FX 無税の範囲 20万円以内だから税金ゼロの誤解

FX 無税の範囲 20万円以内だから税金ゼロの誤解

FX税金のかからない範囲は投資家の職業によって違ってきます。

 

一般的によく言われるのが雑所得20万円ですが、これはサラリーマンの場合ですので給与所得でない方は、これとは違う基準となります。

 

ちなみに、自営業と届けている青色申告の方には課税されない範囲はありません。たとえ1円でも利益が出たら確定申告する必要があります。

 

FX無税の考え方

FX税金

専業トレーダーで自営業として届けるのは不利ってこと?

 

当然こういう反応もあると思います。この言葉だけならそう感じるのは当然です。でも、自営業は青色申告をすることで税的なメリットがかなりあります。FXで無税の範囲がほとんど無いからといって不利になるというわけではないのです。

 

ちなみに、専業主婦などの場合は全部の所得をあわせて基礎控除の範囲までは税金がかかりません。ここまでは確定申告も不要と思われます。

 

具体的には2012年f現在では、33万円の範囲となります。これも38万円という記述もあるのですが、それは所得税のみの場合です。地方税の基礎控除は33万円ですので、確定申告不要範囲としてもっとも確実なのはこのラインです。

 

専業主婦でもFX以外のちょっとした内職などで副収入が年間30万円くらいあったりするとFX利益で申告しなくてもよいのは5万円までとなります。

 

例えば、原稿書きの在宅ワークなどをしていたりするとその収入と合算して収入額を考える必要が有ります。

 

この辺までが、FX税金の無税についての基本部分です。あとは、それぞれの状況で税金がかからない範囲は違ってきます。主婦でも扶養の範囲で働いている方なども個別に「私自身の申告しなくて済む範囲はこれくらい」というところは抑えておくべきでしょう。

 


FX無税なんて気にしないという豪傑的発想

ガンガン稼ぐつもりなのでこういう部分は興味ない・・・

 

こういう全く気にしないというのも良いかもしれません。運用技術をしっかりと磨いている方であれば、利益額も年々大きくなっていくので、税金を払わずに済むということはまずありません。

 

逆に、無税の範囲でスワップ投資をしたい・・・という方には今回の基礎知識はとても大切になります。無税の範囲で以下のようなスワップ投資をするケースもあるからです。

 

⇒現在も保有中のスワップ放置口座画面

 

私の場合は、他のFX利益があるので無税にはなりませんが、もしも専業主婦の方がこれと同様のポジションを無税の範囲内で保有していたら毎日発生するスワップ金利は確定申告する必要はなく税金もかからずに済みます。

 

この口座は1万豪ドルで年間スワップ金利約3.6万円くらいですが、年間スワップ金利33万円の範囲であれば少しポジションを増やしても大丈夫です。

 

こんな運用法でも結構お金は増えます。

 

参考までに書くと、このポジションも、そろそろ6年経ちます。元でが30万円で2012年段階で55万円くらいまで増えてきている。スワップ金利だけで倍になるのもそれほど遠い話ではありません。
低レバレッジで放っておいても6〜7年でスワップ金利だけで倍に増えるというのはうれしいですね。

 

このポジションは、豪ドル50円時代も何もせずに乗り切ってきています。私の亀千人投資術のスワップ運用も原点はここにあります。

 

亀千人投資術

 

FX税金基礎 目次

2012/05/25 10:24:25
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック