FXを使って10年で1000万円つくるには

FXを使って10年で1000万円つくるには

「10年で1000万円作るとしたらどんな方法があるだろう。」

 

そんな発想で運用し続けているのが、今回紹介する「純ドルコスト平均法」です。

 

1年で100万円づつ貯金をしていけば、10年で1000万円は作れます。月に直せば毎月8万円くらいの積立貯金です。でも、毎月8万円というのはなかなかキツい金額でもあります。

 

でも、FXを使って・・・

 

そして、スワップ金利も利用して・・・

 

しかも、ドルコスト平均法の効果も使って・・・

 

値上がりしたら決済利益も出していく。

 

こうすることで、どれくらい効率的になるかという計算をしたところ、興味深い見通しができました。机上の空論ではつまらないので、現実に始めてみた次第です。

 

この運用法詳細は、数ヶ月前に無料レポート読者限定で紹介したものです。当時から少しづつ始めている方は、相場上昇の恩恵もあって、既に利益状態の方が多いようです。

 

でも、油断はしないで下さいね。

 

運用期間10年の長丁場ですので、これからいろんなことが起きるはずです。そういった環境変化も楽しむ余裕を持ってやっていきましょう。

 

今回の連載では、数ヶ月やって改善したポイントも含めて「純ドルコスト平均法」についてまとめていきます。

FX積立 只今の状況

FXを使って積立形式で資産を作っていくのがこの「純ドルコスト平均法」です。昨年10月より始めています。

 

現在のポジションの状況はこうなっています。

 

個別ポジション明細

 

個別ポジション明細をみていただきますとこれまでの買いポジション作成経緯が確認できます。11・12・1月の3回に分けて買いポジションを作成してきています。

 

入金は、10月1.5万円と11月から毎月3万円ずつ入金していて、これまで5回入金をしています。最初の10月はお試し段階だったため1.5万円と半端になっています。

 

合計入金額は13.5万円です。

 

今までのポジションをまとめた全体ポジションは以下のようになっています。

 

全体のポジション

 

3回分の合計ポジションが5210豪ドルです。買い平均値は86.3826円となっています。

 

この辺で、すでに疑問がでてきたかもしれません。

 

4回入金してなんで3回しか買っていないんだ?

 

とかですね。この辺の理由はこれから説明をしていきます。後で書きますが、こういう時期は入金だけしてポジションは作らないルールにするといった工夫がしてあります。

 

この運用法は、「FXを使った積立預金形式運用」ということで安全性も重視してやっていきます。現在のように、豪ドル高値圏と思われる状況では無理に買いポジションを作ることはしません。

 

この純ドルコスト平均法では3種類のルールを作ってあります。

  • 基本ルール
  • 利益確定ルール
  • 運用停止ルール

ルールといっても、難しいものではありません。

  • ドルコスト平均法の効果を出せる運用
  • 無理をせずに心理的負担の軽い運用

この2点に注意してやっています。積立預金感覚でやっていくFX投資という感じではあるのですが、ここまでは言い過ぎかもしれません。

 

銀行の積立預金は元本保証されています。この運用法は、10年の間には、含み損を抱える時期もほぼ確実にあります。

 

これからご説明していくルールをもとにリスク管理をしっかりしていけば破綻することはまずないと思いますが、無論ゼロではありません。

 

ただ、毎月の積立であるのは間違いないので「積立預金」とは呼ばずに「積立」というところで表現を抑えています。

 

 

 

 

 

FX積立 純ドルコスト平均法 理論編 目次

2013/02/21 10:29:21
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数1900回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック