GBPUSD(英ポンド米ドル)のスプレッド・スワップポイント比較【2020年9月版】

GBPUSD 英ポンド米ドル スプレッド 比較 2020年9月

GBPUSD(英ポンド米ドル)のスプレッドが大きく変動しています。

 

これまで対象外となることが多かったのですが、2020年9月のキャンペーンでは対象通貨ペアとしているところが多くなっています。

 

GBPUSD(英ポンド米ドル) スプレッド・スワップポイント比較

 

今回比較したのは、以下の6社です。

 

  • FXTFMT4
  • DMMFX
  • LIGHTFX
  • GMOクリック証券
  • ヒロセ通商
  • 外為どっとコム

 

GBPUSD(英ポンド米ドル)で低スプレッドと言われているFX口座は網羅しているかと思います。

 

FX口座 スプレッド 買スワップ 売スワップ
FXTF MT4 原則固定0.7pips -109 11
DMM FX 原則固定0.6pips -15 12
LIGHT FX 原則固定0.6pips -3 2
GMOクリック証券 原則固定0.6pips -13 10
ヒロセ通商 原則固定0.6pips -12.69 2.11
外為どっとコム 原則固定0.7pips 0 -26

 

  • スワップポイントは公式ページでの公開値、本日ゼロデーの口座は前日値です。

 

DMMFX・GMOクリック証券・LIGHTFX・ヒロセ通商・外為どっとコムの5口座は、キャンペー中です。

 

それぞれ以下の内容になっています。

 

GBPUSD(英ポンド米ドル)キャンペーン期間と対象時間

 

  • DMMFX:10月1日まで朝9時〜翌午前3時までの時間対象
  • GMOクリック証券:10月2日まで朝9時〜翌午前3時までの時間対象
  • LIGHTFX:10月9日まで朝9時〜翌午前3時までの時間対象
  • ヒロセ通商:10月1日まで朝9時〜翌午前2時までの時間対象
  • 外為どっとコム:10月1日まで朝9時〜翌午前3時までの時間対象

 

GBPUSD(英ポンド米ドル)は、FXTFMT4口座の強化対象通貨ペアからは外れています。

 

そのせいもあってか、キャンペーンで強化中の諸口座がFXTFMT4口座よりも狭い0.6pipsで激しく競争しています。

 

GBPUSD(英ポンド米ドル)は、その通貨ペアの値動きから「売り」「買い」の両にらみでいく可能性が高い通貨ペアでもあります。

 

そうなってくると、スワップポイント差の小さいLIGHTFX口座あたりが総合的に有利になるような気がします。

 

 

買い中心と決めていれば、外為どっとコムなんてのも面白そうですね。

 

スプレッド比較 関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2020/09/16


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ