スイス・ショックに学ぶ スワップ金利サヤ取り(異業者両建て)新ルール

スイス・ショックに学ぶ 

両建てで為替変動リスクをゼロに抑えたスワップ金利サヤ取りの運用は今年も好調です。

 

参考:スワップ金利サヤ取り 運用成績推移

 

1月だけで+136,683円の利益となり、これまでの累計利益は約158万円となりました。今年中に200万円台に乗せられるといいなと思っています。200万円まであと42万円だろ。このペースだったら達成できそうな気はするのですが、どうなるでしょうね。

 

この運用法は損はほとんどしないのですが、日々の利益は少ないので利益を大きくすることを意識しすぎると失敗の元になってしまいかねません。

 

先日のスイス・ショックについてのスワップ金利サヤ取りでの対応についての質問を何件かいただきましたので、後半で私の対応法についてまとめさせていただきました。

スワップ金利サヤ取り(異業者両建て)新ルール

スイス・ショック

先日、スワップ金利サヤ取りでのスイス・ショックへの対応についての質問をいただきました。もしも両建てしている通貨ペアで同様のことが起きると大変なことになりますよね。

 

スワップ金利サヤ取りは、両建てを利用して為替変動リスクをほぼゼロにして利益を出していきます。資金管理ルールとして、ある程度の値の変動でロスカットされたりしないように配慮はしているのですが、先日のスイスフランのように一気に4000pipsも動くと、片方の口座は全ポジションと資金が吹っ飛んでしまうことになります。

 

もう片方の口座では爆益がでるでしょうが、果たしてそれで補えるかどうかは疑問です。

 

もしも、両建てしている通貨ペアでスイス・ショックのようなことが起きてしまえば、そこからの混乱を防ぐ手立ては正直言ってないと思います。

 

それを前提に、私としては以下のルールを追加しました。

 

「ペッグ通貨」及び「準ペッグ通貨」など介入で支えている通貨ペアはスワップ金利サヤ取り対象通貨から外す

 

例えば、中国元や香港ドルなど米ドル円と値動きを連動させているような通貨です。これら独自の値動きではなく、他の通貨に依存させている通貨についてはスワップ金利サヤ取りでの両建て対象から外していくことにします。

 

現在は安定しているペッグ通貨でも、いつ政策の変更があるかわかりません。スワップ金利サヤ取りをできるだけ安全に続けていくためには、こういった将来的に急変動する可能性のある通貨を投資対象からはずすのが良いと思っています。

 

ちなみん、この辺は今までも両建て対象になったことがありません。

 

もともと、ペッグ通貨はFX業者間のスワップポイント差はあまり変動しない傾向にあります。そして、スプレッドも広目のため、両建てをする魅力が少ない傾向にあります。でも、将来的には対象となる通貨ペアもでてくるかもしれないので、このルールを追加した次第です。。

 

当面は為替相場全体が、いろいろと荒れそうです。これに対応するため、当面はいつも以上の余力をもたせながら静かに続けていくつもりです。

 

スワップ金利サヤ取りについての詳細と運用成績は下記ページにてまとめてあります。

 

スワップ金利サヤ取り(異業者両建) ルールと運用成績


2015/02/03 15:18:03
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック