トップへ戻る

FXオプション「売り」の魔力

FXオプション「売り」の魔力

前回は「オプション買いの魅力」についてまとめました。今回は「売り」の特徴についてです。

FXオプション「売り」の種類と特徴

「売り」には、「コール・オプションの売り」と「プット・オプションの売り」があります。

 

  • コール・オプション売り:下げ相場で利益となるポジション
  • プット・オプション売り:上げ相場で利益となるポジション

 

「買い」と同様、「売り」でも上げ相場・下げ相場ともに利益を狙えるポジションを取れます。「買い」とは、その利益の取り方が違ってきます。「売り」の特徴も3つあります。

 

  • リスク無限大(FXよりはリスク少し低い)
  • 利益限定
  • 勝ち易い仕掛けが多い

 

FXオプションの「売り」はリスク無限大というのが大きな特徴です。

 

無限大という言葉だけで「どれだけ大損するんだ」と底知れぬ恐怖心のようなものを感じるかもしれません。

 

現実には、FX経験者であれば恐怖心を感じるというほどのものえはありません。

 

これは、自分で計算してみるとわかります。

 

仮にプレミアム0.5の米ドル円コール・オプション売りポジションを10万通貨保有したとしましょう。そのプレミアム代金は以下のようになります。

 

  • 0.5×10万通貨=5万円

 

この計算式、前回の「買い」のときと同じです。「買い」のときはこの5万円を支払う側でしたが、「売り」のときはこの5万円を受け取る側になります。

 

「5万円受け取って、その後のリスクを負う」

 

これが「売り方」のリスクの中身です。

 

ちなみに、この5万円が利益上限となります。この後、米ドル円がどれだけ下げても利益が5万円を超えることはありません。

 

コール・オプション売りは「下げ相場で利益」となるポジションです。「上げ相場」では損失となります。

 

仮に、この後米ドル円が上昇して権利行使価格よりも5円程度高くなったとしましょう。そうなると、プレミアム値も理論的には5以上となります。

 

5まで上昇すると、コール・オプション売りの損失は以下のような感じになります。

 

  • (5ー0.5)×10万通貨=45万円の損失

 

プレミアム0.5で売ったポジションが5に上昇したのでその差額分が損失となります。

 

これが、FXオプション教科書で「リスク無限大」と書かれている中身です。

 

冷静にみればFXと同等なので、FXのリスクに慣れている方であれば無暗に怖がる必要はありません。

 

そして、既にお気づきかもしれませんが、現実にはこのリスクFXよりは低くなります。

 

FXとFXオプションで利益出方法比較

 

この記事では、下げ相場で利益を出せるFXポジション1つとFXオプションポジション2種類の合計3種類を比較しています。

 

比較表のなかで損失となる水準も入れてあるのですが、3つの中でFXが最も大きな損失を受ける可能性があることが確認できるはずです。

 

「利益が限定」されて「損失は大きくでるかもしれない」というのが「売り」のリスクとリターンの特徴です。これだけ見れば、「売りなんて魅力ない」と思ってしまいます。

 

でも、オプションを使い慣れている人ほどポジションは「売り中心」となります。

 

このカラクリは、最後の特徴にあります。

 

  • 「勝ち易い仕掛けが多い」

 

FXの「買い」と「売り」で勝てるかどうかの単純な確率は約50%です。FXオプションでは、この確率を大きく動かすことができます。

 

「米ドル円110円で権利行使価格113円のコール・オプション売り」

 

こういうポジションが普通にとれるからです。

 

113円のコール・オプション売りということは、期日に113円以下であればプレミアム代金を全額利益として受け取れるというポジションです。

 

これ、確率的に勝ち易いですよね。

 

このポジション、米ドル円が現在値近辺で往来を続ければ勝ちです。

 

仮に米ドル円が上昇しても3円上げまでの余裕があります。

 

やってみるとわかりますが、かなりの確率で「売り」は勝てます。私の売買記録を「買い」と「売り」でまとめた記事もご覧ください。

 

FXオプション2か月 「買い」と「売り」の勝率などまとめ

 

「売り」が勝ち易いという傾向がはっきりとでています。私の使い方がちょっと極端なところもあるのですが、おそらくほとんどの方が「売りの方が勝率が良い」という形になるはずです。

「売り」の使い方

  • 単独で使うなら「損きりルール」必須
  • FXとの合成ポジションがおすすめ

 

FXオプションで失敗した事例のほぼ100%が「売り」であることは既に書きました。FXと同等以下とはいえ、このリスクを甘く見ることはできません。

 

なので、単独でFXオプション「売り」を仕掛けるのであれば、損きりルール設定は必須とお考え下さい。

 

こうしておかないと、相場が想定外の動きを始めたときに大惨事が起きかねません。。

 

「損きり」なしでFXオプションを使うのであれば、「売り」はしないで「買い」に専念した方が良いです。

 

私が、おすすめしたいのは「保有FXポジションとの合成ポジション」です。

 

例えば、豪ドル円の買いポジションを80円で20万通貨保有しているとします。

 

利益確定目標値が100円前後でそれまでは売る予定がないという方針で長期保有中だとしましょう。

 

ところが、豪ドル円90円くらいで利益確定目標値に届かずにそろそろ「下げ転換」しそうになってきました。

 

このまま見ていれば、そのまま豪ドル円はそのまま下げていって、スワップポイントを受取ながら次の上げ相場を待つというだけで終わります。

 

こういう時に、「豪ドル円コール・オプション売り20万通貨」を入れてみます。このプレミアムが仮に0.5であれば、0.5×20万通貨=10万円を利益として受け取れます。

 

FXポジションは、そのままですので、下げた後に再び上昇期となればスワップポイントも貯まり利益も貯まり始めるといういつもの展開になります。

 

無論、「下げると思ったけれど、現実にはそのまま上昇した」ということもあるでしょう。その場合は、コール・オプション売りポジションは含み損を負う可能性があります。

 

でも、FXの豪ドル円買いポジションは上昇により利益が膨らんでいます。

 

FXとFXオプションの合計損益で見れば、想定外の上げ相場となっても損失が膨らむような事態は避けられます。

 

この使い方は、「カバード・コール」と呼ばれています。

 

いずれ詳しく書かせて頂きますが、FX+FXオプションという使い方をすることでストレスを減らした運用体制を確立していくこともできます。

 

FX+FXオプションの合成ポジションは、主要な戦略とされているものだけでも相当あります。

 

全部試すことは出来ないので「有効そうな」ものを中心に試しているところです。私が試した戦略のやり方などは、今後も記事にまとめていく予定です。

FXオプション攻略 2018年版 目次

2018/07/30 07:33
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2100回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック