AUDUSD(豪ドル米ドル)スプレッド比較 2020年9月版

AUDUSD 豪ドル米ドル スプレッド比較 2020年9月版

AUDUSD(豪ドル米ドル)のスプレツドが大きく変動しています。

 

これまで「キャンペーン対象外」扱いが多かったのですが、今月は違っています。

 

大きくスプレッドを縮小している口座がいくつかあります。相当売買視野くなっています。

 

AUDUSD(豪ドル米ドル) スプレッド・スワップポイント比較

 

今回比較したのは、以下の6社です。

 

  • FXTFMT4
  • DMMFX
  • LIGHTFX
  • GMOクリック証券
  • ヒロセ通商
  • 外為どっとコム

 

AUDUSD(豪ドル米ドル)で低スプレッドと言われているFX口座は網羅しているかと思います。

 

FX口座 スプレッド 買スワップ 売スワップ
FXTF MT4 原則固定0.6pips -95 0
DMM FX 原則固定0.4pips -4 1
LIGHT FX 原則固定0.4pips 7 -8
GMOクリック証券 原則固定0.4pips -4 1
ヒロセ通商 原則固定0.4pips -10.6 0
外為どっとコム 原則固定0.9pips 0 -21

 

  • スワップポイントは公式ページでの公開値、本日ゼロデーの口座は前日値です。

 

DMMFX・GMOクリック証券・LIGHTFX・ヒロセ通商・外為どっとコムの5口座は、キャンペー中です。

 

それぞれ以下の内容になっています。

 

AUDUSD(豪ドル米ドル)キャンペーン期間と対象時間

 

  • DMMFX:10月1日まで朝9時〜翌午前3時までの時間対象
  • GMOクリック証券:10月2日まで朝9時〜翌午前3時までの時間対象
  • LIGHTFX:10月9日まで朝9時〜翌午前3時までの時間対象
  • ヒロセ通商:10月1日まで朝9時〜翌午前2時までの時間対象
  • 外為どっとコム:10月1日まで朝9時〜翌午前3時までの時間対象

 

キャンペーンとはいえ、4口座で0.4pipsまで大幅に縮小しています。

 

スワップポイント的な差はそれほどないので、どこの口座で取引しても良さそうです。

 

ちょっと興味深いのがLIGHTFXです。

 

ここだけ買いポジションでスワップポイント受取になるんですよね。他口座はゼロ円かマイナスなのですが、LIGHTFXだけプラスなのです。

 

スワップポイントサヤ取り的に両建てすれば、売りと買いの両方でスワップポイントが受け取れます。

 

このスワップポイント差では、積極的に利益を取るというほどのものではありませんが、何かの事情で両建てをする際には、有利に両建てする一手として使えるかもしれません。

 

まあ、この状況がいつまで続くかはわからないんですけどね。

 

いずれにしても、豪ドル円と同水準のスプレッドとなっているため、AUDUSD(豪ドル米ドル)で米国大統領選相場の攻略を狙ってみるのも面白そうです。

 

スプレッド比較 関連ページ

 

 

サイト内他記事

 


2020/09/11


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
TOPへ