トップへ戻る

オプション取引終了理由とFXオプション25年ぶり再開理由

オプション取引終了理由とFXオプション25年ぶり再開理由

前回、「暗黒時代に見えた希望」 FXオプション攻略2018版でオプション取引に希望を見出したところまで書きました。このお蔭で、かけだし証券マンにも拘わらず、私はお客様を通じてオプション取引研究に取り組むことができました。

 

その続きです。

中小証券だかから出来たオプション取引研究

既に、1年上の先輩証券マンで既にオプション主力のお客様を持つ方もいました。

 

当時、こういう新規金融商品を入社して日の浅い証券マンが扱うというのは、大手証券では考えられないことでした。

 

大手証券では、現場に出るととともに「投資信託販売ノルマ」に追われてしまうため、株式やデリバティブや投資手法の研究をする時間や余裕はほとんどありません。

 

しかしながら、私の勤めた中小証券会社は、投資信託のノルマがなかったというのもあり、投資商品そのものの研究をする余裕がありました。

 

これ以外に、中小証券ならではのメリットもあります。

 

中小証券はオプションや先物などのデリバティブを手軽に始められる条件が揃っていたのです。

 

オプション開始条件が大手証券と中小証券では全く違うからです。

 

大手証券ではオプション取引するには最初に2000万円くらいの証拠金が必要でした。口座開設審査も厳しく「信用取引経験が1年以上」などの制約もありました。

 

でも、私の証券会社は300万円と比較的少額で出来ました。審査も「信用取引などの仕組みがわかっていれば大丈夫」という程度です。

 

こんな具合なので、新しもの好きのお客様の中には「試しにやってみようか」というお客様も結構いたのです。

 

私も、試験合格してから1口座開けて頂きました。

 

そのお蔭で、そこから数ヶ月お客様と一緒に勉強することができました。

 

このお客様のお蔭で、オプションの仕組みはよくわかりました。

 

利益の出し方もよくわかりました。

 

損失の出し方もよくわかりました。

 

その結果、オプション取引の現実もおぼろげながら理解できたのです。

 

オプション取引の現実とは、結論から書けば「魔法の杖なんてない!」ってことです。

 

確かに、オプション取引は仕掛け方次第で「儲かり易い環境」を持つことは出来ます。

 

これは事実です。

 

そしてリスクを限定させて大きな勝負をすることも出来ます。

 

これも事実です。

 

それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

使い方を工夫していくことで、とても有利な使い方が出来るという投資商品ではあります。

 

でも、単純に何も考えずに「買いポジション保有するだけで儲かる」的なものではありません。それが、よくわかりました。。

 

そりゃあそうですよね。

 

誰でも儲かる投資商品というのは、成立しません。儲かっている人と損している人が五分五分、あるいは手数料分だけ損している人の方が多いという図式でなければ投資商品は成立しません。

 

昨年の仮想通貨のように一時的に「買えば儲かる」的な状況が発生することはあります。でも、永遠につづくことはありません。

 

数ヶ月売買して、オプションもそういう投資商品だということに気づかされたのです。

 

しかも、当時はオプション売買で投資家が負担する手数料も高かった。

 

ネット証券もない時代で株式手数料が1%という時代です。正確には覚えていないのですが、オプション手数料はその数倍の3〜5%はあったと思います。

 

総合的にみて、「信用取引を普通にやっていた方がまだ儲かるかも」という感じさえありました。

 

なので、数ヶ月でオプション取引は撤退となったのです。

 

暴落相場で、現物株を保有したままという方も多かったのでオプションで下げ相場で利益を取るポジションを取るという使い方もあったのですが、それを実行には移せませんでした。

 

「そんな気の長いこと出来ないよ」

 

お客様のそんな一言で、私の提案は一蹴されてしまったのです。

 

あれから25年以上の月日が流れました。

 

2018年の2月ごろに、今取引しているFXオプションと出会いました。

 

このオプション取引「手数料無料」なんです。

 

当時のオプション取引の大きな課題であった「高手数料」に悩むことはありません。

 

さらにですよ。

 

取扱い通貨ペア42もあります。

 

当時は「日経225」と「TOPIX」しかありませんでした。今回のオプションは、米ドル円などからランド・リラまで一通りの通貨ペアが揃っています。

 

この内容なら、是非やってみたいし、私以外の多くの投資家にも有効かもしれない。

 

こんな背景と理由から、私は25年以上ぶりにオプション取引に本腰を入れ始めました。

オプションはFXでも有効だった

2月から始めたFXオプションも、早4か月が経過しようとしています。この間、FXオプションならではのいろんな取引を一通り試してきました。

 

それによって多くの収穫がありました。

 

「FXオプションは、多くのFX投資家にとって有効」

 

FXオプションだけでも有効なのですが、FXと併せることで更に有効な使い方ができます。

 

今回の連載では、FXオプションの仕組みからFXオプションの使い方・戦力などをまとめていくつもりです。

FXオプション攻略 2018年版 目次

2018/06/27 08:22
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2100回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック