くりっく株365 高配当と安定性 私の使い方

くりっく株365

くりっく株365は、株価指数を取引する取引所CFD取引です。取引銘柄は4銘柄と少ないのですが、それぞれユニークな特徴があるため人気があります。くりっく株365を一言で書くとこうなります。

 

株式投資のように配当金が受け取れて、CFD取引のように少額の証拠金で始められる

 

この特徴を利用することで様々な使い方ができます。私は、岡三オンンライン証券口座利用中です。

 

岡三オンライン証券 くりっく株365 公式ページはこちら

 

現在実施中のキャッシュバックキャンペーンは、10枚売買で1000円から始まり取引量に応じて500枚売買で最大50000円までという内容になっています。

 

くりっく株365の特徴


株式投資の代わりに日経225 配当利回り5%以上で値上がり益も狙う方法

 

日経225は、株式投資の代わりに使えます。株式売買で悩むことの一つが売買銘柄選択です。日本株が上がりそうだという見通しをもっていたとしても個別株が上がるかどうかは別問題だからです。そんな時には、くりっく株365で日経225を買うという選択肢があります。

 

  • 株式投資と同様に配当金がでる
  • 少額で大きな売買ができる

 

くりっく株365での日経225売買に必要な資金は最低7万円くらいです。この7万円で大体200万円分くらいの金額の売買ができます。通常の株式投資では200万円を準備する必要があるのですが、証拠金売買のくりっく株365では、その一部を用意すれば売買ができます。上がると思えば買いポジションを作り、下がると思えば売りポジションを持ち、思惑通りに動けば利益となります。高レバレッジでやれば、日経225数百円の値動きで運用資金を2倍にすることも難しくはありません。

 

ただ、高レバレッジ取引は利益も大きいのですがリスクも大きくなるのでおすすめはできません。レバレッジは5倍以内くらいにしておいても十分に大きな利益は狙えます。日経225株価水準が20000円くらいであれば、1枚に証拠金40万円くらいを準備することで約レバレッジ5倍ということになります。。

 

また、日経225は高配当金も魅力の一つです。

 

日経225 2016年配当相当額と金利相当額実績

くりっく株365 日経225

 

これは、1枚の日経225買いポジションを保有していると受け取れた配当相当額です。年間30000円くらいですので普通に株を買った場合の利回りは1〜2%程度です。でも、先ほどの1枚で証拠金40万円くらいの取引をしていると利回りは7%以上となります。日本株価が上昇するという見通しを持っていれば、こういった形でくりっく株365の日経225を売買することで高配当+売買利益の両方を効率よく狙っていけます。

 

逆に日経平均がそろそろ天井というときには、売りポジションを保有することで実際に下げれば利益が出る状況もつくれます。この仕組みをうまく利用していきたいですね。

 

岡三オンライン株365

世界経済混乱時には DAX@

 

世界経済は一体化しています。米国や中国など大国の株価暴落は一国だけでなく、世界全体に影響を及ぼす時代となりました。こういう全体的に大きく下げそうなときに有効な売買ができる銘柄が「DAX@」です。DAXはドイツの株価指数です。DAX@には、面白い特徴があります。

 

  • 配当相当額がない
  • 売りポジションで毎日金利相当額が受け取れる

 

通常、株式投資でも先物取引でも売りポジションを長期保有すると信用取引貸株料や先物乗換手数料など何らかの費用が生じます。ところが、DAX@だけは売りポジションを長期保有すると僅かながら利益が増えていくという設計になっています。こちらをご覧ください。

 

DAX@ 2016年配当相当額と金利相当額実績

くりっく株365 DAX

 

先ほども書いたようにDAX@には配当相当額がありません。そして、金利相当額は「売りポジションのときには受取」となる性質があります。このため、DAX@は売りポジションを保有すると毎日わずかな金額ですが、金利相当額を受け取るだけという状態となります。

 

ただ、ドイツは強力な産業国でもあり欧州の盟主ともいえる存在です。迂闊な売りは自分を窮地に追い込んでしまう可能性もあります。

 

世界経済全体の後退時には大きなダメージを受けやすい体質ですのでそのタイミングのときには使える戦略です。

 

くりっく株365以外の投資商品で株価指数を売って純粋に受け取りだけが発生するという銘柄はおそらくありません。DAX@はそういう面で非常に稀有な銘柄です。

 

岡三オンライン株365

毎週分配型 FTSE100

 

FTSE100は、イギリスの株価指数です。このFTSEの特徴はこれです。

 

  • 1枚の必要証拠金で2万円弱
  • 高配当相当額が発生する。
  • 配当相当額の発生頻度が毎週

 

1枚あたり2万円弱と手ごろに売買できるのもよいのですが、FTSE100の一番の魅力は高配当金です。日経225の約3倍の利回りとなっています。レバレッジを効かせることで配当利回り年10%状態を保つのも決して難しくありません。

 

FTSE100 2016年配当相当額と金利相当額実績

くりっく株365 FTSE100

 

毎月のように配当相当額が発生しています。更に、配当予定表もご覧ください。

 

FTSE100 配当相当額予定表

 

くりっく株365 4

 

2015年3月30日から4月10日までの2週間のFTSE100と日経225の配当金予定表です。こんな具合にFTSE100ではほぼ毎週配当金が発生します。投資信託で毎月分配型が高人気なのですが、FTSE100の買いポジションを保有すると毎週分配型の投資信託を保有したような状態となります。

 

そして、この状態で株価変動利益を狙っていけます。無論、株価が上がるときばかりではありません。

 

FTSE100は、1枚の証拠金を20万円くらいにしても期待できる配当相当額の利回りは年12%相当となります。リスクを抑えながら、高配当相当額を狙っていくのがFTSE100の有効な戦略の一つとなります。

 

岡三オンライン株365

好配当と成長性 NYダウ

 

NYダウは、今後も成長が期待できるだけでなく好配当も兼ね備えた銘柄です。2016年6月末に上場していて、私の主力銘柄にもなっています。

 

NYダウ 2016年6月末〜2017年6月まで1年間配当相当額と金利相当額実績

くりっく株365 配当相当額実績

 

昨年6月末に上場してからの配当相当額実績一覧です。昨年7月から今年6月までの合計額を計算すると、25,125+24,645−528=49,242円となりました。

 

米国経済の成長性の高さは、今後も維持されると思われます。先進国で手堅くいくのであれば米国株指数であるNYダウは外せない存在です。

 

配当相当額が毎月数回発生する特徴もあるため、毎月分配型の投資信託の代わりに買いポジションを保有するという使い方もできます。

 

たった4銘柄ならが、それぞれお有効な使い方ができるのがくりっく株365の面白いところです。

 

岡三オンライン株365

くりっく株365 運用状況

くりっく株365 高配当と安定性 私の使い方記事一覧

株式市場が休みとなる2019年のゴ−ルデンウィーク期間、この時期にも利益を狙うのであれば、くりっつく株365が狙い目です。スケジュールと注意点が発表されています。最近気づいたことですが日経225にはもう一つ朗報とも言える変化が起きています。後半部分でそれについて書かせて頂きました。

くりっく株365口座でやている日経225−NYダウサヤ取りの運用資金が「運用原資+利益」合計で1月に1000万円を超えました。CFDサヤ取り(NYダウサヤ取り)運用記録でまとめている2019年運用元金は9,819,128円で1月に326,460円の利益を出しての達成です。2月も23万円くらいの利益を出しながら売買継続中です。まだまだ増やしていくつもりです。一見好調そうな感じなのですが、久々に試練が...

2019年に入り、くりっく株365の取引条件が向上してきています。手数料においては、ひまわり証券が業界最安値手数料を更新する動きを示しています。スプレッドについても条件向上が見られるので、今回の記事にさせていただきました。私のくりっく株365主力口座は、岡三オンライン証券です。

12月17日よりくりっく株365の株価指数証拠金基準額が引き下げられています。これによって、NYダウはレバレッジ40倍台の取引が可能となっています。今回の株価指数証拠金基準額引き下げは、今後の取引でも有効活用していけそうです。同じCFD取引であるGMOクリック証券CFD取引との差などについても記事にまとめてみました。*株価指数証拠金基準額:くりっく株3651枚あたりに必要な金額のことで、取引所の発...

NYダウサヤ取り売買、11月もコツコツ継続中です。現在の売買状況と最近気になっているNYダウ月足の形について記事にまとめました。2018年11月16日、NYダウ月足の形が「三尊天井」近づいている気がしています。もしも、そうであれば、ここからの単純なNYダウ買いは相当用心すべきところです。

くりっく株365サヤ取り、いつものペースで続けています。このサヤ取りは、日経225とNYダウの両建てによって行います。しかも、状況によっては「NYダウ両建てー日経225両建て」というあっちもこっちも両建てというポジションになるときもあります。他のCFD取引口座では、こういうポジションになると多額の証拠金が必要となります。くりっく株365は、証拠金MAX制度と独自の証拠金制度により、6分の1くらい少...

NYダウ売りー日経225買いのサヤ取りポジション保有継続中です。仕掛け段階では、NYダウ売りはいずれ利益となりそうだという読みで楽観視しておりました。NYダウ自体は、その通りに下げてきています。でも、含み損は増えているという悲しい状況となっております。

サヤ取りによるNYダウ売り継続中です。地味に有難い存在となっているのが売りポジションで受け取れる金利相当額です。配当相当額と金利相当額のバランスも2018年に入り、大きく変化してきています。NYダウ売りを検討している方にとっても、この辺は有利な取引に利用できそうです。

先日の記事:ー516,4209円の含み損 くりっく株365サヤ取りのポジションが、サヤ変動好転により1週間ほどで含み益になってきています。くりっく株365のポジションを利益保存の両建て状態にしました。利益保全の両建てとは何かとここからの売買方針についてまとめました。この技が使えるのは「くりっく365」と「くりっく株365」だけです。

日経225の両建て売買をしています。7月に入り2回目の決済となります(1回目記事:+44,940円 異業者両建てくりっく株365版)。日経225売りー日経225買いという同銘柄両建てポジションですので、低リスクで心理的ストレスが少ないのが大きなメリットの運用法です。この売買で使ったのは、以下の2口座です。くりっく株365 高配当と安定性 私の使い方GMOクリック証券CFD取引に私が魅了される理由

くりっく株365が再活用できそうな地合いが整ってきています。各銘柄のスプレッドが落ち着いてきて必要証拠金も先週より20%くらいづつ下がっています。噂では、9月ごろに更に必要証拠金が下がる可能性もあるようです。昨年までサヤ取りで活用してきたくりっく株365ですが、スプレツドが荒れすぎたためGMOクリック証券に資金移動させていました。今後は状況に応じて使い分けていく方針です。今回は、復活準備の一環とし...

くりっく株365などCFD取引でもCFD口座間の差を利益に変えていくスワップポイントサヤ取り(異業者両建て)のような運用は可能です。参考までに、くりっく株365とCFD取引を使った、実際の売買記録を紹介させていただきます。くりっく株365 高配当と安定性 私の使い方

2月まで数ヶ月続いたくりっく株365のスプレッド拡大現象が、やっと落ち着いてきたようです。ここにくるまでに、くりっく株365では様々な規制や変更をしてきているので使いにくくなっている部分もあります。それでも、利用価値は十分にあると私は思っています。

金利調整額の復活や証拠金の引き上げなど、ここのところのくりっく株365は良い話題がありません。でも、私は使い続けています。くりっく株365の各種変更のお蔭で戦略によっては使いやすくなったところもあります。スプレツドの拡大傾向が続くうちは、昔のような人気はなかなか戻らないと思いますが、私は状況に応じて使っていく方針です。

くりっく株365で金と原油売買ができるようになりそうです。2018年4〜6月をメドに金ETF・原油ETF上場予定の発表が先日ありました。ETFというのは上場投資信託のことで原油・金に値動きを連動させる形で運用されます。このため、投資家にとっては原油・金を売買するのとほぼ同じ効果があります。これが実現すれば、1口座内で同じ証拠金で、金・原油と株式が出来るようになります。今やっているくりっく株365サ...

FXからくりっく株365へと入ってきた方は、配当相当額をスワップポイントと同一視されている傾向にあります。配当相当額とスワップポイントは似ている部分があり、スワップ投資と似たような運用法もできます。でも、発生日と金額が不規則であるという点は配当相当額とスワップポイントが大きく違うところです。最初戸惑う部分でもあるので、私のポジションで確認して頂ければと思います。くりっく株365 高配当と安定性 私...

くりっく株365の配当落ちについてまとめました。先日、配当落ちについて質問がありました。「配当落ちの影響などについて知りたい」という内容であり、他にも疑問を持たれている方も多い気がしましたので、記事にまとめさせて頂きます。くりっく株365 高配当と安定性 私の使い方

くりつく株365の「縮小期に儲ける仕掛け方」あるいは「拡大期に儲ける仕掛け方」を具体的に書いて欲しいという要望を頂きました。そこで今回は「サヤが縮小期」に利益を出す方法をまとめてみました。現在、調度縮小期なのでこういう仕掛けを入れておけば利益が出せたというものになります。

くりっく株365が2017年度も伸び続けています。口座開設数は10万口座を超え、取引数量もデコボコながら右肩上がりの増加を続けています。質問を頂く方の傾向をみると、ここのところは株式投資や日経2225先物からくりっく株365に移ってきている方が多い感じがします。株式投資家からみたくりっく株365の魅力をまとめてみました。

9月は日経225買いポジション保有中の方には、楽しみのある月です。3月に匹敵する年に2度の大型配当相当額発生月だからです。大まかな配当等総額の目安の予想と今後のくりっく株365サヤ取り仕掛けなどについてまとめました。くりっく株365 高配当と安定性 私の使い方

くりっく株365のサヤ取りポジションでの利益増加の仕組みについての質問がありました。このやり方は、為替サヤ取り教室を応用したものなのですが、そもそもサヤ取りになじみがない方にはややこしい部分があります。でも、慣れてしまえば日経225下落時でもストレス少なく利益を狙える有効な方法ですので、私のポジションとサヤ場帖の推移と併せてみて頂く形で説明させていただきます。

私のNYダウ売買は、日経225とのサヤ取りで行っています。このサヤ取りは、NYダウと日経225の価格差(サヤ)を利益に変えていくものなのですが、慣れていないと今一つ理解しにくいところがあります。今回はその仕組みについて書かせていただきます。

くりっく株365のNYダウは、月に数回配当相当額が発生します。ここ一年の月別の配当相当額をみると来月8月は他の月に比べてかなり大きな実績となっています。これには簡単な理由があります。配当相当額目的で買いポジションを長期保有する方にとっては、大切なポイントかもしれません。

前回記事:NYダウ 配当相当額で8月はNYダウ配当相当額が大きくなるという記事を書きました。単純に買いポジションで攻める方は、これから買いポジションを作れば8月の配当相当額支給に間に合います。でも、私のような両建て派は事情が違ってきます。今回はその辺を記事にまとめさせていただきます。

短期売買ではほとんど気にならない株式の信用取引金利ですが、積み上がると大きなものになるのは信用取引経験者はよくご存じかと思います。この金利水準については、昔から「消費者金融より高い金利」と言われてきました。しかし、ここ数年ネット証券の台頭などにより信用取引環境も劇的に変わってきています。2017年現在、それが当てはまるのかどうかの検証と「金利負担ゼロで信用取引と似たことが出来るくりっく株365」を...

数年前より利用しているくりっく株365は、今年に入り人気が高まっているように感じます。それに合わせて手数料も一段と低下してきていて取引環境がより快適になってきています。現在のくりっく株365手数料比較をまとめてみました。

FOMCの利上げが話題になっています。利上げは株価に大きな影響を与えます。NYダウが調整局面に入る可能性もあるのですが、私はNYダウ配当金生活口座ではFOMC利上げは含み益拡大の可能性もあるとみています。今回はその思惑について記事にまとめさせて頂きました。NYダウ配当金生活運用で使っているのはくりっく株365です。

2016年11月16日〜12月15日までの1ヶ月間のNYダウ配当相当額発生状況です。メルマガ相場生活入門資料としても使用します。薄赤色部分がNYダウ買いポジション1枚あたりの配当相当額の発生状況です。この期間の配当相当額発生日数は6日で配当相当額合計金額は4,009円でした。FXのスワップポイントとは、発生パターンが大分異なっています。それでも、大体週1〜2回くらいのペースで発生して2015年実績...

NYダウがやっと下がってきました。ここのところ高値更新を続け、なかなか下がってこなかったのですがやっと調整期入りしてくれたようです。、まだまだ下げが続く可能性は十分にあります。だからこそ、高配当狙いの長期買いポジションを仕込むチャンスと感じています。くりっく株365のNYダウは、期限なしで金利相当額も現在ゼロ円(2016年8月現在、参考記事:マイナス金利の恩恵 くりっく株365金利負担がゼロ円!)...

EU離脱問題に揺れる英国、離脱派がどんどん強くなってきています。外から見ると英国のEU離脱にメリットがあるとは思えないのに英国内では離脱すべきという声が強くなっていくというのは不思議ですよねぇ。私のFTSE100買いポジションも動かせない状況です。

住宅ローン以外では恩恵がほとんど感じられないマイナス金利ですが、それは投資分野でも同様です。投資分野で唯一といってもよい恩恵のあるのがくりっく株365です(参考記事:マイナス金利の恩恵 くりっく株365金利負担がゼロ円!)。この負担が1か月、2か月と続くとどれくらいのメリットになるのかを計算してみました。

好利回りのFTSE100で今週も配当相当額が発生しています。FTSE100の値動きは、現在買い平均値近辺を行ったり来たりしております。過去記事:英国のEU離脱ニュースでトレーダーが見るべき視点で書いたように、選挙前にポジションを一部整理しておくつもりはあるものの焦らずにいきます。じっくりと値上がりを待ちながら、ポジション操作をしていくつもりでおります。本日配当相当額を頂いたのは、くりっく株365の...

FTSE100配当金生活口座状況です。たまに、「FTSE100は必ず毎週発生するのか」という質問を頂くのですが、必ずではありません。FTSE100採用企業の配当時期がうまくバラけているため。偶然にも毎週のように配当相当額が発生するという感じになっています。こういうのって、FXのスワップポイントと一緒で貯めていくのが楽しくなります。この特徴、くりっく株365のFTSE100独自のものです。

FTSE100買いポジションの含み益が増加中です。配当金+相場上昇による含み益増加という好サイクルに入っているためです。こうなってくると、そろそろ「FTSE100の売り時」が気になってきます。FTSE100配当金生活の状況とともに、売り時の目安について書かせて頂きます。売り時の目安は、くりっく株365で提供されているチャートを使っています。

FTSE100配当金生活、4月も有難く配当を頂きました。5月は、ポジションに少し変化があるかもしれません。その予定などについてまとめました。FTSE100配当金生活 まとめページボーナス部門関連記事:GMOクリック証券CFD 運用ブログ給料部門関連記事:くりっく株365 運用ブログ

ここのところの英国株価指数(FTSE100)の上昇により、FTSE100配当金生活として公開中のくりっく株365のFTSE100買いポジションの含み損が消え、含み益となってきています。かなりうれしいです。ここからが本当のスタートという気持ちでやっていきます。

FTSE100配当金生活口座にて今週の配当相当額が発生しています。今回は1枚あたり817円でしたので、15枚の買いポジションで合計12,255円でした。給料部門の配当相当額が10万円を超えてきています。毎週水曜日に発生することが多いため、木曜日が来るのが楽しみになってきています。現在は、毎月4万円くらいのペースですが随時ポジションを増やしていくことにしています。

くりっく株365で買いポジションを保有し続けた場合、配当相当額を受取・金利相当額を支払という受け払いが発生します。金利相当額は1枚あたり1日1〜3円程度と少ないのですが出来れば払いたくないものです。実は、1か月ほど前からこの金利相当額が0円となっています。最初は「連休でもあったか」と勝手に解釈していたのですが、ずっとゼロ円ということで「おかしい?」と思い、先日電話をして確認をしたので記事にまとめさ...

FTSE100配当相当額、3月になっても好調です。先週の発生額は1枚あたり1171円となり15枚で17,565円の受け取りとなりました。まだまだ3月は始まったばかりですので、ここからいくら頂けるのかかなり楽しみです。CFD取引初心者向け FTSE100配当金生活のくりっく株365口座で運用中の給料部門の状況をまとめました。

FTSE100の配当金が2月に入り大幅に増加しています。もともと2月からは高配当シーズンであることはわかっていた(参考記事:FTSE100 2月配当金は1月の5倍?)のですが、前年比を上回る配当相当額が連発といううれしい悲鳴が出る状況です。高配当シーズンはまだまだ始まったばかりですので、これからも期待できそうです。

先日、FTSE100の買いポジションの一部を両建てにしています。参考:FTSE100両建て 配当金生活良い感じです。昨日の下落により、売りポジションに利益が乗り始めたところです。記事のなかで今後の売りポジションの方向性については書いたのですが、もう少し長期的なことや別の視点についてもまとめておきたいと思います。

FTSE100の買いポジションの配当金が着実に増加してきています。株価自体はまだまだ下げそうなところもあるので、下げたところを少しづつ拾っていくつもりでおります。前回記事FTSE100配当金生活 給料部門 1月状況から3週間経過した状況をまとめました。FTSE100配当金生活はくりっく株365口座の「給料部門」とGMOクリック証券口座の「ボーナス部門」に分かれています。詳細は下記ページにまとめてあ...

2月からはFTSE100買いポジション保有者にとっては待ちに待った「高配当シーズン」が始まります(参考記事:FTSE100 2014年配当金)。例年2〜5月と8月の5か月で年間配当約7割が発生しています。3月と9月に異常集中する日経平均ほどではないのですが、それでもうれしい時期であることに変わりはありません。もしも、暴落気味の状況があれば拾うつもりで指値注文も入れております。

くりっく株365利用者の増加傾向が今年も続いています。派手な宣伝もせず取引銘柄はたった3銘柄という内容なのに、地道に支持者を増やしているというのは凄いことです。私も、これまでは仕組みの把握のためのポジションを1枚保有しているだけなのですが、そろそろくりっく株365運用を本格化するつもりでいます。

FTSE100が上げ止まりつつあるようなので数日前に売りポジションを1枚作成しています。過去記事:毎週配当型FTSE100 毎週配当相当額が発生する理由と口座状況で作成した買いポジションを持ったままなので、両建てということになります。くりっく株365で両建てするとポジションがどういう状況になるのかを含めて記事にまとめさせて頂きます。

FTSE100の買いポジションを作り1週間が経過しようとしています。高配当目的での長期保有ポジションで、すでに3回の配当金が発生しています。いつもは、週1回ペースの配当金なので、週3回はかなり多目です。現在の口座状況とここ1か月間の配当金発生状況についてまとめました。

くりっく株365で保有中のFTSE100、今週も価格調整額発生しています。FXのスワップ投資に似た形で長期保有しながら、値上がり益を狙えるのがFTSE100の魅力でもあります。いずれくるであろう下落時期には、一旦両建てにする予定でいます。その目安を今回はご紹介します。

FXで両建ては、売買方法としては推奨されていない傾向にあります。そのせいか、全く別々の売買扱いでスプレッドも両建て維持コストも2倍かかるのが普通です。ところが、くりっく株365では最初から制度に両建てにたいする制度が盛り込まれており、とても便利に使えるようになっています。ここでは、くりっく株365特有の両建て制度「転売・買戻しの申告」についてまとめました。

取扱銘柄はたった3銘柄なのに堅実に伸びているのが、くりっく株365です。今回の連載では、その仕組みと使い方をまとめていきます。くりっく株365入門の目次です。第1回:くりっく株365人気急上昇の実態と理由第2回:くりっく株365 証拠金制度と2倍になるのに必要な値動き第3回:日経225先物とくりっく株365「日経225」 私の感想第4回:くりっく株365長期保有にむく理由 キモは2つの調整金第5回...

まずは、くりっく株365の大まかな概略より書かせていただきます。CFD取引は、取引口座によってその仕組みが異なっています。「コーン うねり取り」で使っているGMOクリック証券のCFD取引とくりっく株365も、中身が大きく異なります。1枚売買するのに必要な証拠金をそれをもとにしたレバレッジをご覧ください。必要証拠金日経225    69,000円 レバレッジ27倍相当DAX@     39,000円...

日経225先物とくりっく株365「日経225」は、レバレッジや必要証拠金などが似ています。でも、私は売買するのであればくりっく株365の「日経225」を選びます。くりっく株365の特徴の続きを紹介しながらその理由についてもまとめさせていただきました。

サイトマップ Copyright © 2019 お気楽FX 相場生活入門編 All Rights Reserved.