トップへ戻る

NYダウサヤ取り45枚買い くりっく株365とGMOクリック証券 必要証拠金比較

NYダウサヤ取り 今回はGMOクリック証券にて仕掛け

NYダウサヤ取りの新規仕掛けを行いました。今回使ったのは、GMOクリック証券CFD取引口座です。これまでくりっく株365を使ってきたのですが、スプレッド状況が不安定なので、運用口座を変更した次第です。

 

2口座は、同じNYダウ先物を元にした値を提供しているのですが、内容がかなり違っています。必要証拠金を中心に2口座を比較してみました。

必要証拠金比較 GMOクリック証券では控え目にすべき

GMOクリック証券 くりっく株365 必要証拠金比較

 

今回仕掛けた「日本225 50枚売りーNYダウ 45枚」のサヤ取りポジションです。これは、くりっく株365で「日経225 5枚売りーNYダウ 5枚買い」とほぼ同じ規模のポジションとなっています。

 

GMOクリック証券のCFD取引口座は、1枚の約定代金自体がくりっく株365の約10分の1となっています。このため、日経225売りポジションは単純に売買枚数がくりっく株365の10倍になります。

 

また、GMOクリック証券のCFD取引口座の「米国30」は売買損益が米ドルで計算されます。1ポイントの利益=1米ドル=約113円となる感じです。約定代金が10分の1で為替水準も考慮するため、NYダウ売りポジションはくりっく株365の約9倍の5×9=45枚が相当ということになります。

 

仕組みの違いでもう一点注目して頂きたいのが、「ロスカットレート」です。上記画像左側の薄緑色のところです。GMOクリック証券CFD取引口座は、ポジションを作ると自動的にこのロスカットレートが設定されます。設定されたレートは変更できます。

 

この自動設定されたレートがこの画像です。日本225売「建値22851 ロスカットレート23978」・米国30買「建値24824 ロスカットレート23597」となっています。

 

大体、1100逆行したらロスカットされるように設定されています。ここのところの値動きをみれば今のところ、これくらいでも良いかもしれません。

 

この設定で、拘束される証拠金が上記画像の一番右側の薄緑色部分です。日本225 1,142,550円+米国30 1,261,406円=合計2,403,956円が証拠金として拘束されることになります。

 

今までくりっく株365では、約1000万円で最高20枚のサヤ取りポジションを保有できるルールにしていました。これでも、値が3000くらい逆行してもロスカットされないくらいの余裕がありました。

 

今回、5枚分で拘束証拠金は約240万円ですので、1000万円あれば最高20枚のサヤ取りポジションが作れます。でも、これでは値が1500も逆行するとロスカットに引っかかるポジションがでてきてしまいます。

 

この原因は、レバレッジの差なんです。

 

くりっく株365は、変動制で現在60倍くらいのレバレッジが可能です。これに対してGMOクリック証券CFD取引での日本225・米国30は固定制でレバレッジは最大10倍なのです。

 

でも、この2口座はそれぞれ一長一短なんです。

 

レバレッジはくりっく株365が圧倒的に有利なのですが、スプレッドはGMOクリック証券CFD取引口座が圧倒的に有利です。日本225も米国30もスプレッド2〜7くらいで売買ができます。くりっく株365のスプレッドは現状20〜80くらいと10倍くらいの差があります。

 

スプレッドが狭いGMOクリック証券CFD取引口座は、短期売買でも利益が狙えます。サヤ取りもそのメリットを活かしながらやっていきます。

 

GMOクリック証券CFD取引に私が魅了される理由

2017/12/21 08:56
このエントリーをはてなブックマークに追加   
記事が気に入ったらよろしかったらポチッと押してください。
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
にほんブログ村

お気楽FX 相場生活入門について

当サイト記事はメルマガ連載記事を再編集しながら作成しております。FXメールマガジンは2004年より発行中です。お陰さまで発行回数2100回を超えました。登録・解除無料です。実際の運用状況を公開しながら、解説をしていく実践しやすいスタイルです。中長期で資産を増やし続けていきたい方向けです。

相場生活入門 まぐまぐページ


posted by 。mail:info@han-rei.com

FX 積立 スワップサヤ取り NYダウ MT4 キャッシュバック