トップへ戻る

FXオプション そのほかの基礎知識

FXオプション そのほかの基礎知識

前回まで、無税枠の範囲内でやるFXオプション運用について書かせていただきました。今回は、他の注意事項について書かせていただきます。

注文は成行注文のみ。指値注文は要望提出中

FXオプションの注文方法は、成行注文のみです。指値注文や逆指値注文など、FXでお馴染みの注文方法はありません。

 

ここは、是非とも実現して頂きたいところです。

 

FXオプションは、権利行使価格によっては、FX以上の大きな値動きをします。

 

買いポジションなどは、一晩で2〜3倍に暴騰することなどもよくあります。

 

「指値注文を2倍のところで入れておけば、入るかもしれませんよね」

 

FXオプション「買い」は、「荒れ相場」や「短時間の急上昇・旧下落」などで暴騰しやすいところがあります。

 

特に狙いたいのが「短時間の急上昇・旧下落」です。ボラティリティ急上昇とともにプレミアムも上昇するからです。

 

プレミアム上昇=FXオプション「買い」の収益チャンスですので、「短時間の急上昇・急下落」は、是非とも狙いたいところです。

 

ボラティリティは、短時間で急変動するため深夜NY時間に大きく上昇したのに、東京時間では元に戻っているなんてことはよくあることです。

 

急上昇している時間は、数秒〜数分ということだってあります。その時に利益確定する手段が欲しいですよね。

 

その反面、プレミアムは長く保有していけば下がりやすいという宿命も持っています。

 

多くの方は、四六時中為替ボードをみている訳にはいきません。

 

「買いポジション」保有者は、自分が相場をみていられないときの一時的な暴騰対策として「指値注文」の有効性は高いと感じています。

 

ここは、是非とも実現していただきたいところです。

 

私は、電話・セミナーなどで「指値注文」実現をサクソバンク証券さんにお願いし続けています。

 

口座開設された方は、私同様の不便を感じるはずです。システム的にできない理由はない気がするので、ここは皆さんからもどんどん要望を出して頂きたいです。

 

こういうシステム改善の一番の刺激策は「ライバル」の登場なんですよね。他にもFXオプション開始する業者があれば、指値注文など注文方法の増加などは自然に実現するだろうとみています。

プレミアムスプレッドは通貨ペアによってかなり差がある。

見過ごされがちなのですが、FXオプションで売買するプレミアムにもスプレッドがあります。

 

そのスプレッドには、明確な傾向がいくつかあります。

 

  • 米ドル円・AUDUSDなど狭い
  • ボラティリティが上昇すると拡がりやすい。
  • 高金利通貨などは広目の傾向

 

FXオプションの呼び方にFXで使っている「pips」などは今のところ無さそうなので、ここでは数字は出さずに書かせていただきます。

 

米ドル円・AUDUSD・EURUSDなどが、買いと売りの差が狭いのです。特に、ドル絡み・ユーロ絡みの通貨で狭い傾向があります。

 

相場急変などでボラティリティが上昇すると、スプレッドが拡がりやすいです。

 

これも通貨ペアによって差があって、メジャー通貨の米ドル円などは、少々の荒れ相場でもスプレッドは通常通りなのですが、USDZAR・USDTRYは、「あれ?」と思うくらい拡がっているときもあります。

 

そして、高金利系通貨ペアは基本的にスプレッド広目です。

FXオプション用語集

FXオプションのプレミアム表をみると出ている専門用語についても簡単に書かせていただきます。

 

デルタ

 

原資産価格の変化に対するオプション価値の変動値、インザマネー(コールの場合原資産価格が権利行使価格を上回る、プットの場合原資産価格が権利行使価格を下回る)で満期を迎える確率

 

ガンマ

 

原資産価格の変化に対するデルタの変動値

 

セータ

 

一日あたりのオプション価値の減価値

 

ベガ

 

ボラティリティの変化に対するオプション価値の変動値

 

サクゾバンク証券公式ページでの記述をそのまま抜き出してきました。

 

人によっては、これらの数値を細かく分析して売買に活用していく方もいるかもしれません。。

 

この中で一番みているのは、「ベガ」です。

 

そのプレミアム値が、ボラティリティの影響をどれくらい受けているかという数値です。相場変動が激しくなればなるほど、この数値は上がります。

 

  • 米ドル円などメジャー通貨で通常 5〜7%くらい
  • ランド・トルコリラなど高金利通貨は常時高目
  • 大きく変動する時期は、205超になることもある。

 

参考までに、2018年8月28日の現在値近辺のFXオプション・プレミアムのベガ値は以下のようになっています。

 

  • USDJPY   7.62%
  • EURUSD   9.95%
  • AUDUSD  12.50%
  • USDZAR  20.89%
  • USDTRY 100.14%

 

USDTRYの100%超え、凄いですね。1カ月前は5%台の通貨ペアもあったのですが、現在は見当たりません。

 

トルコリラショックなどを機に、相場が大変動期に入りそうな兆候があるのを警戒してベガ値が上昇しているのかもしれませんね。

 

これ以外の数値は、軽く見る程度です。

 

今後、使い込んでいく中で有効な活用法などを思いつくかもしれません。

 

その際は、別途記事にまとめさせていただきます。

FXオプション攻略 2018年版 目次

2018/08/30 08:28
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2100回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック