リピート系自動売買 手数料+スプレッド 投資家負担比較

リピート系自動売買は、システムの優位性中心の競争がされているせいか、スプレッド競争の少ない分野です。仕掛けがうまくいけば、どのシステムでも利益を積み上げてくれるせいかもしれません。それでも、売買回数は年間数百〜数千ということもあるため、スプレッドなど取引条件が良好であればその分利益が上乗せされるのも間違いありません。

 

定期的に比較を行い、その記事を以下にまとめていきますので、参考になれば幸いです。



記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   

リピート系自動売買 各種比較記事一覧

定期的実施しているスプレッド比較です。比較は、以下の4口座で行っています。トラリピ今回は、トラリピ口座で大きな動きがでてきています。縮小した通貨ペアあり、拡大した通貨ペアあり、キャンペーンも開始するなど、動きが大きいです。他口座との比較により、リピート系自動売買使い分けの参考になれば幸いです。トラリピ キャンペーン情報現在、トラリピではメキシコペソ円と英ポンド円でのボーナスポイントキャンペーンも実...

ループイフダンは高スワップポイント傾向のある口座です。この特長を活かすことで、リピート系自動売買をより有効に使っていくことができます。主要口座と比較したスワップポイント水準リピート系自動売買講座間での比較高スワップポイントの効果実際のポジションと使い方ループイフダンは、ほぼ全通貨で高スワップポイント傾向があるのですが、今回は米ドル円で比較しています。ループイフダン VS 主要FX口...

2019年2月現在、トラリピ口座ではスプレッドほぼ半額キャンペーン実施中です。昨年自動売買手数料無料化してから更にスプレッドをほぼ半分にしたことで、取引条件が更に向上しています。このキャンペーンと同時に実施されている「マイナススワップポイント低減」も注目です。これによって、米ドル円売りなどのマイナススワップポイント負担は業界最低水準となっています。売りポジジョンを仕掛けるならトラリピ口座が有利...

リピート系自動売買は、手数料負担があるため単純なスプレッド比較だけでは投資家負担部分が見えてきません。また、売買数量別で手数料が違う口座などもあります。スプレッド+手数料の合計値で投資家負担部分の比較をしてみました。比較対象は、トライオートFX・FXブロードネット・トラリピ・ループイフダンの4口座です。

トラリピ・ループイフダン・トライオートFXなどのリピート系自動売買で必ず悩むのが「設定」です。教科書的なことは公式サイトで書いてあるのですが、実際の運用結果をもとに考察したものは少な目です。これから口座を開いて新設定を検討される方の参考になればと思い、記事にまとめてみました。ここで比較している口座は、以下の2口座です。

トラリピのように設定しておくことで繰り返し売買をしてくれるトラップトレード系FX口座4社の比較をしています。比較にもいろいろな視点があるのですが、今回は「設定の自由度」を中心として比較してみました。比較対象は以下の4社です。トラリピ:ループイフダン:iサイクル注文:トライオートFX:

お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ