4月反転のジンクスの真実 3月円安なら4月は円高 米ドル円4月アノマリー検証

4月反転のジンクスの真実 3月円安なら4月は円高 米ドル円4月アノマリー検証

投資の世界には、理論だけでは説明不可能な現象があります。これは「アノマリー」とも呼ばれています。このアノマリーは、全く使えないものも多いのですが、中には結構な勝率をもたらすものもあります。

 

例えば、4月の米ドル円にもあります。

 

4月は相場反転の月

 

仮に3月が上昇月であれば、4月は下落に転じるというものです。しかも、4月に転換した後は数ヶ月その方向で値が動きます。。参考までに、MT4で4月アノマリー用のEAを作成して検証してみました。EAは、4月にポジションを作って6月に入ったら決済するという内容です。米ドル円で2000年から2012年までの13年間でのバックテスト結果です。

米ドル円 4月アノマリー

13回の売買で11勝2敗です。勝率は84.62%です。毎回5万通貨での売買ですが、4月〜5月にポジションを保有するという売買だけで、資金は10000⇒27348.86と3倍近くまで増加するという結果になりました。毎年の個別売買記録も参考までにご紹介させて頂きます。

 

米ドル円 4月アノマリー

 

ここ7年間は、ずっとこの4月アノマリー通りにやって利益になっているんですねぇ。

4月アノマリー 活用

今日は2013年3月29日です。今日の終値で3月が「上昇の月」か「下落の月」かが決まります。ちなみに、私のMT4では、今日の米ドル円の終値が92.553円より高ければ「上昇月」、安ければ「下落月」となります。

 

現米ドル円為替値が94.137円なので3月上昇月となる可能性がかなり高いです。

 

こういうアノマリーは、裁量トレードでは使う気にはなかなかなれません。でも、確率の高いものがあれば自動売買でやってみるのはいいと思っています。これも、自動売買の一つの活用法かもしれませんね。

 

私が主力で使っているMT4はアルパリジャパンです。

 

アルパリジャパン MT4詳細

 

ただ、最近はFXトレードフィナンシャルのMT4も使い始めています。両社の違いは「スプレッド」と「スワップ金利差」です。スプレッドは、アルパリジャパンのほうが狭いのですが、スワップ金利の売りポジションと買いポジションの差では、FXトレ−ドフィナンシャルの方が有利になっています。

 

短期ポジションはアルパリジャパン・長期ポジションはFXトレードフィナンシャルという感じの使い分けが面白いと思っています。

 

FXトレード・フィナンシャル MT4詳細

 

お気楽FX比較 3月29日 更新情報

2013/03/31 09:11:31
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック