豪ドル円3.5円下落 プットオプション売りへの影響は?

豪ドル円 FXオプション 2019年8月19日 2

FXオプションを使った方法は、複雑すぎるため中止しました。

 

FXオプション保有ポジションと損益は「豪ドル円 サヤすべり取り」に引き継がせていただます。

 

 

ポジションは増やさずに静観しています。


 

豪ドル円が安値圏で推移しています。

 

FXオプションを使って豪ドル円の安値ポジションを作るには良い機会なのですが、新規ポジションは控えています。

 

それは、今回のような大きな下落がFXオプションを始めてから初めての経験のためです。

 

私自身、FXオプションは2019年の2月より本格的に始めました。

 

始めてから、豪ドル円で5円以上動くような大きな値動きは今回が初めてです。

 

FXオプションは、FXと違う特殊な部分があります。

 

今回の下げでは、その影響がどのようなものかを観察するようにしています。

 

今後も長く続けていくために、資金には十分に余裕を持たせてあります。

 

今回は、前回からのポジションの変化についてまとめました。

 

ここで使っているFXオプションは、プットオプション売りです。

 

FXオプション(プットオプション売り)を使う効果について
利益上限という制約がある代わりに「利益となりやすい+買値を安くできる」とうう特徴を持つのがプットオプション売りです。この特徴を活かして、この運用法では以下のことを実現していきます。

  1. 利益の上乗せ。
  2. 現在値よりも安値でFXの豪ドル円買いポジションをつくる

 

前回記事での豪ドル円は75,72円だったのですが現在は72.075円まで3.5円以上下げています。

 

 

この変動でのポジション状況変化を比べたりすると、FXオプション理解の参考にして頂けると思います。

 

 

資産倍増計画ステップ1:保有ポジション状況

 

資産倍増計画のステップ1の意味は、資産倍増計画運用体制でまとめています。

 

 

現実に保有しているポジションがこちらです。

 

豪ドル円 FXオプション 2019年8月19日

 

4本のプットオプション売りポジション保有中です。

 

FXオプションの仕組み自体については、以下のページにてまとめています。

 

 

FXオプションのプレミアムを構成する大きな要素は「時間的価値」「ボラティリティ」です。

 

日数経過とともに、時間的価値は確実に減少していくため為替値が動かなければプレミアムは確実に値下がりしていきます。

 

これが、プットオプション売りの利益の根源ともなる部分です。

 

8月19日現在時点豪ドル円は72.075円です。

 

豪ドル円プットオプション売り 1本目

 

1番上のポジションです。

 

  • 作成日:2019年4月17日
  • FXオプション内容:豪ドル円 プットオプション売り
  • 作成時点の豪ドル円:80.350円
  • 権利行使価格:78.00円
  • 権利行使期日:10月2日
  • 売買数量2万通貨
  • プレミアム:1.251
  • 利益上限:1.251×2万通貨=25,020円

 

プレミアム現在値は6.120です。

 

2019年8月19日現在、このポジションの損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 25,020円
含み損 ー122.400円
差引損益 −97,380円

 

豪ドル円80.350円の時に作ったポジションです。FXの買いポジションであれば、80.350⇒72.075ですので2万通貨で16.55万円の含み損になっているところです。

 

それが97,380円の含み損で済んでいます。

 

豪ドル円プットオプション売り 2本目

 

上から2番目のポジションです。

 

  • 作成日:2019年5月22日
  • 作成時点の豪ドル円値 76.13円
  • FXオプション内容:豪ドル円 プットオプション売り
  • 権利行使価格:76.00円
  • 権利行使期日:11月6日
  • 売買数量:3万通貨
  • プレミアム:2.18
  • 利益上限:2.18×3万通貨=65,520円

 

プレミアム現在値は4.417です。

 

2019年8月19日現在、このポジションの損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 65,520円
含み損 ー132,510円
差引損益 −66.990円

 

豪ドル円76.13円の時に作ったポジションです。FXの買いポジションであれば、76.13⇒72.075で3万通貨保有すので121,650円くらいの含み損になっているところです。

 

それが66.990円の含み損で済んでいます。

 

豪ドル円プットオプション売り 3本目

 

上から3番目のポジションです。

 

  • 作成日:2019年6月18日
  • 作成時点の豪ドル円値 74.06円
  • FXオプション内容:豪ドル円 プットオプション売り
  • 権利行使価格:74.00円
  • 権利行使期日:11月27日
  • 売買数量:3万通貨
  • プレミアム:2.000
  • 利益上限:2.013×3万通貨=60,000円

 

プレミアム現在値は2.971です。

 

2019年8月19日現在、このポジションの損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 60,000円
含み損 ー89,130円
差引損益 ー29,130円

 

豪ドル円74.06円の時に作ったポジションです。FXの買いポジションであれば、74.06⇒72.075ですので59,550円くらいの損失になっているところです。

 

それが、29,130円の含み損で済んでいます。

 

豪ドル円プットオプション売り 4本目

 

  • 作成日:2019年7月12日
  • 作成時点の豪ドル円値 75.72円
  • FXオプション内容:豪ドル円 プットオプション売り
  • 権利行使価格:76.00円
  • 権利行使期日:2010年1月8日
  • 売買数量:3万通貨
  • プレミアム:2.104
  • 利益上限:2.013×3万通貨=60,000円

 

プレミアム現在値は4.839です。

 

2019年8月19日現在、このポジションの損益状況

 

項目 損益
プレミアム受取利益 63,120円
含み損 ー145,170円
差引損益 −82,050円

 

豪ドル円75.72円の時に作ったポジションです。FXの買いポジションであれば、75.72⇒72.075ですので3万通貨で109,350円くらいの損失になっているところです。

 

それが、82,050円の含み損で済んでいます。

 

全体収支と今後の方針など

 

豪ドル円 FXオプション乗換

 

項目 金額
確定利益(プレミアム受取総額など) 260,460円
確定損失(決済・満期清算など) −50,360円
合計確定損益 206,070円

 

  • 運用開始日:2019年3月11日
  • 保有ポジションの含み損益は先程の個別明細参照ください。

 

確定利益20万円以上とはなっていますが、保有ポジションの含み損が膨らんできています。

 

個別ポジション4本の差引損益合計金額は、-275,550円です。

 

個別ポジションで説明を入れていますが、FXでポジションを保有したよりは合計で数十万円少ない含み損です。

 

そうはいっても、これだけ長期間豪ドル円が弱含みで推移すると心理的重荷ですよね。

 

プットオプション売り・コールオプション売りは、仕組み上利益が出しやすい構造になっています。それでも、不利に動けば今回のような含み損を抱えることもあります。

 

本日の記録はその現実のお見せしている感じになります。

 

ただ、私の方針としては、この状況は「想定内」のものです。

 

基本的には、期日までこのプットオプション売りを保有する予定にしています。

 

ただ、ここから大きく崩れるようなことがあれば、FXオプションの値が付かなくなる事態も想定されるので、FXオプション損きり⇒FXでポジション作成し直しという対応も有ります。

 

状況をみながら、動いていきます。

 

FXオプション売りが出来るのはサクソバンク証券だけです。FX口座開設後にオプション口座開設手続きができます。

 

 

資産倍増計画 関連記事

 

ここから先は、資産倍増計画関連の内部記事です。

 

 

サイト内他記事

 


2019/08/19


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ