このページの先頭へ

不幸な20年を利益に変えて1億円を作る  ドルコスト平均法

不幸な20年を利益に変えていくドルコスト平均法

ドルコスト平均法によるFX積立を始めてから早2年半が経過しました。運用資金は300万円に近づいてきて着実に増加しています。最近読み直している本の中にこんな言葉がありました。

 

人生を仮に60年とすると、60年間すべて幸せという人も、逆に60年間全く鳴かず飛ばすという人もいない。

 

たいていは、幸せな時期が20年不幸な時期が20年どちらかに転ぶ可能性もある20年がある。

 

この20年を幸せのほうに引き寄せて、幸福な40年と厳しい20年、という割合で生涯を終えることが望ましい。

 

将棋棋士の米長邦雄著「不運のすすめ」のなかの文章です。長期投資前提のドルコスト平均法はを続けて大きな資産形成をしていくことで、「この20年を幸せのほうに引き寄せて、幸福な40年」とするための資金的基礎が作れるのではないかという気がします。

 

じっくりと続けてしっかりと増やしていきましょう。

不幸な時期を利益に変えて1億作る

不幸 20年 ドルコスト平均法

 

現在のSBIFXトレード口座状況です。保有ポジションは、47,299豪ドルです。買い平均値は92.9330円ですので、ここから豪ドル円一段安があっても慌てることはありません。スワップポイントも148,020円貯まってきていています。これにより、スワップポイントが貯まることで大きな下落でも影響が軽微になるクッション効果も大きくなってきています。

 

スワップポイントのクッション効果 計算
148,020円 ÷ 47,299 = 3.12円

 

92.9330円から3.12円下げても投資元金は割らないということになります。投資元金自体にこれまでの利益が組み入れられているので、実際には更に余裕があります。こういう余裕のある状況で、利益を伸ばしているのが今の状況です。

 

ドルコスト平均法は長期運用前提のやり方ですので、長い年月の間にはいろいろなことがあります。現在のように好環境が続くとばかりは限りません。いずれ、不運な時期も到来することになると思っています。例えば、豪ドル円が大きく暴落する時期です。

 

でも、この不運な時期こそ「大きく資産を増やすチャンス」でもあります。

 

SBIFXトレードでやっている純ドルコスト平均法積立は、大暴落時期が到来したときを想定して売買ルールを作っています。仮に豪ドル円が40円台となってもFX積立を続けていけるように想定しています。

 

今の時期に大暴落時期到来を想定するのは、考えすぎかもしれません。

 

このFX積立は長い年月をかけて誰にでも億の資産を作ってもらおうという趣旨でやっています。それを実現するためには、考えすぎといわれるくらいの安全策をしっかりと作っておく必要があります。これが「不運な時期を利益に変えていく」ための要諦だと思っています。

 

純ドルコスト平均法を続けていくうれで、重要な事項の一つが「1通貨売買ができるSBIFXトレード制度が存続すること」です。この制度を存続させるためにも、しっかりと宣伝させていただきます(笑)。

 

SBIFXトレードを使ったドルコスト平均法運用状況

2015/05/19 10:04:19
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック