トップへ戻る

トラリピ口座戦略 2018年度版

2018年度のトラリピ口座戦略について

連載中も少しづつ紹介させて頂きましたが、私の使っているリピート系自動売買口座の特徴と運用状況をまとめておきたいと思います。

 

まずは、リピート系自動売買の草分け的存在であるトラリピ口座からです。

トラリピ口座概要と使い方

トラリピは、株式会社マネースクエア社が提供しているサービスです。復習がてら、トラリピ口座の大まかな特徴をざっくりとまとめておきます・

 

トラリピの概要

 

  • 手数料片道1〜5銭
  • スプレッド 全体的に少々広目
  • 米ドル円 4銭前後
  • ユーロ円 2銭前後
  • 豪ドル円 6銭前後
  • 設定の種類:トレンドを追いかける「追尾系」がないものの、多数あります。

 

ここまでの利用状況などは、下ページでもまとめています。

 

トラリピ口座について

 

最初は物足りない気がするトラリピ口座

 

他のリピート系自動売買や手数料無料の裁量トレード口座に慣れていると、トラリピ口座はなかなか手を出しにくい口座でもあります。

 

  • 1000通貨売買で片道手数料5銭
  • スプレッドも少々広目
  • スワップポイントは少ない

 

こういう特徴をみると、あまりやる気が起きませんよね。

 

設定の種類は豊富なのですが、他口座で人気の「追尾系」がありません。

 

この「追尾系」とは、トレンドが発生したときに、自動的に上値を追いかけていくタイプの仕掛けです。

 

トラリピ口座では、米ドル円110円〜115円までという具合に設定したところまでしか自動売買注文は追いかけていきません。

 

それ以上の上昇となったときには、新設定を投下するか指をくわえてみているかのどちらかで対応することになります。

 

「新設定を投下すればよい」と一言で片づけたくなるかもしれませんが、実際には文章で書くほど簡単ではありません。

 

「この辺は天井っぽいから新設定は止めておこう」

 

状況によっては、こんな気持ちがでてくるからです。

 

こういうときは、えてして上値があるものです。「追尾系」は、こういう時に躊躇なく上値を追いかけて利益を上乗せしていけます。

 

当然ながら、この「追尾系」を使うかどうかはユーザーの選択次第です。でも、「選択肢がある口座」と「選択肢がない口座」の差は、やはり大きいものと感じています。

 

それでも私はトラリピ口座を使い続けています。

それでもトラリピを使う理由

トラリピ口座 ここまでの運用成績(連載1回で紹介したものと同じです)

 

  • 運用開始:2017年3月
  • 運用元金:100万円
  • 利益額:144,556円
  • 利益率:14.4%

 

連載第一回でも紹介したトラリピ口座の運用状況です、私が、トラリピ口座を使っている理由は先程とは別の部分にあります。

 

具体的には、以下の2つです。

 

  • 「せま割」適用となる設定
  • 「決済トレール」の優位性

 

「せま割」は、トラリピ口座の手数料割引基準です。具体的には、1本1本の値幅を30銭以内にすることで手数料が割引になります。

 

1000通貨売買で通常片道5銭のところが片道1銭となるため、トラリピ口座の手数料割高感が一気になくなります。

 

スプレッド広目は変わらないものの「ポイント制度」や「各種キャンペーン」などで取引量が増加すればするほど還元率が大きくなる仕組みがあります。

 

「決済トレール」は、トラリピ独自の制度です。

 

これは、為替値が大きく動くときなどに自然に決済利益を増やせる仕組みです。

 

実際の決済状況などは、先日の記事が参考になるかと思います。

 

トラリピ仕掛け「決済トレール」動き出す

 

この記事で設定してある決済トレール注文は、「利益幅30銭」での決済トレール注文です。

 

決済トレール注文の決済までの流れは以下のようになっています。

 

  • 当初設定した30銭の利益幅では決済されない。
  • 50銭まで利益が伸びたときに、30銭で逆指値注文が設定
  • 70銭まで利益が伸びたときに、利益額50銭に逆指値再設定。

 

こんな感じで、当初30銭の利益幅が50銭・70銭・90銭と自動的に伸びていきます。米ドル円が1円くらい一気に上がったときなどは、数本の買いポジションが同時に利益を伸ばしていくため全体の利益額も一気に伸びます。

 

この決済トレール注文も、通常時は片道手数料5銭で「せま割」の対象外のため、高手数料が大きなネックとなります。

 

幸い、2018年6月末までは「手数料無料キャンペーン」を実施中です。

 

トラリピ手数料無料キャンペーン 期間終了後も手数料無料

 

このキャンペーン、期間終了後も当面手数料無料ということなので、それに期待して決済トレールを使った仕掛けを動かしているところです。

 

ここから暫くの間、トラリピ口座運用はこの「決済トレール」を使った仕掛け中心でやっていきます。

リピート系自動売買2018 目次

2018/05/23 08:33
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2100回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック