ゆうちょ銀行の外貨両替潜入レポート

全国どこでも出来る一番お手軽な外貨両替は、ゆうちょ銀行かもしれません。両替レートはどれくらいなのだろうと興味をもたれている方も多いかと思います。直接窓口で外貨両替レートを聞いてまいりましたので、ご紹介します。

 

資料はお渡しできませんが・・・秘密のゆうちょ銀行 外貨両替

ゆうちょ銀行 外貨両替

以下、先日のやり取りです。

 

私:米ドルとユーロと英ポンドの外貨両替をしたいのですが、現在の為替レートを教えてください。

 

窓口:米ドルは今のレートでお出しするのですが、ユーロと英ポンドは取り寄せになるのでお渡しするときの為替レ−トになりますが、よろしいでしょうか?

 

私:心中(え?・・と思いながら) はい、それで良いです。急いでおりませんので・・・。

 

窓口:では、これが現在のレートです(売りと買いの本日レートの一覧表)。この紙はお渡し出来ませんのでメモに書きますね。

 

私:はい、お願いします。

 

てな、感じで教えて頂いたのがこの為替レートでした。

 

日本円⇒外貨レート

外貨⇒日本円レート

スプレッド(両替手数料に相当)

米ドル

104.59

98.59

6円

ユーロ

140.67

132.67

8円

英ポンド

184.80

160.80

24円

 

目視ですので、見間違えもあるかもしれません。最初にこの表をみたときは「信じられん」という気持ちで一杯でした。この理不尽なほどの両替レートはなんなんだと思ってしまったのです。

 

スプレッドというのは、日本円から外貨に交換して日本円に戻したときに結果としてとられている手数料のようなものと思ってください。米ドルで1ドルあたり6円あるわけです。そして英ポンドでは24円です。外貨両替が始めての方はこれが高いか安いかわからないと思うのですが、外貨両替で好条件なところは、これくらいで両替ができます。

 

FXコンバージョン比較 2強対決

 

FXを使った外貨両替ですが、手数料は上記3通貨はいずれも20銭です。米ドル6円の30分の1で英ポンド24円の120分の1です。いくらなんでも差がつきすぎですよねぇ。

 

この外貨両替にはFX口座開設が必要ですが、FX取引をする必要はありません。特にマネーパートナーズは、外貨両替に力を入れているので、空港受け渡しサービスなども充実しているので外貨両替だけでの利用もOKです。


外貨両替 余裕をもってお得にやりましょう。

海外旅行などで外貨が必要になったときは、現地で使うお金の準備は早目にやるようにしましょう。外貨両替はやり方によって手数料が100倍くらい違うこともあるからです。しかも、外貨両替は最初はわかりにくいところもあるのですが、良い機会なので勉強してみるのがおすすめです。

 

クレジットカードの利用も便利ですが、案外使えない場所も多いので最低限の現金として10万円相当ぐらいは現金で持っておきたいですよね。

 

10万円でも、外貨両替手数料はやり方によって数千円違うので大きいですよね。外貨両替手数料は安いほどよいので、賢く節約して現地でその分豪華な食事や買い物で楽しめるようにしたいものです。

TOPへ