南アフリカランド円売り ヘタなのに勝てたのはなぜ? ZARJPY概論第11回

南アフリカランド円売り ヘタなのに勝てたのはなぜ? ZARJPY概論第11回

私の南アフリカランド円売り経験で、危ない想いをした実例を紹介させて頂きます。

南アフリカランド円売り ヘタな売り方

今回より「売りのタイミング」です。南アフリカランド円は売りの方が有利とはいってもいつ売っても勝てるというわけではありません。最初に私の失敗事例をご紹介します。

 

参考記事:ZARJPY200万売り そろそろ攻めてみます。

 

これは、MT4で南アフリカランド円売り専用EAを動かしておいてポジション発生とともに、手動で売りポジションを作成したものです。なぜこんな事をやるかというと「スプレッドとスワップポイント」をより有利にするためです。

 

南アフリカランド円売りポジションは、スワップポイント支払いになるためFX口座の選択次第では、高負担に苦しむことになります。

 

この記事で使っていたOANDAJAPANのMT4は、スプレッドは狭いのですが南アフリカランド円売りポジションでのスワップポイント負担は高目でした。DMMFX口座を使うことで「同程度のスプレッド スワップポイント低負担」が実現してます。

 

とこrが、このポジションでちょっと怖い経験をすることになります。

南アフリカランド円 1か月で1円近く上昇

実は、この後南アフリカランド円はほとんど下がらずに上昇します。しかも、1か月で約1円というハイペースです。200万円通貨売っているので、含み損は1時200万円近くまでいきました。

 

しかも、売りポジションなので日々スワップポイントの支払いも発生します。精神的に「ちょっとキツイ」時期でした。

 

もしも、スワップポイント負担の重いFX口座であれば耐えられなかったかもしれません。

 

ただ、高値時期は長続きせず、1月には買い値近辺までさげてきています。最終的には利益確定となったものの、いくつもの課題を残した売買でした。

ヘタなのに勝てた理由

記事からは見つけられなかったのですが、過去には売りから2円近く上昇した経験もあります。売りポジションの数量自体は少なかったので、なんとか耐えることはできました。

 

その時も、最終的には下げ相場到来により収支トントンくらいで利益確定をしています。私は「南アフリカランド円で大怪我をしたことはない」と連載前半で書きましたが、それは決して安全に取れたという訳ではありません。

 

特に、売りポジションに慣れないうちは「マイナススワップポイントの重圧」も加わり、なかなか利益を伸ばすことができませんでした。綱渡りのような売買を続けながらも、最終的には利益となるようなパターンを続けてきています。

 

こんな私でもなぜ勝てたかという理由は一つしかないと感じています。

 

「南アフリカランド円は長期的には下げる傾向となっている」

 

参考記事:南アフリカランド円 歴史と現状から見えるもの

 

南アフリカランド円は、大きな流れでは下げ傾向であるため私のようなヘタな売り方でも最終的には利益に持っていけたということです。

 

一言で書けば、「売れば勝てる」しかし「売り場を間違えれば地獄をみる」ということです。

 

それなりの反動を現実に経験しながら、「より安全に」と工夫をしてきたのが、私の南アフリカランド円売りです。次回より考え方とやり方をまとめていきます。

ZARJPY売買概論 目次

 

南アフリカランド円売買2016年主力口座は以下の2つです。

 

2016/03/30 09:25:30
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック