トップへ戻る

サヤ取り業者選定と最近の傾向

サヤ取り業者選定と最近の傾向

スワップ金利サヤ取り運用の中核となる業者選びの基準と最近の傾向についてまとめました。

スワップサヤ取り 最近の傾向

サヤ取り業者選定と最近の傾向 ・・・・スワップ金利サヤ取り 第3回

 

 FX業者のスワップ金利差を利用した運用法、スワップ金利サヤ取りの
スワップ金利サヤ取りを始めて今年で4年目になります。ここまでの成績は以下でもまとめてあります。

 

スワップ金利サヤ取り これまでの成績

 

ちょっとショボいと感じるかもしれませんね。

 

利益額は小さいです。でも、損切りほとんどなしでの数字です。多分、今まで損きりしたのは2回か3回でいずれも数万円程度だったと記憶しています。

 

利益は小さいけれど、で手堅くやっていけるというのは証明してこれていると思っています。

 

平成22年ごろは、大きくスワップ金利差が開いた年で豪ドル円でかなりの利益が出せた年です。ただ、この運用法をやる投資家が増えたせいもあって、その頃から「両建て投資家対策」と思われる不可解なスワップ金利変動もおきるようになっています。

 

「不可解なスワップ金利変動」というのは、売りスワップ金利支払いが突然増えたりする現象のことです。

 

今年も、100円だったのが2週間くらいで150円まで増えたりしたケースがある。為替値や金利情勢にほとんど変化なく、他の業者のスワップ金利が安定しているのに、その業者だけ大きく動くことがありました。

 

断定は出来ないのですが、その業者の売りポジションが急激に膨張していることが原因の一つだと推測されます。

 

両建て人気が高くなると、この現象は起き易いようです。これについての対策などは、リスク編で詳細に書かせて頂きます。

FX業者の選定

スワップ金利サヤ取りでは、「買いポジション」と「売りポジション」で別々のFX業者を使います。それぞれ以下の基準で業者選定を行います。

 

買いポジション用FX業者

 

買いポジションでスワップ金利を大きく受け取れるFX業者を使う。

 

売りポジション用FX業者

 

売りポジションでスワップ金利支払いの少ないFX業者を使う。

 

単純ですよね。

 

共通事項として、スプレッドにも注意が必要です。

 

実は、豪ドルではそれほど業者スプレッドを意識する必要はありません。FX業者さんの激しい競争のお陰で、FX人気通貨でもある豪ドルスプレッドは業者間の差が小さいためです。

 

でも、南アフリカランドは、業者によってスプレッドが大きく異なります。例えば、最狭水準と思われるくりっく365は、日中以降のスプレッドは0.5〜1.5銭前後まで縮小します。これに対して、5〜12.5銭というスプレッドを提供する業者さんもいます。

 

私の2013年現在の基準としては、南アフリカランドスプレッドは3銭以内のところに絞っています。

 

私が、定期的に更新している南アフリカランドスワップ金利比較は、この基準に合う業者さんだけを選んで比較しています。

 

南アフリカランドスワップ金利比較

 

SBIFXトレードもがんばっています。SBIFXトレードはスワップ金利も高い傾向にあるので、将来的には使う可能性はあります。

 

もうちょっとだけスワップ金利があがってくれると最有力候補になるんですけどね。

 

この表で選ぶと「買いポジション」と「売りポジション」は以下の組合せになります。

 

 

大証FXに関しては、「手数料があるので不利」と思い込んでいる方もかなりいるようですが、南アフリカランド売買に関しては事情が違ってきます。

 

例えば、マネックス証券の大証FX手数料は1枚=10万ランドで片道147円です。往復294円ですが、これは南アフリカランドスプレッドに換算すると約0.3銭となります。

 

大証FXのスプレッドは、1〜2銭が中心ですので、0.3銭を考慮しても最狭水準グループの地位には影響ありません。

 

そして、大証FXでは売買の板をみることが出来るというメリットもあります。その時点での投資家の注文数量と指値状況をみることが出来るため相場の勢いをチェックするのに役立ちます。

 

この板は指値注文を入れるときなどに便利です。

 

例えば、買い注文を出したいときに売り注文の数量が多いときは、売り圧力が高いときですので、いつもより1銭くらい下で指値を入れたりという感じで使っています。

 

ここ数年、南アフリカランド両建てでは大証FXが高スワップ金利を提供し続けています。今後もこの南アフリカランド両建の買いポジション用口座としては大証FXは有力候補として外せないだろうと思っています。

スワップ金利サヤ取り 目次

FX業者のスワップ金利差を利用した運用法、スワップ金利サヤ取りの連載です。為替リスクほぼゼロで利益を出していくのがこの運用法の長所です。2つのFX業者を使って行う運用法で、現在の通貨ペア別の最適組合せは以下を参考にされてください。

 

スワップ金利サヤ取り 現在の最適業者

 

確実性が高い分だけ、利益率は低くなるのですが、安全重視の運用をしたい方に合います。ただ安全性確保には基本事項を守っていく必要があります。まずは、以下の記事で基本事項の確認ができます。

 

2013/06/24 10:51
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック