「二の型」・・・米ドル円の往来相場・ゆるやかな上げ相場を想定しているときに使う仕掛け

前回、仕掛けの種類を「基本形」「応用形」としていたのですが、「一の型」「二の型」「三の型」に修正させていただきます。

 

 

ルール全体の見直しをしていて、「選択肢が一つ抜けている」ことに気づいたためです。

 

仕掛けパターン 3つの型

 

  • 一の型:前回説明した「基本形」
  • 二の型:上げ相場気味のときの仕掛け
  • 三の型:FXオプションを使わない仕掛け

 

今回は、「二の型」です。

 

二の型(上げ気味の相場での仕掛け)

 

往来相場や、ゆるやかに上昇しそうな流れのときに使うのがこの「二の型」です。仕掛け方は「FX+FXオプション」の形になります。

 

  • FX:米ドル円買いポジション
  • FXオプション:コールオプション売り

 

*FXオプションの教科書に必ず書いてある「カバードコール戦略」と同じ形です。

 

上げているときの仕掛けですので、高値掴みになりやすいという欠点があります。

 

そのため、この仕掛けは安易に使わないようにしています。

 

「二の型」の特長

 

仕掛け方は、こんなイメージで行います。

 

「二の型」の仕掛け大まかな概要

 

  • ゆるやかな上げ相場または往来相場
  • 米ドル円現在値108.00円
  • コールオプション:権利行使価格108.50円・プレミアム0.3程度

 

「二の型」は、ここで「米ドル円10万通貨買いポジション+コールオプション売り10万通貨」という仕掛けをいれます。

 

コールオプション売りは、「米ドル円が下げると利益・上げると損失になる」ポジションです。

 

FXに置き換えれば「米ドル円売りポジション」に近い性質を持ちます。

 

 

「上げると損失」とはいっても、権利行使価格は現在値108円よりも50銭高い108.50円です。

 

つまり、このコールオプション売りは現在値よりも50銭上昇してもプレミアム0.3(30銭相当)の利益が出ます。

 

50銭上昇すれば、FXの米ドル円買いポジションにも利益が乗ります。

 

下げた場合、FXポジションでは含み損を抱えるものの、コールオプション売りでは30銭相当のプレミアム利益が確定します。

 

この「二の型」のポジションの特長をまとめてみましょう。

 

「二の型」の特長

 

  1. ゆるやかな上げ相場・往来相場で仕掛けると有効
  2. 少しの上げ相場:FX+FXオプションのダブル利益となる
  3. 少しの下げ相場:FXオプションの利益がFXの損失を補ってくれる
  4. 大きな上げ相場:FXオプション損失+FX利益、全体では利益確保
  5. 大きな下げ相場:FXオプション利益になるがFX損失大きく、全体としては損失になりやすい

 

こんな感じになります。

 

「二の型」 具体的な仕掛け事例

 

この「二の型」は、昨年も何度か仕掛けています。

 

 

この時の仕掛けはこうでした。

 

  • FX:米ドル円買い107.390円 10万通貨
  • コールオプション:権利行使価格108円・プレミアム0.487

 

米ドル円買いポジションが107.390円で権利行使価格が108円ですので、権利行使日の米ドル円が107.390−108.00円の範囲内であればダブル利益獲得という仕掛けです。

 

この時は、この後にもう1本コールオプション売り10万通貨を入れています。

 

このポジションの最終結果はこうなっています。

 

 

最終的には、FXオプション部分20万通貨は、+3,050円という成績になっています。

 

1本目の10万通貨は損失でした。

 

  • 仕掛け時:48,700円プレミアム受取利益
  • 権利行使日;75、950円の損失
  • 合計損失:48,700円ー75,950円=27,250円の損失

 

2本目の10万通貨は利益です。

 

  • 仕掛け時:30,300円のプレミアム受取利益
  • 権利行使日:プレミアム価値ゼロになり損失もゼロ
  • 合計利益:30,300円ー0円=30,300円の利益

 

こんな具合で、トータル3,050円の利益を確保しています。

 

FXポジションの方は、買値107.390円ですので、権利行使日の108.7595円の時点では136,950円の含み益+スワップポイント累積25,760円=約162,710円の含み益増加という状況になっています。

 

たまたまですが、理想としているダブル利益確保の形にできています。

 

「二の型」プレミアム・権利行使日・権利行使価格の選定

 

「二の型」で仕掛けるコールオプション売りは、今のところ以下の基準で選んでいます。

 

  • 権利行使価格:現在値よりも高いところ
  • プレミアム0.3以上を目安
  • 権利行使日までの期間:1ヶ月半以内くらい

 

この「二の型」で注意していただきたいのは、「プレミアムが少ない時」です。

 

プレミアムが少ないときに無理に仕掛けるのは止めた方が良いです。

 

コールオプション売りは、「上げ相場利益:下げ相場損失」「損失限定なし」という特長があります。

 

大きな上げ相場となれば、相応の損失となります。単純なFX買いポジションであれば、そのまま大きな利益になるのに、それを無にしかねないのです。

 

僅かなプレミアム受取にこだわったがために、大きな利益チャンスを失うことは避けねばなりません。

 

私は、プレミアムの最低基準を「0.3(スプレッド30銭相当)」に置いています。プレミアム0.3に大きなこだわりがあるわけではありません。

 

ただ、0.1や0.2では少ないけれど0.3なら「まあまあ満足できるかな」という程度の感覚です。

 

コールオプション売りは、期間を3〜6カ月程度に長くすればプレミアム0.5や1.0近くというのも可能です。

 

でも、そのためには3〜6ヶ月コールオプション売りを持ち続けねばなりません。こうすると「米ドル円が大きく上昇すると困る期間」が長くなってしまいます。

 

この辺を意識して、「プレミアム0.3以上」「権利行使までの期間1カ月半以内」というのを目安にしています。

2020/01/08


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2500回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ