トップへ戻る

為替相場 長期堤相場で使える「カバプー戦略」

為替相場 長期堤相場で使える「カバプー戦略」

FXオプションを使って下げ相場期に有効に使える戦略をご紹介します。その名も「カバプー戦略」です。

コンビネーション戦略

FXオプションは、まず「今後の相場の想定」をしてから仕掛けを考えます。当初の想定から相場が動き出したら仕掛けも変化させてていくのが理想的な形です。変化の仕方を予め想定して練っておくのが「コンビネーション戦略」です。

 

今回は、「軽い下げ⇒大きな下げ相場」へと変化してきたときのコンビネーション戦略をご紹介します。

 

最初から「大きな下げ相場」とわかっていればよいのですが、そういうことはリアル運用ではできません。

 

下げ相場初期は、その下げの底がどれくらいなのか的確に推測することはできないのが普通だからです。

 

ただ、「変化のパターン」はある程度決まったものがあります。そのお決まりのパターンの中で、買いポジション長期保有者にとって恐怖となるのが「軽い下げからの大きな下げ」です。

 

こういう恐怖を感じるような「お決まりのパターン」となってもストレス少なく乗り切っていくためにFXオプションを活用していくというのが、このコンビネーション「カバプー戦略」の趣旨です。

 

具体的にはこんなことをします。

 

「カバードコール⇒プット」のコンビネーション戦略

 

カバードコールからットオプション買いへ転換していきます。

 

2つのオプションの頭文字を取って「カバプー戦略」です。

 

このコンビネーション戦略は、2段階で行います。

 

第一形態

 

下げ相場初期に「カバードコール」を仕掛ける。FXの買いポジションは保有したままでコールオプション「売り」ポジションを作ります。

 

第二形態

 

下げ相場が激しくなってきた、あるいは激しくなりそうだと感じたときに「カバードコール」を途中決済で利益確定します。

 

その利益金の範囲内で「プットオプション買い」を購入します。

 

これによって、FXオプションポジションを「コールオプション売り」⇒「プットオプション買い」に変更したことになります。

 

FX口座の買いポジションはそのままです。

 

 

 

スワップ投資用の買いポジションを保有している方のリスクヘッジを想定しています。

 

スワップ投資をしている方は、低レバレッジで運用している方がほとんどですので、5円程度の浅めの下げではビクともしない方が多く、何もしない方が相当数います。

 

カバプー戦略を使えば、こういう浅目の下げで終わりそうなときでも、「カバードコール」利益を上乗せ利益として受け取れるようになります。

 

下げが激しくなってきて、10円以上となってきそうなときに「プットオプション買い」に転換していきます。

 

これで、ここから深い下げがあっても利益を追いかける体制が出来上がります。こうしておけば、例え20円クラスの大きな下げとなって手持ちFXポジションが大きな含み損となっても、プットオプション買いの利益が支えとなってくれます。

 

このコンビネーション「カバプー戦略」の損益パターンは大きく分けて5つあります。

カバプー戦略 5つの損益パターン

「下げる」という想定で仕掛けるのが「カバプー戦略」ですが。その後の相場展開が思い通りにいかないことも当然あります。

 

「上げた場合」と「下げた場合」で、カバプー戦略の収支がどのようになっていくのかをまとめてみます。

 

上げた場合

 

パターン1:大きく上昇

 

FX利益+FXオプション損失で損益相殺されます。FX+FXオプションの合計損益としてはマイナスにはならないものの、「何もしないでFXポジション持っていれば利益だった」という気持ちになりやすいのがこのパターンです。

 

この形が受け入れがたい方は、カバプー戦略は使わないほうが良いです。

 

パターン2:ほどほどの上昇

 

FX利益+FXオプション利益でおいしい状況。想定とは違ってあげた場合でも利益にもっていくこともできます。

 

それくらいの上げまでを利益の出る範囲とするかは、権利行使価格などで調整していきます。

 

想定に反して上げ相場となった場合、手持ちFXポジションは利益となりますが、下げ相場を狙ったFXオプションポジションが、損失になることもあります。

 

カバードコールを現在値から少し離れた値で仕掛ければ、浅い上げならパターン2のように双方利益ということもできます。

 

想定通りの下げ相場突入となったときが、本領発揮のときです。

 

状況に応じて、第一形態⇒第二形態と仕掛けていきます。

 

下げた場合

 

パターン3:第一形態で終了

 

下げ相場が浅かった場合です。カバードコール利益受取で終了となります。

 

パターン4:第二形態仕掛けまでいくも不発に終わる

 

下げが深いと判断して、第一形態の利益確定をして第二形態を仕掛けたものの、それ以上の大きな下げが無かったときです。

 

この場合、「カバードコールの利益ープットオプション損失」となり、カバプー戦略での収支上はトントンとなります。

 

パターン5:第二形態もヒット

 

下げが深いと判断して第二形態を仕掛け、目論見通りに下げたときです。

 

この場合、「カバードコール利益+プットオプション利益」となり、かなりの利益上乗せが期待できます。

 

下げ相場では、手持ちFXポジションは相応の含み損となっていると想定されます。

 

カバプー戦略は、いつもだったら手持ちポジションは下げ相場期は何も上げ転換まで待つという方向けのものです。

 

スワップ投資用の買いポジションを保有したまま何もしなければ、損失もなければ利益もありません。いつものようにスワップポイントが蓄積していくのを待つだけです。

 

この局面で今回のようなポジション操作が出来れば、メリットは大きいです。

 

手持ちポジションはこれまで通りですが、下げ相場期に利益上乗せをする形が作れます。

FX運用安定の効能

カバプー戦略は、カバードコールの利益を元にプットオプション買いへと転換していくものです、限られた予算の範囲内ですので、買いポジションを全てカバーするのはちょっと難しいかもしれません。

 

それでも、この戦略には価値があります。

 

スワップ投資をするFX投資家のほとんどが、これまでの下げ相場では低レバレッジにしておいて「我慢」をし続けて相場転換期を待つだけでした。

 

この「何もしないという状況」は、手間はかからないとはいえ相場変動次第では相当のストレスを感じるときもあります。

 

FXオプションを使えば、下げ相場での衝撃を和らげてくれるだけでなく、うまくいけば利益の上乗せ機会にもできます。

 

このカバプー戦略は、私の思いついたコンビネーション戦略ですが、他にもいろんな使い方ができます。

 

FXオプション口座を開設したら、是非独自のコンビネーション戦略の研究もしてみてください。この研究もFXオプションの楽しみの一つです。

FXオプション攻略 2018年版 目次

2018/10/15 08:48
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2100回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック