ライブスター証券のスワップ金利について|FX税金2012年最新情報 その8

ライブスター証券のスワップ金利について

FX税金の連載について質問を頂きました。

 

「ライブスター証券は、スワップ金利が発生した年に課税対象となるタイプではないでしょうか?」

 

ご指摘いただいた皆様、ご質問ありがとうございます。

 

スワップ金利の税金 補足

2012年5月現在2年連続で業界最高水準のスワップ金利を維持し続けているライブスター証券はスワップ投資家にとって重要度の高い業者の1つです。その税金部分を改めて確認しておきました。

 

ライブスター証券 詳細
スワップ金利比較 2012年 最新版

 

 

先日、FX業者によって発生したスワップ金利の課税タイミングが違うということを書かせていただきました。上記は、それに関する質問です。

 

これに関しては、私の説明が悪い部分があるので補足させて下さい。

 

スワップ金利の税金

 

この中で、私はこう書いています。

 

−−− バックナンバー記述

 

スワップ金利の課税対象となる時期は2つに分かれます。

 

  • Aスワップ金利が発生した年に課税対象となる。
  • Bポジションを決済した年に課税対象なる。

 

スワップ金利比較

 

上記で使っている業者で分けてみましょう。

 

  • Aの代表例は、上位組みではFXCMプレミアム口座がそうです。
  • Bの代表例は、ライブスター証券です。

 

AのタイプのFX業者さんは「スワップ金利引き出し自由」と書いてあることも多いのが特徴です。

 

−−− 以上記述終わり

 

でも、ライブスター証券さんのHPにはこう書いてあります。

 

決済せずにスワップ益を出金することは可能ですか?

 

「出来ます」って書いてありますよね。私のメルマガ記事通りにいけばスワップ金利が発生した年に課税されるAタイプってことになります。

 

どっちが本当なのでしょうね?

ライブスター証券 スワップ金利税金はBタイプ

結論から言うとライブスター証券はBタイプなのです。ライブスター証券さんの税金に関するページにはこう書かれています。

 

含み益がありますが、課税対象になりますか?

 

決済ポジションのスワップポイント(=スワップ金利)は課税対象になりません。・・・と書いてあります。

 

 この辺の解釈をライブスターさんに電話して聞いてみました。

 

「弊社のスワップポイントは、発生するとそのまま証拠金余力に組み込まれます。そのため、100円スワップポイントが発生すれば、100円の余力が出ますので、その100円を引き出すことができるようになります。」

 

まあ、マメ鉄砲みたいな感じですね。新しい玉を入れたから古い玉が押し出されてくるというような。フルすぎてわからないという批判はありそうですが、イメージは沸きますでしょうか?

 

私からすると「スワップポイントそのものは引き出せないって意味じゃないの?」という気持ちもあるのですが、この辺は解釈の問題ということかもしれません。

 

いずれにせよ・・・

 

話を整理すると・・・「スワップ金利引き出し自由」と書いてるかどうかでは判断出来ない・・・ということになります。

 

この辺は、どこにFX業者さんでもHP上に税金Q&Aッページがあるので、そこで「スワップ金利の税金」を確認するか、FX業者さんに直接聞いて確認しておくのが良さそうです。

 

無税の範囲でスワップ投資をするという場合には、この辺の確認は必ずしておくべきかもしれません。

 

今後は、私のほうでも誤解を招く表現は使わないことにします。

 

混乱させてしまい、すみませんでした。

 

ちなみに、これ利用するかどうかで、税金が違ってきます。

スワップ放置投資をした場合の税金の違い

  • Aスワップ金利が発生した年に課税対象となる。
  • Bポジションを決済した年に課税対象なる。

 

この違いをもう一度確認してみましょう。

 

 

 

この違いが一番顕著に出るのは「税金のかからない範囲でスワップ金利目的の運用をした場合」です。今回は専業主婦で計算してみましょう。

 

FX以外に全く収入のない専業主婦で豪ドル80円で買いポジションを3年間保有して3年後に80円で決済したとします。その間、毎年30万円のスワップ金利が発生したとしましょう。

 

毎年の税金はこうなります。

 

*FXCMプレミアム口座の場合

 

  • 1年目:発生利益30万円・・・基礎控除の範囲内なので税金ゼロ
  • 2年目:発生利益30万円・・・基礎控除の範囲内なので税金ゼロ
  • 3年目:発生利益30万円・・・基礎控除の範囲内なので税金ゼロ

 

3年間の税金ゼロ円

 

*ライブスター証券の場合

 

  • 1年目:発生利益0円:スワップ金利30万円発生しているがポジション決済していなので課税対象外
  • 2年目:発生利益0円:スワップ金利30万円発生しているがポジション決済していなので課税対象外
  • 3年目:発生利益90万円・・ポジション決済により3年分のスワップ金利がまとめて課税対象となる。

 

税金:90万円×20%=18万円
(単純にするため基礎控除など省き計算しています。)

 

3年間の税金18万円

 

こういう感じになります。毎年発生するスワップ金利の額は同じでも、その性質によって税金が大きく違ってくることになります。

 

放置投資でない場合は、売買利益と調整しながら税金のかからない範囲で調整したりも出来るのであまり問題にはならないかもしれません。ただ、ポジション決済をしないスワップ放置系運用の場合には、スワップ金利の税制を理解しておくことが大切になります。

FX税金基礎 目次

  1. FX税金基礎 その1
  2. FX無税の範囲 20万円以内だから税金ゼロの誤解
  3. FX利益 サラリーマン雑所得20万円内でも税金がかかるケース
  4. スワップ金利の税金
  5. 本当は怖いFX利益と社会保険料の話
  6. 主婦FX税金の落とし穴 妻が扶養からはずれたら?
  7. サラリーマン止める前に読む記事
  8. ライブスター証券のスワップ金利について
  9. 専業トレーダーはつらいよ
  10. 人気がないけど大事なFX損失繰越
  11. FX損失繰越の手続きと必要書類
  12. FX損益通算はどこが良いのか
  13. FX損失繰越手続きを忘れたらどうする
  14. FX必要経費のまとめ
  15. 専業トレーダーの節税対策
  16. FX法人口座の魅力
  17. FX法人口座のデメリット
  18. FX税金2012総括
  19. 追加FX税金と復興特別所得税
  20. 追加ふるさと納税 有効活用法

 

この最新情報は定期的にメルマガでもご紹介しています。

まぐまぐ

無料メルマガ:相場生活入門
このサイトで書いている運用法の実際の運用状況も公開し続けています。

 

今実践しているFX運用法に迷いはありませんか?
一生懸命やっているのに利益がだせないと悩んでいませんか?

 

FXで利益を出す運用法は無限にあります。でも、いくら頑張っても利益が出ない運用法はその数倍以上あると言われます。FXで勝つために重要な鍵は「正しい運用法をみつける事」ですが、それに気づかずに敗れ去りFXから撤退していく方が多数いるのが現実なのです。

 

・一日数分でできることが中心のため多忙な方でもOK。
・数種類の運用法があるのでお好みに合わせて実践できます。
・勝ち続ける投資家の基礎がみにつきます。
・失敗もお見せしています。現役の専業トレーダーの苦悩も隠さずおみせしています。
・FXだけでなく株式・先物にも応用が効きます。一生涯使える運用技術を身につけてください。

 

2004年から書き続けています。当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しており、多くの読者が自分に合う運用法を実践中です。お陰さまで発行回数1700回を超えました。登録・解除無料ですのでお気軽にご登録ください。

 

是非、貴方の夢を叶える一助としてください。

 

まぐまぐ

 

2012/05/28 13:43:28
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数1900回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック