日経225比較 先物とCFD取引どちらが有利か?

日経225比較 先物とCFD取引どちらが有利か?

GMOクリック証券CFD取引の日本225と日経225先物miniとの比較表を作成しました。GMOクリック証券CFD取引の日本225と日経225miniは、一見同じように思えるのですが、結構な違いがあります。

日本225と日経225mini

項目

日経225mini

日本225

取引単位

日経225先物×100倍

日経225先物×10倍

期限

3ヶ月

取引時間

8:45〜15:15 16:30〜翌5:30

8:30〜翌6:00

呼び値

5円

1円

 

日本225は、GMOクリック証券CFD取引での日経225の呼び名です。

 

日本225の元値が日経225先物という関係なので値動きもほとんど同じです。ちなみに、くりっく株365「日経225」の値動きはちょっと違ってきます。比較表をみると大きな違いは2つあります。

 

  • 売買単位:1枚の千織引き単位が日経225miniは100倍・日本225は10倍となっている。
  • 期限:日本225には期限がない。

 

日経225miniの場合、1枚の約定代金は日経平均17000円時点で約170万円となります。これに対してGMOクリック証券CFD取引の日本225は、17万円で日経225miniに比べて10分の1の規模の売買が可能になっています。

 

日経225miniは数万円では自由な売買ができるとは言い難いのに対して、日本225は数万円で十分に自由な売買が可能となっています。

 

また、日経225miniは先物取引として期限の縛りから逃れることができません。3ヶ月ごとに期限が到来するため、ポジションを持ち続けることができません。これに対して日本225は、ずっとポジションを持ち続けることができます。

 

GMOクリック証券の「日本225」であれば、長期保有してじっくりと値が動くのを待つという戦略も取れます。日本225は、呼び値も1円単位スプレッドも2〜7程度で手数料無料と低コストでの取引ができます。

 

日経225を攻めるなら、このメリットを是非活かしていくべきかなと思います。

 

GMOクリック証券CFD

2016/08/23 08:51:23
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2000回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX はじめ方 初心者向け 外貨両替 MT4 キャッシュバック