ユーロドル スプレッド比較 2019年12月

ユーロドルのスプレッド比較、2019年12月版です。

 

ユ−ロドルは高レベルのスプレッド競争が続いていて、各社ギリギリの狭い水準を提供してくれています。

 

 

ユーロドル スプレッド・スワップポイント最強5社比較

 

比較した5口座はここです。

 

  • FXTF MT4
  • DMMFX
  • みんなのFX
  • GMOクリック証券
  • SBIFXトレード

 

今回はこんな感じになりました。

 

FX口座 スプレッド スワップ買 スワップ売
FXTFMT4 0.2pips原則固定(例外あり) -120 25
DMMFX 0.4pips原則固定(例外あり) -65 65
みんなのFX 0.3pips原則固定(例外あり) -80 79
GMOクリック証券 0.4pips原則固定(例外あり) -63 60
SBIFXトレード 0.38〜12.80pips -69 64

 

  • スワップポイントは12月17日12時時点の公式ページでの公開値です。
  • 売買数量1万通貨以上の取引レートでの比較です。
  • SBIFXトレードは、1001〜1,000,000のスプレッド実績(0.38が96.53%)です。

 

スプレッド日本NO1 ユーロドルでも健在

 

ユーロドル スプレッド比較 2019年12月

 

スプレッドでどこにも負けない最狭水準を目指すゴールデンウェイ・ジャパン(株)が提供するFXTFMT4口座が今回の首位です。

 

0.2pipsを取引数量に関係なく提供中です。

 

仮に、0.2pips未満の口座がでてくれば、対抗措置としての更なる引き下げも示唆しています。

 

この徹底ぶり、頼もしい限りです。

 

ユーロドルの低スプレツドでの短期売買は、迷わずFXTFMT4口座で良い気がします。

 

 

スワップポイント投資目的の場合

 

ユーロドルは、現状売りポジションにてスワップポイントが受け取れます。

 

スワップポイント水準も、1万通貨で60〜80円前後と高水準が期待できる口座です。

 

スワップポイント投資目的でユーロドル売りポジションを保有するのであれば、今回の比較で一番有利となるのは「みんなのFX」です。

 

スプレッドも0.3pipsと二番手につけていますので、スイング系トレードでは有利な売買ができます。

 

 

以上、運用スタイルに合わせた口座選びの参考になれば幸いです。

 

スプレツド比較 関連ページ

 

 

サイト内他記事

 

2019/12/17


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2600回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ