このページの先頭へ

スローストキャスティクス 南アフリカランド円買い研究

スローストキャスティクスと南アフリカランド円 DMMFXチャート研究

南アフリカランド円の値動きに合わせた「売りに使えるテクニカル指標を探しています。今回は、「スローストキャスティクス」で検証してみました。使っているのは、DMMFXチャートです。

スローストキャスティクスと南アフリカランド円 DMMFXチャート研究

スローストキャスティクスは、ストキャスティクスの改良版の位置づけとなるテクニカル指標です。ストキャスティクスには、「%K」と「%D」、「Slow%D」の2つのラインがあります。ただ、「%K」は相場の動きに素早く反応しすぎるところがあり、売買に使うとダマシが多くなりがちです。

 

スローストキャスティクスは、「%D」と「Slow%D」の2本の線だけを利用して売買判断を行います。。南アフリカランド円の売り時を探すときには、スローストキャスティクスが合いそうなので試してみました。

 

まずは、設定です。

 

スローストキャスティクス 南アフリカランド円

 

これは、DMMFXチャートの設定そのままです。

 

時間足は日足を使って南アフリカランド円で表示させると以下のようになります。

 

スローストキャスティクス 南アフリカランド円 2

 

「%D」=水色、「Slow%D」=黄色で表示しています。そして、数値が80を超えるところに「買われ過ぎ」を示す紫色の線が引かれています。2つの線の交差で売買シグナルが発生します。

 

一般的には、「%D」が「Slow%D」を上抜けすると買いシグナル・「%D」が「Slow%D」を下抜けすると売りシグナルとなります。

 

南アフリカランド円の売りシグナルを以下の2つの条件を満たしたところでみていましょう。

 

  • 両方の数理が両方の数値が80前後となる。
  • 「%D」が「Slow%D」を下抜けする

 

上図のチャートでこの2つの条件を満たす時期は7回くらいあります。チャートの期間は約1年ですので2か月に1回程度の頻度で売りシグナルが発生していることになります。

 

目視ではありますが、いずれも利益になっているようです。

 

ちなみに直近では、2016年4月4日に売りシグナルが発生しています。

 

なかなか良いタイミングですねぇ。

 

南アフリカランド円とスローストキャスティクスは、相性が良さそうなので、利益確定利幅や他の期間の検証も含めて掘り下げてみるつもりです。

 

南アフリカランド円売り主力口座はDMMFXです。

 

DMMFX FX口座数 国内第1位 FX業者の評判と体験談

2016/04/07 08:53:07
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック