FXTFミラートレーダー検証

FXTFミラートレーダーは、低スワップポイント差により低コストで有利な売買ができます。買いと売りのスワップポイント差は売買の両方が発生する自動売買運用では、長期間運用するに従って大きな差が出てきます。

 

 

2015年3月にFXTFミラートレーダーはスプレッドキャンペーンが終了してしまいました。スプレッド差を考慮して2015年4月よりセントラル短資FXミラートレーダー口座に口座変更をしております。

 

セントラル短資FXミラートレーダー口座 詳細

FXTFミラートレーダー 現在の稼動ストラテジーとルール

ミラートレーダー運用ルールと状況

 

運用資金 1,960,159円
運用期間 2014年7月1日〜
稼動ストラテジー
  • QuickShift NZDJPY 10K
  • QuickShift AUDNZD 20K(2015年3月増加)
  • QuickShift GBPAUD 10K
  • QuickShift EURUSD 10K
  • QuickShift GBPJPY 10K
  • QuickShift AUDJPY 10K
  • QuickShift EURJPY 20K(2015年3月増加)
  • QuickShift GBPUSD 10K
  • TrendEscape EURJPY 10K
  • TrendEscape GBPUSD 10K
  • TrendEscape AUDJPY 10K
  • DR.FOREX EURUSD 10K(2015年4月追加 最大ポジション4)
ポジション増減 今後更に低スプレッド業者が登場しても基本的には変更なし。尚、FXTFミラートレーダーがスプレッドを元に戻すことになったら、口座移動検討する。

 

FXTFミラートレーダー運用成績

 

2014年7月より運用開始しています。

年月

損益

累計損益

2014年7月

26,400円

26,400円

2014年8月

82,774円

109,174円

2014年9月

127,028円

236,202円

2014年10月

−140,009円

96,143円

2014年11月

104,602円

200,745円

2014年12月

ー44,888円円

155,857円

 

 

FXTF ミラートレーダー

2015年度運用状況

 

年月

損益

累計損益

2015年1月

ー389,298円

ー389,298円

2015年2月

42,651円

ー346,647円

2015年3月

16,797円

−329,850円

2015年4月

128,337円

ー201,513円

 

2015年3月にFXTFミラートレーダーはスプレッドキャンペーンが終了してしまいました。スプレッド差を考慮して2015年4月よりセントラル短資FXミラートレーダー口座に口座変更をしております。

 

セントラル短資FXミラートレーダー口座 詳細

FXTFミラートレーダー検証 現在のストラテジーとここまでの運用状況記事一覧

QuickShift EURUSDなど一部のストラテジーに大きな含み益が貯まってきています。ここで今のトレンドが続くようであれば、含み益が大きく伸びるところです。でも、ユーロドルの下げもチャート的にはそろそろ一休みの感じがでてきているので、微妙なところなんですよね。FXTFミラートレーダー検証 現在のストラテジーとここまでの運用状況

先週薄利で終了(参考記事:ミラートレーダー「TrendEscape」 1000pips弾炸裂したんだけど・・・)したFXTFミラートレーダ口座、今週はガッツリと稼いでくれました。この好調を牽引しているのが「TrendEscape audjpy」です。今月だけですでに+1300pipsとなっています。でも、「TrendEscape audjpy」は過去の実績からいくと今月はさらに稼いでくれる可能性が...

QuickShift eurjpyが大乱調で大きな損きりを連発しています。1月だけで損きり累計はー1000pipsを超えました。こういうときは、このストラテジーを外したくなります。本日は、継続するかどうかの検討をしております。

相場は自分の思うとおりにはならない。だから決して期待してはいけないというのは相場運用の鉄則のようなものです。FXは期待しすぎると失敗する。期待というのは希望的観測が大きくなりやすくそれが見通しとなります。相場が期待と逆に動けば損きりが遅れる要因になり傷口を拡げてしまうものです。でもねぇ、年に何度か期待したくなる局面があるんですよね。今週のFXTFミラートレーダー口座はそういう感じになっているのです...

FXTFミラートレーダー口座は、年初から大荒れで推移しております。滅多に決済のないTrendEscapeで大きな損きりが相次いだのがとても痛かったです。

ミラートレーダーの2014年の成績をまとめました。いつものことですが、ミラートレーダーで打ち出されるパブリシャーと現実の口座残高の増減に数千円の差がでています。この数字の違いが気になる方も多いかもしれません。私も多い分には気にならないのですが(この意識も問題かもしれませんが・・・)、減っているととても気になります。前に、FXトレードフィナンシャルさんに電話して聞いたところ、この主原因は「スワップポ...

TrendEscapeAUDJPYが只今活躍中です。じっとこらえて軽々しい行動を取らない隠忍自重タイプのストラテジーで、今回も11月に豪ドル円売りポジションを保有したまま利益をコツコツ貯めていることろです。このまま大きくの伸びて欲しいと期待しています。

FXTFミラートレーダーの運用状況です。ここのところ週代わりでプラスになったりマイナスになったりしています。先週成績:-53,699円 QuickShift・2週前成績:+72,942円 豪ドル円とスイスフラン円活躍、今週は順番からいくとプラスなんですよね。

ミラートレーダー口座にて豪ドル円2万の売りポジションがたっています。2つのストラテジーで同じ通貨で同じ方向にポジションが経つのはなかなか珍しいので注目しています。前回は、ポンドドル売りで同じ現象が起きて2万通だけで10万円近い利益となってくれたので今回も頑張って欲しいです。

FXTFミラートレーダーで取引をすると貯まるのがFXTFポイントです。無理してポイントを貯めるような売買はしていないのですが、いがいに貯まりります。このFXTFポイントには有効期限もあるので無駄にしないよう注意したいものです。

FXTFミラートレーダー口座でポジションが大量発生しています。現在11ポジションあり、昨日までは1ポジションだったので、一晩で10のストラテジーで売買シグナルが発生したことになります。これだけ一気に増えたのは今の組合せにしてから初めてです。

FXTFミラートレーダーのストラテジーカードに新機能が追加されました。フォロワー数(ストラテジーを選択している人数)・月毎の運用結果実績・連勝連敗取引数などがわかるようになりました。これにより、「多くのユーザーに使われているストラテジー」や「ストラテジーの好調不調の見分け」などに使えそうです。

FXTFミラートレーダー口座、好調継続です。小さなことではありますが、FXTFミラートレーダーの長所のひとつ「スワップポイント差業界最小」もジワリジワリと利益に貢献してくれているようです。今回は現在の口座状況とスワップポイント差の効果についてまとめてみました。

2014年7月のFXTFミラートレーダー口座の成績をまとめました。うれしいことに、FXTFミラートレーダーでは、7月から始めたスプレッド縮小キャンペーンを8月も継続してくれることになりました。このキャンペーンが続く限り、ミラートレーダー運用はFXTFミラートレーダー主力でいく予定です。このまま、このスプレッドが定着してくれることを願って応援するつもりです。

ここ1ヶ月ほどほとんどの通貨ペアでポジションがゼロだったQuickShiftが一気に動き出しました。過去記事QuickShift ここでポジションを作らないことに凄味を感じるでも書いたのですが、動きの少ない時期には休みをしっかりと入れるところは素晴らしいと感じていたストラテジーです。2日ほど前より稼動させているQuickShift10通貨ペア全てでポジションが発生しています。そして、本日現在ほとん...

現在のミラートレーダーの中心ストラテジーとして稼動させているのがQuickShiftです。このストラテジーは、登録してからの年数も長く人気のあるストラテジーの一つです。ここ数週間QuickShiftは、ポジションをほとんど作りません。現在の相場展開は、QuickShiftには苦手なのでこういうときにしっかりと休めるストラテジーだということがわかり、信頼感が増しているところです。

FXTFミラートレーダーは、FXトレードフィナンシャルさんが提供するミラートレーダー口座です。ミラートレーダーの中では草分け的存在なのですが、ここ数年は新興勢力に押されていて勢いがありませんでした。でも、7月から一気に注目業者に昇格しそうです。7月から実施のFXTFミラートレーダーのスプレッド縮小キャンペーンで業界最狭水準を実現したからです。どれくらい違うのかの比較表を作成しました。

サイトマップ Copyright © 2019 お気楽FX 相場生活入門編 All Rights Reserved.