1通貨売買可能FX口座比較 2社だけですが比較してみました。

1通貨売買可能FX口座比較 2社だけですが比較してみました。

純ドルコスト平均法を完全に近い状況で行うための必要条件は「1通貨売買が可能であること」です。私自身はSBIFXトレードを使っているのですが、これから始める方は一番取引条件の良いFX口座を使えば良いと思っています。

 

現段階で1通貨売買なFX口座で取引条件比較をしてみました。

1通貨売買可能FX口座比較 2社だけですが比較してみました。

FX口座

スプレッド

スワップポイント

SBIFXトレード

0.77〜0.88銭

33円

OANDAJAPAN

1.0銭

17円

 

  • 2017年3月9日現在の比較
  • OANDAJAPANスプレッドは同日14時の目視
  • スワップポイントは1万通貨あたりの数値

 

 

FX1通貨売買比較 

2017年1通貨売買が出来るFX口座は2口座あります。

 

この他に積立FXという自動積立口座がSBIFXトレードとSBI証券であるのですが、自動ではあるものの自由度があまりにも狭く取引条件も悪いのでここでは外しています。

 

1通貨売買というサービスは、ここ以外でも実施しても良い気もするのですがなかなか出てこないものです。

 

1通貨売買に近い口座としては100通貨可能なマネーパートナーズnano口座があります。

 

マネーパートナーズnano口座は、マネーパートナーズ本口座のように代用有価証券での運用はできないのですが、スワップポイトが本口座よりも高目となっています。

 

100通貨売買が可能な口座は他にも数口座あるようです。でも、積立形式でドルコスト平均法効果を適格に出していくのであれば、やはり1通貨売買が望ましいです。

 

SBIFXトレードは、登場時より1通貨売買を実施しています。私の純ドルコスト平均法が今後も順調にやっていけるかどうかの鍵の一つはSBIFXトレ−ドさんの1通貨売買制度維持にかかっているといっても過言ではありません。

 

これからも頑張ってもらえるよう、私も応援を続けています。

 

SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況

2017/03/09 14:07:09
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック