豪ドル円手書きグラフからの見通し 2019年9月6日

毎日描いている手書きグラフを使って、売買判断をしています、

 

1日1分程度の簡単な方法ですが、これで15年以上豪ドル円の売買を続けています。。

「出動時期到来」・・・かな

豪ドル円 グラフ 見通し 2019年9月

 

9月6日朝記入分までのグラフです。

 

縦は1mm=0.1円、横は2mm=1日という感じで線を毎日描き足しています。

 

毎日2mmの幅で線を記入するだけなので、1分も時間はかかりません。

 

私が売買で使うのは、このグラウと為替値を記入する「場帳(バチョウ)」の2つだけです。

 

なので、2つ合わせても記入時間1分程度というのは誇張ではなく、本当の話しなのです。

 

豪ドル円の話しに戻しますね。

 

やっと、上げ転換らしき動きが始まった。

 

こんなところです。

 

ここのところ豪ドル円は下げ続けてきました。

 

2019年の春ごろからずっと下げている感があります。

 

それがそろそろ終わるかもしれないという感じになってきた。

 

ただ、このまま上昇し続けるかどうかはわかりません。

 

あとは、ポジションを乗せ乍ら、大きな波に乗っていけるように操作をしていくという段階になります。

 

でも、なかなか簡単には乗せてくれそうにはないんですけどね。

 

「豪ドル円が上げ転換かな」という感じを持ち始めたのは2日前です。

 

その時に「一休みしたら買い始めよう」なんて思っていたんです。

 

そうしたら、2日間で一気に上げて現在は73円台に乗せています。

 

ちょとねぇ。

 

早過ぎるんですよね。

 

動き出すと一気に動いてしまうので、ゆっくり乗っていこうなんて考えていたら、おいていかれてしまいます。

 

まあ、グチを言っても始まりません。

 

こういうのは「ついていく」だけです。

 

ゆっくりとした流れにはゆっくりと、早い流れには早く、自分を合わせていくための訓練のようなものですね。

 

取り合えず、ここの波は一休みするまで待ちます。一休みしたときに、「もう一上げありそう」であればかいポジションを乗せていく感じでやっていきます。

 

では、お互い頑張っていきましょう!

 

亀仙人投資術+場帖・グラフ 詳細説明

 

豪ドル円 裁量トレード 関連ページ

 

豪ドル円 サヤすべり取り 運用関連ページ

 

 

サイト内他記事

 

2019/09/06


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ