このページの先頭へ

セントラル短資FX 私が使い続ける理由

セントラル短資FX 多くの魅力を持つ老舗FX業者

セントラル短資FX

セントラル短資FXは、老舗でありながら新しいことに挑戦し続けている業者さんです。セントラル短資FXは、提供されているチャートやツール類が多彩で豊富です。

 

右の画像は「未来チャート」の画面です。

 

過去の値動きから「上昇」を示す予測が発生しているところで、簡単に方向性を掴むためのツールとしても重宝しています。

 

3本の方向性が合うときにポジションを作などの売買ルールを実験してみても面白そうです。

 

歴史は繰り返すという言葉は相場変動でも有効ですので、それを活かした運用をするときに使えるツールです。

 

他にも以下のツールが提供されています。

 

  • 好調なチャートが一目でわかる「FXライブ」
  • 過去の値動きから未来を予測する「みらいチャート」
  • 自動売買機能も備えた高度分析ツール「クイックチャート」
  • ミラートレーダー分析情報提供ツール「シストレ広場」

 

どのツールも、使いこんでいけば投資家の大きな武器となってくれます。私も局面に応じてこれらのツールを使い分けしています。セントラル短資FXは、現在3種類のFX口座を提供しています。通常口座である「店頭FX口座」とと初心者でも手軽に始められる「ミラートレーダー口座」とスプレッド業界最狭水準の「ウルトラFX」です。いずれも、投資家のニーズに合わせて利用できます。

 

私は、店頭FX口座での中国元円売買ミラートレーダー口座を中心に利用しています。

 

セントラルミラートレーダー 詳細


マイナススプレッドも発生中 ウルトラFXの実力

ウルトラFXは、マイナススプレッドが発生するだけでなく実際に約定できるという実績があります。下記画像をご覧下さい。これは、セントラル短資FXで定期的に公開しているスプレッド提示率と約定状況です。

 

セントラル短資FX ウルトラFX

 

赤枠が提示されているスプレッドの中心となっているところです。この赤枠の中に全体の80%以上が入っています。表にはありませんが、同様にポンド円と豪ドル円についてもまとめると以下のようになります。

 

  • 米ドル円0.2〜0.5
  • ユーロ円0.3〜0.8
  • ポンド円0.6〜1.5
  • 豪ドル円0.6〜1.3

 

かなり狭いスプレッドが提供されていることが確認できます。もう一つ興味深いのは、「全約定に対する約定率」の部分です。実際に投資家の注文がどのスプレッドで約定しているかの割合です。青枠部分をご覧下さい。青枠部分で全体の50%以上約定していることが確認できます。

 

これだけではありません。

 

ユーロ円は−0.1pipsで34.44%の注文が約定しています

 

たまたまなのかもしれませんが、ちょっと見たことのない約定状況です。ウルトラFX利用者は、この低スプレッド環境をうまく利用しているようです。

セントラル短資FX提供のウルトラFXはスプレッドの低さが売りです。固定スプレッド制ではないのですが、マイナススプレッドも発生し約定するケースも多く、投資家にとってメリット多い内容になっています。最低売買数量は5万通貨からと大きめですが、この状況が続けば、上級者向け口座として定着していきそうです。

 

セントラル短資FX タイアップ

2013/10/04 09:21:04
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック