トップへ戻る

くりっく株365・CFD取引比較

CFD取引比較

CFD取引記事をまとめてあります。

 

 

CFD取引入門

 

私がやっているCFD取引サヤ取りを通じてCFD取引の特徴と利用法をまとめました。

 

 

この連載はGMOクリック証券CFD取引を使用しています。

 

GMOクリック証券CFD 私からみた特徴まとめ

 

クリック証券

くりっく株365・CFD取引比較 わかりにくい部分を比較検証記事一覧

くりっく株365とCFD取引口座比較 2017年版

人気上昇中のくりっく株365を始めとしてCFD取引の人気が高まっています。取引条件も2016年から変化してきています(参考記事:くりっく株365とCFD取引 2016年比較)。昨年同様にくりっく株365手数料最安値グループの岡三オンライン証券くりっく株365口座とGMOクリック証券CFD取引口座で日...

≫続きを読む

NYダウ スプレッド・レバレッジ比較 2017年版 口座間で数倍の差を利益にどう...

くりっく株365などCFD取引の取引条件は口座間で大きな差があります。どこが絶対有利というものでもなく、運用法によって使い分けていく性質のものと私は思っています。2017年4月現在のNYダウのスプレッド・レバレッジ条件についてまとめてみましたので参考になれば幸いです。比較した口座は、GMOクリック証...

≫続きを読む

豪ドル円スワップポイント=NYダウ配当相当額 この好環境をいかに利用すべきか

NYダウの配当相当額がなかなか良いペースで発生しています。既に豪ドル円スワップポイントと同水準となっていて、貯蓄志向の方にも魅力的な状況となってきています。この好環境の活かし方について考えてみました。

≫続きを読む

くりっく株365税金 NYダウ 現物株買うより有利な税金の仕組み

くりっく株365の配当相当額、金額は勿論ですが税金上も有利なところがあることはあまり知られていません。そこでは米国の現物株を買うときとの税金上の違いなどについてまとめてみました。

≫続きを読む

日経225比較 先物とCFD取引どちらが有利か?

GMOクリック証券CFD取引の日本225と日経225先物miniとの比較表を作成しました。GMOクリック証券CFD取引の日本225と日経225miniは、一見同じように思えるのですが、結構な違いがあります。

≫続きを読む

くりっく株365とCFD取引 取引条件比較 2016年版

NYダウと日経225を中心としたCFD取引運用を本格化しています。その使い分けの元となっている比較表を作成しましたので記事にさせて頂きます。CFDはGMOクリック証券CFD取引口座、くりっく株365は手数料最安値フループの岡三オンライン証券くりっく株365口座で比較を行っています。

≫続きを読む

NYダウ配当比較 くりっく株365とCFD取引どこが違うのか?

多方面で取扱いの始まったNYダウは、高配当も魅力です。ただ、口座によって発生方法や発生頻度が違うので「どの口座が良いのだろう」と悩んでしまいます。今回は、「配当」について比較をまとめました。比較に使用したのは、以下の2口座です。くりっく株365:CFD取引:

≫続きを読む

NYダウ 為替影響度比較 くりっく株365・CFD・直接投資比較

くりっく株365での取扱いが始まったこともありNYダウ取引が注目を浴びています。これにより、NYダウの取引はいろんな口座で可能な時代となりました。ところが、同じ値幅で利益をだしても口座によって利益額が違ってくるというのはあまり知られていません。このわかりにくい原因は「為替影響度の差」にあります。ここ...

≫続きを読む

NYダウCFD比較 くりっく株365とCFD取引 本当はどっちが有利?

NYダウの取引がどんどん身近になっています。株式市場で関連ETFを購入することもできるし、CFD取引でNYダウを扱うところも増えました。ただ、取引条件が各社様々ですので、比較表を作ってみました。くりっく株365とGMOクリック証券CFD口座の比較ですが、他口座も今回の比較ポイントでみていけば、取引条...

≫続きを読む

FTSE100比較 くりっく株365とGMOクリック証券CFD

2016年度からFTSE100の取引を本格的に開始します。「GMOクリック証券CFD取引」と「くりっく株365」の2つの口座を使い分けていくことにしています。この2口座は、どちらもFTSE100を取り扱っているのですが、仕組みがいろいろと異なります。その違いを活用していきます。今回は、その基礎となる...

≫続きを読む

CFD取引を始める際に注意すべき事

昨年の10月ごろよりCFD取引を使った二国間サヤ取りポジションを保有しています。参考記事:二国間サヤ取り 2014年12月状況株価には先見性があり、国力の将来性をを反映するといわれています。その性質を利用して国家間の将来的な国力差を利益に変えていこうというのが二国間サヤ取りです。私は「日本ー米国」で...

≫続きを読む

英国株価指数(FTSE100) 200枚相当保有 そんな私の本日予定

遂にEU離脱を問う英国投票日が迫ってきました。私の保有しているFTSE100は、GMOクリック証券で100枚+くりっく株365で20枚です。証拠金制度の違い上、くりっく株365で1枚=GMOクリック証券約5枚となるため、GMOクリック証券基準でみると約200枚保有となります。

≫続きを読む

CFD取引と株式投資 レバレッジの違いと資金効率比較 CFD取引入門 第2回

CFD取引と株式投資で同じ銘柄を売買する場合の必要資金の比較をしました。CFD取引は、株式取引などと比べて小資金で効率運用ができるというメリットがあります。ただ、小資金だというだけではリスクが高くなりすぎるデメリットもあるのですが、もともとリスクを抑えているサヤ取りなどでは、このメリットは大きな武器...

≫続きを読む

くりっく株365とCFD市場間サヤ取り

密かに人気のあるくりっく株365の日経225についてまとめました。くりっく株365は、CFD市場間サヤ取りでも使えそうです。

≫続きを読む

CFD取引と株式取引 手数料比較

わかりにくいCFD取引の手数料負担について株式投資と比較してみました。CFD取引は売買手数料は無料です。ただ、売買の際にはFX同様にスプレッドがあるため、それが投資家負担コストとなり現実の手数料と同様の意味になります。こう書くと「本当にCFD取引が得なのかどうかわからない」という気にもなります。今回...

≫続きを読む

配当金 VS 価格調整額どっちが有利? CFD取引入門 第5回

株式投資には配当金があるのですが、CFD取引にも似たような価格調整金制度があります。株式投資では配当金CFD取引では価格調整額この2つの制度の違いについて今回はまとめます。

≫続きを読む

「特定口座 源泉徴収あり」 株式投資税制の注意点

FXと株式投資は税率は同じですが、中身がかなり違います。株式投資もされている方は、うまく利用していきましょう。

≫続きを読む

CFD取引税金と米国債を今買うべきでない理由

CFD取引は、FXと損益合算もできる相性の良い金融商品です。今後の税制の流れも抑えながら、有効に活用していきたいものです。

≫続きを読む

サヤ取りとしてのCFD取引利用法

株式投資とCFD取引の大まかない違いを一通りご紹介しました。ここでの比較はGMOクリック証券のCFD取引と株式取引によるものです。CFD取引は、業者によって同じ銘柄でも中身が大きく異なります。参考例としてくりっく株365の「日経225」とGMOクリック証券のCFD取引での「日本225」を連載では取り...

≫続きを読む

二国間サヤ取りのリスクと損きりルール

二国間サヤ取りのリスクについてまとめました。

≫続きを読む

GMOクリック証券CFD取引 注目している3銘柄

CFD取引で個別に注目している3つの銘柄があります。その内容と特徴についてまとめました。私が利用しているCFD取引はGMOクリック証券のCFD取引です。CFD取引は、業者によって内容が大きく異なりますのでご注意くださいませ。GMOクリック証券CFD 詳細

≫続きを読む

コーンのうねり取り 絞り込むからこそ成功する CFD取引入門 第11回

私が始めた「コーンのうねり取り」の概要を紹介します。前回記事GMOクリック証券CFD取引 注目している3銘柄で「大豆」「原油」「コーン」に注目していると書きました。私が3つの中から選んだのは「コーン」です。その理由ややり方について今回は書いていきます。「コーン」は既に場帖記入を始めていて、実験的売買...

≫続きを読む

逆張り・ナンピン 有利不利の目安

前回はCFD取引で「コーン」に絞った理由について書きました。今回は、実際の売買の基本ルールについてです。コーンうねり取りで行っている「逆張り・ナンピン」についても私の考え方をまとめました。

≫続きを読む

レバレッジ1倍で破産状態 CFD取引のレバレッジを甘く見てはいけない

CFD取引もFXと同じ25倍までの取引ができる銘柄がいくつもあります。でも、FXの3倍とCFDの3倍はリスク度合いがまるで違ってきます。CFD銘柄によっては商品先物と同じ値動きをするものがあります。実際に私はレバレッジ1倍以内で大損して破産状態となった経験もあります。その辺を中心にまとめました。

≫続きを読む

うねり取り場帖とCFD取引に役立つサヤの理解 2つの役割

「コーン うねり取り」の売買判断は、豪ドル円と同じく「場帖・グラフ」にて行います。グラフはまだ描いていませんが、場帖は1か月ほど前より記入しています。

≫続きを読む

利益を出している人がよく語る投資成功の重要ポイント CFD取引入門 第15回

私と運用法が違っていても、利益を出している人の多くが力説する共通ポイントがあります。それは「運用法を絞り込む」ということです。私のCFD取引も基本的に絞り込む方向性でいます。

≫続きを読む

うねり取りに好都合なCFD取引 2つの特徴  CFD取引入門第16回

「コーン うねり取り」を始めて気づいたCFD取引の良さが2つあります。おそらく「原油」「大豆」「金」などでも似たような傾向があると思います。コーンの値動きを気にしなくて済む注文がスベらない(今のところ)この2点について説明させていただきます。

≫続きを読む

外国株CFD 資金2倍にするシミュレーション  CFD取引入門第17回

個別株を売買できるのが外国株CFDです。1株単位で手数料無料でできるのでいろんな使い方ができます。その特徴についてまとめました。

≫続きを読む

時代の変化に対応していく者が生き残る CFD取引比較入門 最終回

CFD取引に注力するのは、変化対応の一環でもあります。これから定着できるようにじっくりと取り組んでいきます。

≫続きを読む


FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック