トップへ戻る

レバレッジ5倍でスワップポジション作り続ける理由

レバレッジ5倍でスワップポジション作り続ける理由

純ドルコスト平均法、8つの基本ルールの続きです。

ルール4 毎月約定代金15万円ずつ買いポジション作る

毎月3万円入金して約定代金15万円分の豪ドル買いポジションを作ります。

 

参考:これまでの個別ポジション

 

上記ページ「純ドルコスト平均法 実施記録」の中に入金額の横に約定代金という欄がありますが、この数字がいつも15万円近辺であることが確認できると思います。

 

ちなみにSBIFXトレードで「約定代金15万円分買う」という注文方法はありません。

 

計算式は簡単です。

 

15万円 ÷ 豪ドル現在値 = 注文数量

 

例えば、2013年3月のときだとこうなります。

 

15万円 ÷ 94.5968円 = 1585豪ドル

 

約定値を計算してから注文を出して約定するまでの間に豪ドル値は動いていますので、15万円きっちりという数字にはまずなりません。毎月の積立金額が違う方は大体以下の目安となります。

  • 月3千円⇒約定代金1.5万円
  • 月6千円⇒約定代金3万円
  • 月9千円⇒約定代金4.5万円
  • 月6万円⇒約定代金30万円
  • 月9万円⇒約定代金45万円

この「約定代金で買う」というのは、1通貨からの売買のできるSBIFXトレードの登場によって可能になりました。

 

念のためですが、SBIFXトレードさんには「ドルコスト平均法のための注文方法」はありません。この約定代金ベースでの注文数量は毎回電卓で計算して行います。

ルール5 レバレッジ基準はやりながら定期的に調整

現在のところ、この純ドルコスト平均法は、3万円入金で約定代金15万円分買い続けています。これは、レバレッジに換算すれば5倍になります。

 

スワップ投資としてはずいぶん高いレバレッジよね。

 

これには次に説明すする「予備資金」が重要な役割を果たしてくれます。

 

スワップ投資を純粋にレバレッジ5倍でやるのは危険です。

 

特に、2013年3月時点のように豪ドルがガンガン上昇してきたような状況では急落で一挙に含み損が膨らむ事態もあります。

 

ここ、大事なところです。

 

最初レバレッジ5倍でもスワップポイントが貯まっていけば、レバレッジは下がっていきます。

 

参考:レバレッジ下げるスワップポイント効果一覧表

 

スワップポイント70円で計算しても、4年も経過すればほぼ3倍の水準になります。

 

とはいえ、その4年の間に大きな下落があれば・・・・アウトです。

 

この危険な時期に大きな役割を果たしてくれるのが予備資金です。この予備資金なしでレバレッジ5倍のスワップ投資はありえません。

 

次回、予備資金についてご説明します。

FX積立 純ドルコスト平均法 理論編 目次

2013/03/12 10:27
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック