ヒロセ通商 2016年7月リアルトレードバトル参戦

先週母が亡くなり、ずっとトレードを休んでおりました。身内の不幸など精神的に同様の大きいイベントは、自分でも意識しないところで影響があるもので、トレードはすべきではないんですよね。今週に入り、やっと気持ちも落ち着いてきたのでトレード及びブログ更新再開です。

 

勢いをつけるために「ヒロセ通商 リアルトレードバトル」にエントリーしました。

2000pipsのハンデ 闘争心沸いたヒロセ通商

ヒロセ通商 リアルトレードバトル

 

ヒロセ通商のリアルトレードバトルは、いろんな趣向が凝らされています。累計損益で競う形で主要通貨別に賞金が用意されています。面白いのが「小林芳彦氏とのpips対決」です。

 

ここ数ヶ月は、2000pipsのハンデつきという好条件です。これでも、小林芳彦さんが大勝することもあるというのですから、その実力たるや流石です。

 

でも、このハンデがあるせいか勝ち負けのpips成績がー●万pipsなどと、とても激しくなっている感じがします。

 

ここ2か月は大負けが続いているので、7月は大勝の月かもしれません。

 

この形式、専業トレーダーの私としては闘争心が沸いてきます。「随分、なめられたものだ」という気にもなったので、エントリーしておいた次第です。

 

まあ、それでもいつもの売買をするだけなんですけどね。

 

私のいつもの売買では、勝っても負けても数百pips程度のものです。小林芳彦氏と競り合うというよりは「小林芳彦氏が調子が良ければ私の負け」「小林芳彦氏が調子が悪ければ私の勝ち」というもので、小林芳彦氏の調子次第です。

 

それでも、勝てばTシャツ+グルメ商品などが頂けるので成績の推移を見るのも楽しくなります。

 

自分でも意識しないところで、母が亡くなって気持ちが落ち込んでいる部分がまだあります。それでも、気持ちを前向きにしていかねば家族の生活費を稼いでいくことはできません。気持ちをトレードに向けていくための起爆剤として、ヒロセ通商さんのリアルトレ−ドバトルを活用するというのも今回の目的の一つです。

 

いつもの気持ちを取り戻すため、頑張ってみます。

 

ヒロセ通商 体験談と評価

2016/07/18


記事がお気に召しましたら、共有・拡散お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加   
お気楽FX 相場生活入門について
当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2200回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ

TOPへ