トップへ戻る

円高ドル安だからこその米ドル買い これ以上日本円資産を減らされてたまるものか

円高ドル安のチャンスを活かして米ドル買い増し

久々の円高ドル安相場が到来してきているので、米ドルを買い増ししています。将来的には米ドル現金に外貨両替する可能性もある日本円資産防衛ようの買いポジションです。株券でFXができるマネーパートナーズ口座にて買っております。

これ以上日本円資産を減らされてたまるものか

円高 米ドル買い

 

今回購入したのは5万米ドルです。これで、これまでの分を含めるとマネーパートナーズ口座での合計ポジションは20万米ドル円買いポジションとになります。もう少し買う予定でいます。ただ、急ぎはしません。円高ドル安傾向到来といっても、当面円高ドル安が更に進む可能性も充分にあります。その可能性も考慮してゆっくりと買っていきます。

 

長期的には円安ドル高傾向という見通しに変化はありません。

 

円安が進めば、通貨安と国内物価上昇によち日本円資産はどんどん減価していくことになります。それを防ぐには日本円資産と同等以上の米ドル買いポジションを保有するのが庶民のできる大きな防衛策だと思っています。

 

ここ1年でも、随分日本円資産は減っているんですよね。具体的に数字で計算するとちょっと焦ったりもします。

 

ちょっと前に1米ドル=100円の時代、日本円で200万米ドル持っている米国人と2億円持っている日本人は同額の資産を持っているのと同じでした。2億円=200万米ドルでしたよね。

 

でも、1米ドル=120円となってみると、2億円=166万米ドルにしかなりません。これは、約34万米ドル=4000万円相当の資産が減ったのと同じ状態なんですよね。

 

円安となれば日本人は何もせずとも資産が相対的に減っていきます。

 

これ米国人だからピンとこないかもしれませんが、近隣の中国人に置き換えるとその影響がわかりやすいかもしれません。

 

中国元は米ドルと連動しているので、中国で2億円相当もっていた方は同じように何もしなくても日本人よりも相対的に4000万円相当の資産差がでている状況となります。黙っていても、中国の方はお金持ちになり日本人はお金が減っていく。しかも、その流れが今後も続いていく訳です。

 

自国通貨が長期的に減価していくというのは本当に恐ろしいと感じます。

 

お金持ちになったその中国のお金は、日本や米国など世界の不動産を買うのに使われたりすることになります。

 

でも、仮にここで当時2億円もっていた日本人が200万米ドルの買いポジションを持ち続けていればどうなるでしょう。1米ドル=100円が120円になれば、その買いポジションは4000万円の含み益がでます。税金のことさえ考えなければ、日本円の資産価値を守る効果があることになります。

 

FXをやっている人は自分を守る方法を知っている訳ですので、自分の資産を守る対策だけはしっかりとやっておきたいものです。

 

とはいえ、短期的にはちょっと深めの円高はあるはずです。闇雲に買いポジションを増やしていけば苦しい思いをします。その辺を考慮しながら、ゆっくりと円高ドル安期を好機と捉えた米ドル買いを続けていくつもりです。

 

早く、日本に復活の芽が出て欲しいと願っています。

 

代用有価証券でFX マネーパートナーズ運用記録

2015/01/15 14:33
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック