異業者両建取引はなぜ為替変動リスクほぼゼロなのかまとめ

異業者両建取引はなぜなのかまとめ

理屈はすぐにご理解いただけると思います。最初はとても不思議な感じがするんですよね。でも、慣れるととても気楽なのです。異業者両建取引はここではスワップ金利サヤ取りと呼んでおります。

 

為替リスクほぼゼロの仕組みの復習

最近メルマガ相場生活入門読者になられた方で、このスワップ金利サヤ取りの為替リスクほぼゼロの仕組みに疑問を持たれている方も多いようです。今回はその仕組みについて書かせていただきます。

 

豪ドル円を参考事例としてやってみます。FX業者は、前回紹介した2社を使います。

 

前回記事:今豪ドル両建てならこの組合

 

実際にはこんな感じになります。

 

買い:YJFX!

スワップ受取 +66円

売り:DMM FX

売スワップ金利 −50円;

スワップ金利差

16円

 

この2社で豪ドル円ポジションをそれぞれつくります。便宜上82.00円で2社とも同値で作成できたとしましょう。この時点での為替損益はゼロ円です。ポジションは10万通貨とします。

 

  • 10万豪ドル円買いポジション 92.00円
  • 10万豪ドル円売りポジション 92.00円
  • 為替損益 0円

 

*実際にはスプレッドがあるので全く同じ値にはなかなかなりません。

 

このまま為替相場が全く動かずスワップ金利も変化しないとすると10万通貨あたり毎日160円の利益が発生することになります。でも、為替が全く動かないということはありません。通常通り為替が動いた場合は、以下のように損益が推移します。

 

豪ドル円10円下落のケース

この状況で豪ドル円が92円から10円下落したとします。そうなると当然買いポジションでは大きな含み損が発生します。逆に、売りポジションでは大きな含み益となります。

 

各ポジションは以下のようになります。

 

  • 買いポジション含み損 ー100万円
  • 売りポジション含み益 +100万円
  • 為替損益 0円

 

買いポジションで大きな含み損がでても売りポジションで含み益が増えるので全体の損益には影響はありません。そして、2社のスワップ金利に変化がない限りスワップ金利差である毎日160円の利益は発生し続けることになります。

 

豪ドル円10円上昇のケース

今度は逆に豪ドル円が10円上昇したケースを考えて見ましょう。この場合、買いポジションでは大きな含み益となりますが売りポジションでは大きな含み損となります。

 

つまり、各ポジションは以下のようになります。

 

  • 買いポジション含み損 +100万円
  • 売りポジション含み益 ー100万円
  • 為替損益 0円

 

先ほどの10円下落の場合と同様、この上昇のケースでも為替損益は増えも減りもしません。そして、2社のスワップ金利に変化がない限りスワップ金利差である毎日160円の利益は発生し続けることになります。

 

為替値の影響を受けない

上げても下げても為替損益には変動なく、スワップ金利差である160円の利益が毎日発生していきます。

 

最初はちょっと不思議な感じがするかもしれませんが、慣れてしまうと気楽にできます。実際、私は昨年7月に作ったポジションを現在も保有中です。現在、500万円くらいの証拠金で南アフリカランド円を100万通貨両建中です。これで毎月2〜2.5万円くらいずつ利益が増えている状況です。

スワップ金利サヤ取り 2014 目次

2014/03/15 10:08:15
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック