仕掛けルール 続き

仕掛けルール その他のルール

今回は、仕掛けルールの続きです。

その他のルール説明

「豪」ドルコスト平均法仕掛けのルールの続きです。前回まで「買い始めのポイント」について説明してきました。慎重にときを待ち、買い始めのポイントを決めたらあとはルール通りに買っていくことになります。仕掛けのルールの残り部分は、買っていくときのルールとなります。

 

仕掛けのルールをもう一度復習してみましょう。

 

  • グラフで大底過ぎたと感じたくらいから買い開始
  • 下げた日に同じ金額買っていく(総代金10万円)
  • 心理的に無理はしない
  • 注文方法は成行注文が基本
  • 買い平均値から2円くらい上げたら新規ポジション中止

 

前回までもっとも重要となる「為替グラフ」について少し詳しくやらせていただきました。この部分に一番神経を使います。あとは、決めたとおりにやっていくだけです。

下げた日に同じ金額買っていく(総代金10万円)

買いを入れるのは「下げた日」です。前日よりも下げて安くなっている日に買い注文を出します。注文金額は約定代金10万円分です。例えば、豪ドル値が79円であればこうなります。

 

10万円÷79円=1266豪ドル

 

ということで・・・1266豪ドルの買い注文・・を出します。

 

現在の資金管理ルールでは、100万円の証拠金で1回10万円分づつ豪ドル買いポジションを作っていきます。少しづつ作ることで心理的負担を和らげていくという狙いがあります。

 

もっと回数を増やしたほうがいいんじゃないの?

 

こういう意見もあるかもしれせん。5万円で20回とかすれば心理的負担がもっと軽くなりますよね。

 

実は、そう思って1回目の売買実験は5万円でやったのです。

 

第1回目 実験売買結果

 

確かに心理的負担は軽かったのです。でも、細かすぎて毎日注文を出すのが苦痛になりました。こんなに手間をかける必要はないと思ったので、第2回目の売買からは10万円に修正したのです。

 

今後も、やりながら細部を修正していくかもしれません。

 

今のルールでいくと・・・

 

「10回でレバレッジ1倍分買いポジションを作る」

 

こういうペースになります。

 

30回くらいの買いが出来ればレバレッジ3倍くらいになります。この辺までは、買い進めるかなと思ってはいます。

 

安全すぎる!

 

こういう意見もあるかもしれません。でも、この運用法はこれでいいと思っています。大きなリスクを取らずに堅実に利益をだすことを理想にしているからです。

心理的に無理はしない

この運用法は、心理的負担をできるだけ少なくするように工夫しています。それでも、ポジションが大きくなってくると心理的負担を感じるようになってくるかもしれません。

 

例えば、実際にガンガン下げていくような局面などには心理的負担が重くなって買うのが怖くなるかもしれません。買うのが怖くなった時は、無理せずに一旦買うのを停止します。

 

恐怖心が大きくなるような時は、この運用法での買いポジションは増やしません。

 

心理的負担を感じないでやれるというのが基本です。

注文方法は成行注文が基本

注文時でも「買う」と決めたら、そのまま成行注文ですぐに買いポジションを作ってしまいます。指値注文でやると、成立するまでに時間がかかり、場合によっては成立しないで終わってしまいます。
特にこの運用法は、ポジションを細かく分割していきます。1回1回の買値にこだわる必要性はないと思っています。

 

次は買いポジションが上げ始めてからどうするかについて書きます。

FXでやるドルコスト平均法 目次

2012/07/20 14:08:20
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック