売買タイミング」と続きます。

 

サヤ取り売買に興味があれば、最後までお付き合いくださいませ。

 

NYダウー日経225サヤ取り ここまでの成績

 

くりっく株365サヤ取り 運用成績

 

  • 運用原資:7,797,081円
  • 2019年運用元金 9,819,128円(くりっく株365とGMOクリック証券CFD口座合計)
  • 運用原資は、運用開始時資金+追加入金の合計額です。

 

年度

損益額

累計損益額

2017年

1,202,919円

1,202,919円

2018年

819,128円

2,022,047円

2019年

-1,098,345円

922,702円

 

始めてから3年目です。

 

ルールを守っていけば大怪我をしないという自信はあるのですが、たまに我慢出来なくなってしまうところがあります。

 

私の悪いクセであり未熟なところです。

 

2019年以降、この未熟さを克服することが私の課題です。

 

サヤ取り 場帳状況とまとめ

 

くりっく株365サヤ取りに使っている場帳(NYダウ・日経225の価格差を記入する帳簿)の最近の状況です。

 

NYダウー日経225 サヤ取り場帳状況

 

月日

NYダウ

日経225

価格差(サヤ)

8月13日

26318

20937

5581

8月14日

25453

20097

5356

8月15日

25573

20332

5241

8月16日

25911

20579

5332

8月19日

26118

20622

5496

8月20日

25930

20459

5471

 

5241まで縮小してから少し拡大したという状況です。

 

個別でみると、NYダウは7月に目先の天井をつけたような形になっています。

 

ここから大きく下落するかどうかはわかりませんが、警戒すべきところに入っています。

 

くりっく株365サヤ取りとしては、この辺の個別の状況はそれほど気にする必要はありません。

 

NYダウが下げれば日経225も下げることが多いので、その価格差変動としてみれば大きなものではないからです。

 

このため、株式市場が暴騰・暴落しても冷めた目で相場全体を見ていることができます。

 

いつでも冷静な判断がし易いというのは、くりっく株365サヤ取りのメリットでもあります。

 

このメリットを活かしながら、ゆったりとした売買で利益を積み上げていければと思っています。

 

 

くりっく株365関連ページ

 

くりっく株365運用の主要ページ

 

 

サイト内他記事

 


2019/08/21


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ