トップへ戻る

malomaとQuickShift活躍 スイス・ショックの損失を完全に埋めるまであと一歩

malomaとQuickShift活躍により復調傾向

セントラルミラートレーダー2015年5月の成績をまとめました。malomaとQuickShiftが大活躍してくれたおかげで月間収支は大幅なプラスとなっています。ミラートレーダー口座でのスイス・ショックの損失を完全に埋めるまであと一歩になりました。

malomaとQuickShift好調 Brain Scal_絶不調

maloma QuickShift

 

月間トータルでは+210,549円です。ストラテジー別では以下のようになっています。

 

ストラテジー名

収支

Brain Scal_

-123,610

maloma

92,671

QuickShift

230,373

tagosaku_

10,665

 

ストラテジーによって明暗がはっきりととわかれています。malomaとQuickShiftは好調だったのですが、Brain Scal_が絶不調で足を引っ張り続けています。Brain Scal_は現在11連敗中で、提供開始以降の最大ドローダウンを更新中という最悪の状況にあります。これまでが調子が良すぎたのでしょうね。11連敗したことでPF(プロフィットファクター)が1.31まで下がり、QuickShiftと同レベルの水準となりました。

 

QuickShiftは、長期稼働させることで安定した成績を出してくれる優秀なストラテジーです。このストラテジー以上の好成績のストラテジーは「非常に優秀なストラテジー」なのか「特定期間非常に好調だった」のかのどちらかということなのかもしれません。

 

今後のストラテジー探しの一つの目安にもできそうな気がしました。

 

Brain Scal_については、取りあえず連敗が終了してからの調子を見るつもりです。永遠に連敗が続くことはないので、いずれ終わるはずです。問題は、その後の売買がある程度の利益水準を維持できるかどうかです。PFで1.1〜2前後の利益を残してくれそうであれば稼働継続します。その判断には最低3か月は見るつもりでいます。ただ、連敗が続くストラテジーは突然提供自体が終了することがあるので、その時は諦めるしかないですけどね。

 

5月末にストラテジーの見直しをしています。「QuickShift GBPAUD」と「QuickShift NZDJPY」を稼働停止させて「Pminvestcapital EURGBP」を5Kで新規稼働させました。今回の見直しは、ストラテジーの偏りの見直しです。QuickShift系は2ストラテジーだけにしてみました。参考:ミラートレーダー 稼働ストラテジー一覧

 

吉とでるか凶とでるか、見守っていきます。

 

セントラルミラートレーダー詳細と運用状況

 

2015/06/01 08:30
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック