トルコリラ円(TRYJPY)スワップポイント比較2015

トルコリラ円(TRYJPY)スワップポイント比較 2015

トルコリラ円のスワップポイント比較です。定期的に比較していくことで本当にスワップポイントの高い業者を探すときの参考になればと思って作成しております。

 

スワップポイント比較は以下ページで定期更新中です。

トルコリラ円(TRYJPY)スワップポイント比較

12月30日 トルコリラ円大変動

 

今回のトルコリラ円スワッツプポイントは久々に大変動しています。買いスワップポイントでは、各業者がスワップポイントを引き下げるなかヒロセ通商のみが現状維持を続けています。一方、売りスワップポイントはマネースクウェアジャパンがー90円まで大幅に下げてきております。ヒロセ通商とのスワップポイント差も25円まで拡大しているため、久々にトルコリラ円でスワップ金利サヤ取り(異業者両建)が狙えそうな状況にもなってきています。

 

今後の動向次第では、私も両建て参戦するかもしれません。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

104円

−104円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

111円

−118円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

69円

−112円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

107円

−108円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

70

−90円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

108円

−116円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:12月30日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

h4>12月15日 ヒロセ通商 安定度断トツ

 

今回1位となったのは固定スワップポイント115円維持中のヒロセ通商です。キャンペーンとして115円を維持したままのため、断トツの安定度があります。くりっく365が時折120円台などを提示するのですが、今回のようにガクンと下がったりするなど安定度は今一つなのを考慮すると、ヒロセ通商の努力が光ります。

 

ヒロセ通商は、トルコリラ円スプレッドも1位なんですよね。大したものです。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

107円

−107円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

111円

−118円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

68円

−110円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

107円

−114円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

90

−110円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

112円

−120円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:12月15日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

12月8日 3強時代継続

 

外為どっとコム・くりっく365・ヒロセ通商の3強が今回も僅差で争っています。この流れが、一段のスワップポイント高に繋がって欲しいと淡い期待を抱いております。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

114円

−114円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

116円

−123円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

71円

−115円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

110円

−117円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

90

−110円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

112円

−120円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:12月8日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

12月1日 3強の争い

 

くりっく365が、僅差の一位となっております。ただ、くりっく365のスワップポイントはトルコリラ円の為替レート水準で大きく変動する傾向にあります。それに対して、ヒロセ通商は固定スワップポイントという特徴があるため、トルコリラ円下落局面ではヒロセ通商の方がスワップポイントが高くなることになります。

 

スワップ投資で買いポジション用口座に使うのをどちらにするかはちょっと悩むところですね。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

119円

−119円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

115円

−122円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

71円

−115円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

110円

−117円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

90

−110円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

112円

−120円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:12月1日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

11月17日 久々の120円台

 

トルコリラ円の買いスワップポイントが久々に120円台に乗せてきています。今のとことくりっく365だけが122円ということで120円台なのですが、これに刺激を受けて他口座でも一段と上昇してくれるといいですねぇ。今後が楽しみです。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

122円

−122円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

116円

−123円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

71円

−114円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

112円

−119円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

89

−109円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

112円

−120円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:11月17日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

11月11日 くりっく365独走

 

今回は、くりっく365が単独1位となっています。トルコリラ円レートが高くなればスワップポイントも全体的に高くなるのですが、くりっく365はその変化が反映し易い傾向にあります。今後もトルコリラ円レートが堅調に推移するようであればくりっく365優位の状況はつづくかもしれません。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

118円

−118円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

115円

−122円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

71円

−114円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

110円

−113円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

90

−110円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

112円

−120円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:11月11日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

11月4日 くりっく365復活傾向

 

ヒロセ通商とくりっく365の争いとなっています。ここのところのトルコリラ円とスワップポイント変動を観察していて各社の施作の違いが見えてきました。くりっく365は、為替レートに応じてスワップポイトをかなり柔軟に変動させる傾向があります。トルコリラ円上昇⇒スワップポイント上昇・トルコリラ円下落⇒スワップポイント下落と素直に反応するのがくりっく365で全く反応しないのがヒロセ通商という具合です。

 

他の各社は、その中間という気がします。この傾向を元に考えると、今後トルコリラ円が上昇すればくりっく365の優位性が強まり、下がればヒロセ通商の優位性が強まるという展開が予想されます。

 

今後の経過も観察を続けます。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

115円

−115円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

109円

−116円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

72円

−116円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

110円

−117円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

90

−110円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

112円

−120円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:11月4日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

10月23日 ヒロセ通商首位堅持

 

今回も、ヒロセ通商が一位となっています。他社から頭一つ抜け出たという感じですが、安定感があります。ヒロセ通商は、スプレッドもコアタイムで元素k4.9銭固定と最狭水準のため、トルコリラ円売買はヒロセ通商という流れになっていきそうな感じがあります。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

110円

−110円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

113円

−120円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

70円

−114円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

108円

−110円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

90

−110円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

112円

−120円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:10月23日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

10月13日 ヒロセ通商が独走開始

 

今回のトルコリラ円のスワップポイント比較では、ヒロセ通商が単独1位となりました。ヒロセ通商は、数か月前より115円のスワップポイントを維持し続けてきました。数か月前は、それほど目立つ水準ではなかったのですが、トルコリラ円の下落とともに他社がスワップポイントを引き下げてきたため徐々に浮上してくるという展開が続きついに1位となったのです。

 

ヒロセ通商さんのスワップポイントキャンペーンのうれしいところは、かなり長期間続けてくれるところです。

 

なので、今後もこの水準維持が期待できます。

 

ヒロセ通商は、スプレッドでも4.9銭という最狭水準で提供中です。スワップポイントも1位となったことでトルコリラ円売買はヒロセ通商という流れができそうです。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

103円

−103円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

110円

−117円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

68円

−111円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

110円

−117円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

90

−110円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

112円

−120円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:10月13日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

10月6日 トライオート参入

 

9月28日より、インヴァスト証券トライオート口座でのトルコリラ円取扱いが始まっています。スプレッドは業界最狭水準、プラススワップポイントが高目でのスタートとなっています。トライオート口座は、マネースクウェアジャパンと同様に半自動売買注文(呼称:オートパイロット注文)も使えるため幅のある運用ができそうです。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

114円

−114円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

115円

−122円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

67円

−109円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

112円

−119円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

89

−109円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

108円

−135円

6.8銭

1000通貨

インヴァスト証券「トライオートFX」

112円

−120円

5.5銭

1000通貨

 

調査日:10月6日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
  • トルコリラ円スプレッドはコアタイム(日本時間夕方以降)中心の数値です。

 

9月1日 楽天FX参入

 

トルコリラ円スワップポイント比較、今週は大きな変動がありました。これまで高スワップポイントを主導してきたくりっく365が水準を下げる一方で、新規参入の楽天FXが128円という高スワップポイントを提示してきているためです。

 

楽天FXの高スワップポイントは9月末までのキャンペーンスワップポイントですが、ヒロセ通商さんのように好評であれば継続する可能性が高いという気がします。

 

低スプレッドではヒロセ通商高スワップポイントでは楽天FX、トレードの目的に応じて使い分けるのがベターです。来週以降、旧高スワップポイント業者の動きがでてくると面白いことになるかもしれません。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

109円

−109円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

114円

−118円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

69円

−112円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

113円

−120円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

87

−107円

8〜12銭

1万通貨

楽天FX

128円

−135円

6.8銭

1000通貨

 

調査日:9月1日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。

 

8月17日 ヒロセ通商の優位性に注目

 

ここのところトルコリラ円スワップポイントで外為どっとコム社が首位となることが多くなっています。ちょっと興味深いのはヒロセ通商です。全体的にトルコリラ円のスワップポイントは低下気味なのですが、ヒロセ通商は115円で据え置いています。このため、ヒロセ通商はトルコリラ円でも高スワップポイントグループの一角となっているのです。

 

しかも、スプレッドは原則固定4.9銭と業界最狭水準です。午後3時から翌午前1時までのあいだは原則固定4.9銭というのは素晴らしいです。このスプレッドであれば、短期売買でトルコリラ円という選択肢もありですね。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

115円

−115円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

121円

−127円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

4,9銭

1000通貨

OANDA Japan

73円

−119円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

118円

−125円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

85

−105円

8〜12銭

1万通貨

 

調査日:8月17日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。

 

8月4日 外為どっとコム 僅差の首位

 

くりっく365・セントラル短資FX・外為どっとコム3社のスワップポイント競争が復活しています。くりっく365のスワップポイントは130円台に乗せる日もあれば110円台ということもあり不安定なのですが、外為どっとコム社はずっと120円台と安定しています。

 

売買でどちらを選ぶかは悩むところですねぇ。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

120円

−120円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

125円

−131円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

8.6銭

1000通貨

OANDA Japan

75円

−121円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

122円

−129円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

82

−102円

8〜12銭

1万通貨

 

調査日:8月4日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。

 

7月2日 くりっく365首位維持

 

最近、少しづつですがくりっく365と他社との差が少しづつ開く傾向にあります。トルコリラ円は、高金利通貨として人気も高いので他社も動きがでてくるのを期待しています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

128円

−128円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

120円

−126円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

8.6銭

1000通貨

OANDA Japan

77円

−125円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

123円

−130円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

82

−102円

8〜12銭

1万通貨

 

調査日:7月2日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。

 

6月23日 くりっく365独走気味

 

くりっく365の独走振りが目立つ展開となってきています。低スプレッド+高スワップポイントの両方を兼ね備えている状況で、他の業者にも良い刺激となってくれそうです。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

128円

−128円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

122円

−124円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

8.6銭

1000通貨

FXTF 高速FX

124円

ー124円

15〜50銭

1万通貨

OANDA Japan

77円

−125円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

122円

−129円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

82

−102円

8〜12銭

1万通貨

 

調査日:6月23日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。

 

6月16日 マネースクウェアジャパン追加

 

今月よりトルコリラ円スワップポイント比較にマネースクウェアジャパンを追加しました。マネースクウェアジャパンは、トルコリラ円の売りスワップポイント負担が少な目の傾向にあるため、スワップ金利サヤ取り(異業者両建)で使えそうな業者さんです。手数料負担はあるものの、それを考慮してもFXTF社よりも好条件となりそうなので今後の推移をみていくことにしました。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

123円

−123円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

124円

−124円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

8.6銭

1000通貨

FXTF 高速FX

100円

ー100円

15〜50銭

1万通貨

OANDA Japan

75円

−122円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

122円

−127円

8〜18銭

1万通貨

マネースクウェア・ジャパン

82

−102円

8〜12銭

1万通貨

 

調査日:6月16日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • マネースクウェアジャパンは手数料(1万通貨往復で6銭)が発生します。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。

 

6月2日 3強時代続く

 

今スワップ投資で一番熱い通貨は、トルコリラ円かもしれません。くりっく365と外為どっとコム・セントラル短資FXの3社がしのぎを削り高スワップポイントを維持しています。外為どっとコム社が100万通貨で5000円というキャッシュバックキャンペーンも併用するなど内容にも趣向がこらされてきています。当面は高スワップポイントが期待できる状況が続きそうです。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

124円

−124円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

122円

−128円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

8.6銭

1000通貨

FXTF 高速FX

80円

ー80円

15〜50銭

1万通貨

OANDA Japan

78円

−126円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

122円

−127円

8〜18銭

1万通貨

 

調査日:6月2日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。

 

5月28日 競争激化

 

トルコリラ円のスワップポイント競争が激化しています。120円台で3社が並ぶ形になっていて毎日首位が入れ替わる展開です。本日比較時点ではくりっく365が一位なのですが、昨日はセントラル短資FXが一位でした。セントラル短資FXもトルコリラ円取組強化を開始してくれたので、今回より比較表に追加させていただいております。そして、もう一つ注目したいのがトルコリラ円でのスワップ金利サヤ取り(異業者両建)です。

 

スワップポイント差が30円以上に開くことも多くなってきているので、安定して推移するかどうかを注視しています。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

128円

−128円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

122円

−128円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

8.6銭

1000通貨

FXTF 高速FX

95円

ー95円

15〜50銭

1万通貨

OANDA Japan

78円

−127円

6.0銭

1000通貨

セントラル短資FX

120円

−125円

8〜18銭

1万通貨

 

 

調査日:5月28日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。

 

5月19日 くりっく365取扱開始

 

ここのところ、トルコリラ円の注目度がアップしています。先週よりくりっく365が好条件で取扱を開始したことにより高金利通貨ペアであるトルコリラ円に興味を持つ方が増えているのが原因だと思います。今のところ、くりっく365はスプレッド・スワップポイントの両方で他社よりもちょっと有利な条件となっています。これが刺激となって競争状態になれば、更なる好条件も期待できるかもしれません。

 

 

買い

売り

スプレッド

売買単位

くりっく365

123円

−123円

4〜7銭

1万通貨

外為どっとコム

119円

−125円

7.0銭

1000通貨

ヒロセ通商

115円

−200円

8.6銭

1000通貨

FXTF 高速FX

101円

−101円

15〜50銭

1万通貨

OANDA Japan

78円

−126円

6.0銭

1000通貨

 

 

調査日:5月19日

 

  • 調査日に発表のあった各社のスワップポイトの比較表です(実際の付与日には1日くらいのズレがある場合があります)。
  • 数日分発生した日は一日分に換算して計算しています。
  • 1万通貨あたりのスワップポイントです。
2015/12/30 13:59:30
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック