USDCHF20万両建て スイスフランの誘導水準を再設定の噂により決済

USDCHF20万両建て スイスフランの誘導水準を再設定の噂により決済

1週間ほど、USDCHFでスワップ金利サヤ取りをしておりました。スイスショック後の混乱のせいか、業者間で1万通貨両建てで100円以上のスワップポイント差が開くというちょっと異常な状況が起きていたためです。いつもであれば、こういうおいしい状況は、多くの投資家が狙っているのですぐに解消されるのですが、CHF関連通貨ペアということで数週間続いていました。

 

ただ、再びスイスフランの誘導水準を設定するという噂がでてきたため、スイス・ショックに学ぶ スワップ金利サヤ取り(異業者両建て)新ルールに従い決済した次第です。

USDCHF20万両建て決済

今回のUSDCHF両建ての組み合わせは「買いライブスター証券ー売りDMMFX」です。一時はライブスター証券で買い137円、DMMFX売りで-3円でスワップポイント差134円というときもありました。いつ崩れだすかわからないので、その段階で記事を書くわけにはいかず事後報告となってしまいました。

 

買いライブスター証券決済画面

USDCHF 両建て 2

 

売りDMMFX決済画面

USDCHF 両建て 1

 

表にまとめるとこんな感じになります。

 

 

スワップ累計

為替損益

合計

買い:ライブスター証券

17,040円

580,399円

597,439円

売り:DMMFX

-1,400円

-558,192円

-559,592円

合計

15,640円

22,207円

37,847円

 

保有期間は約1週間です。それでもスワップ累計の売りと買いの差額利益が15,640円で為替差益も含めた合計利益は37,847円となりました。

 

CHF関連通貨ペアは、現在でも1万通貨両建てで40円くらいとれるものもありますが、これから作成するのはおすすめしません。スイスフランの誘導水準再設定となればそれ相応の変動が想定されます。数週間前ほどの激しい状況はおきないだろうと思いますが、ここからの両建てでのポジション保有はおすすめしません。

 

スイス・ショック以後、各通貨ペアのスワップポイントは大きく変動しています。豪ドル・NZドル関連通貨でスワップポイント差が開いているものがいくつかあるため、次はその辺の通貨ペアを狙っていきます。

 

スワップ金利サヤ取り(異業者両建) 主要3通貨ペアの最適組み合わせ

2015/02/05 08:13:05
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック