楽天ポイントなどで投資信託 残高10万円突破

楽天ポイントなどで買い続けていた投資信託残高が10万円を超えました。その状況ややり方などをまとめました。

 

投資信託初心者向け 節約とカード買物ポイントで運用中

節約で投資信託 これまでの流れ

楽天ポイント 節約で投資信託 10万円

 

本日現在の楽天証券残高です。この口座は全額今回の企画による投資信託のみとなっています。残高130,821円あるのが確認できるかと思います。

 

ちなみに、購入投資信託には含み損が23,267円あります。

 

なので、購入した投資信託合計は、130,821+23,267=154,088円ということになります。

 

なので・・・・

 

遂に10万円突破です。

 

・・・という訳ではないんです。

 

10万円自体は昨年夏位に超えていたのです。

 

すいません。記事にするのを忘れておりました。

 

含み損はあるものの、こういう積立は結構なペースで貯まるものですね。そして、楽しいです。この投資信託積立は、「楽天ポイント」「車買い替えでの燃費向上によるガソリン代節約」「格安スマホ乗換による節約」の3つの部分で捻出された資金を充てています。

 

ここまでのそれぞれの累計はこんな感じです。

 

  • 楽天ポイント:33.600円
  • スマホ節約:84,500円
  • ガソリン代節約:34,888円
  • 合計154,088円

 

この企画を始めるまでは、クレジットカードポイントは全て「マイレージ」を貯めるのに専念していました。

 

マイレージは、なかなか貯まらないのと端数などが無駄になってしまうことも多い。

 

更には、制度改定で目標としてた「世界一周航空券」が取れなくなってしまったので、やる気もなくなってきていました。

 

そんな時に、「楽天ポイントで投資信託が買えるようになる」ということを知り、この企画を始めたというわけです。

 

始めてから1年半、楽天ポイント自体は33,600円ですが、とても気に入っています。

 

この制度は、買物で得た楽天ポイントを無駄にせずに投資信託購入に充てられます。

 

通常のポイント制度は、ある程度貯まるまではなにも出来ませんし、貯まってもそのポイントを運用で増やすという選択肢はありません。

 

楽天ポイントで投資信託を買っておけば、将来的にはその後投資信託を解約して現金にすることもできます。

 

その後は、株式購入資金にも出来るので、そこにはポイント運用の可能性が大きく広がっています。

 

運用投資信託は、ひふみ投信です。組み入れ企業は値動きは激しい企業が多いせいか、ここのところの運用成績はふるいません。

 

まあ、この辺は気長に運用成績回復を待ちます。

 

運用資金が10万円を超えたことでの現実的なメリットもちょっとあります。楽天銀行と楽天証券の提携している「マネーブリッジ」を利用すると、投資信託残高10万円ごとに毎月4楽天ポイントがもらええます。

 

まあ、小さなものですけどね。でも、ここはチリも積もればなんとかです。

目標「世界一周航空券 3人分」

現状、この企画での毎月積立は約1万円くらいになっています。このままいけば3年後くらいには40〜50万円まで資金が増やせそうです。

 

その資金、どうしましょうね。

 

次の車購入資金にするか。

 

家族で旅行にでもいくか。

 

更なる運用資金とするか。

 

いろんな選択肢があります。

 

記事を書きながら、考えが的合ってきたので決めました。

 

家族3人の世界一周航空券を目指してみます。

 

2019年1月:世界一周航空券は、ワンワールドエクスプローラーで「エコノミークラス約335,000円」です。3人分で約100万円の積立を目指して取り組んでいます。

2019/01/18


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

サイトマップ Copyright © 2019 お気楽FX 相場生活入門編 All Rights Reserved.