トラベラーズチェック 終了

海外旅行の外貨両替手段のひとつであるトラベラーズチェックの縮小傾向が続いています。アメリカン・エキスプレスは、2014年3月でトラベラーズチェックの日本国内での販売を終了しています。

 

確かに、海外でもトラベラーズチェックは使えないところが多いんですよね。盗難時の保障があるなどトラベラーズチェクのメリットも多いのですが、クレジットカード利用などに押されて利用者が減ってしまったのでしょうね。

 

メリカン・エキスプレス トラベラーズチェック終了 有利な外貨両替がまたひとつ消えた

トラベラーズチェック 終了

 

アメリカン・エキスプレス(アメックス)の案内を切り取らせていただきました。

 

トラベラーズチェックは、外貨両替手数料が安く済むのも魅力でした。ゆうちょ銀行の外貨両替潜入レポートでも書いたようにもっとも有利なレートで提供されている米ドルでも1通貨あたり往復6円くらいの手数料が取られるところが多いからです。

 

トラベラーズチェックは、往復2〜3円くらいで済むので半分くらいの手数料なんです。

 

でも、知名度が薄かったのか利用が広がらなかったのでしょうね。私も1000米ドルほどトラベラーズチェックを持っているのですが、手数料払って外貨預金にでもいれておこうかと思っています。時代の流れとはいえ、寂しいものです。

 

まあ、でもマネーパートナーズ 外貨両替のように通常の10分の1以下の手数料で、しかも安全に空港で外貨を受取るサービスもありますので、外貨両替も便利になってはいるんですよね。最近、韓国ウォンも取扱いが始まっているのでますます便利になっています。

 

競争社会の宿命としてトラベラーズチェック終了もしょうがないですね。競争社会の恩恵でもある今後の新サービスや条件の改善に期待したいと思います。

 

TOPへ