米ドル円見通し2020年11月16日

米ドル円見通し 2020年11月16日

 

売買判断で使っている米ドル円チャートです。

 

ここ数年の米ドル円は、「長期間の往来相場」「短期間の急変動」を繰り返す傾向があります。

 

この傾向を基礎に、長期傾向と短期傾向をみながら売買をしています。

 

見通しは2つのテクニカル指標を使って決めています。

 

使っているテクニカル指標

 

  • 75日移動平均線
  • 日足RSI

 

まず、75日移動平均線で長期傾向をみます。

 

現在75日移動平均線はゆっくりと下落しつづけています。

 

米ドル円は時折上昇するものの、この75日移動平均線近辺までくると跳ね返されるように下落するパターンを繰り返しています。

 

ここを突き抜けない限りは、長期下落傾向は続くとみています。

 

先週位に105円台で突き抜けそうな感じもあったのですが、今回もそこまではいかず下落しています。

 

日足RSIは短期見通しとして使用中

 

短期的に「上げすぎ」「下げすぎ」の目安として見ているのが日足RSIです。

 

米ドル円は、RSIが30割れるところまで下げてくるとは反発し易い傾向があります。

 

その辺を狙って買いポジションを入れています。

 

本日のRSIは46ですので、「上げすぎ」でも「下げすぎ」でもなく、方向性もでていません。

 

こういう動かない時期があって、突然動き出すのが米ドル円の特徴でもあります。

 

動き出したときに、しっかりと動きについていけるよう意識して、その時期を待つことにします。

 

米ドル円のスプレッド、0.1銭で提供しているFX口座が今月も3口座あります。

 

 

スワップポイント差は、現在4〜5円くらいのことが多いです。

 

 


2020/11/16


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ